体験シェアリング株式会社と株式会社CanRの合併及び社名変更に関するお知らせ

体験シェアリング株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役 山本彰洋、以下 体験シェアリング)及び株式会社CanR (本社:東京都中央区、代表取締役 川崎仁史、以下 CanR)は、2019年10月1日を効力発生日として下記の通り合併し、イマクリエイト株式会社に社名変更致します
1.合併の目的
CanRは世界初となるVR物理トレーニングシステムの開発に成功し、VRクリエイティブアワード2019 ビジネス部門の優秀賞を受賞致しました。体験シェアリングがAR/MR事業で蓄積したノウハウをCanRへ提供することで、XR領域における更なる提供価値向上が可能と考え、今回の合併に至りました。

2.合併の要旨
合併の方式:体験シェアリングを存続会社、CanRを消滅会社とする吸収合併
効力発生日:2019年10月1日

3.合併の概要

新会社

(1) 商号 イマクリエイト株式会社
(英訳名:ImaCreate Co., Ltd. )
(2) 本社所在地 東京都港区芝2-1-23 ニューカナール1002
(3) 事業内容 VR/AR/MRシステムの企画・開発・運用
VR/AR/MRのコンサルティング
セミナー、イベント運営
(4) 代表者 代表取締役 CEO 山本彰洋
代表取締役 CTO 川崎仁史
(5) 資本金 2,190万円(資本準備金含む)
(6)主要株主 経営陣、Tokyo XR startups
(7)URL https://ima-create.com


合併当事会社

(1) 商号 体験シェアリング株式会社 株式会社CanR
(2) 本社所在地 東京都中野区中野四丁目10番1号ICTCO内No.4 東京都中央区新川一丁目25番2号
(3) 代表者 代表取締役 山本彰洋 代表取締役 川崎仁史
(4) 資本金 1,100万円(資本準備金含む) 1,090万円(資本準備金含む)
(5) 主要株主 経営陣、Tokyo XR startups 経営陣、Tokyo XR startups
  
4.新社名のミッション、ビジョン
ミッション:XRでSF世界を現実に
ビジョン:世界中で利用されるXRサービスを作る

5.新会社のロゴマーク

6.代表者の経歴

氏名:山本彰洋
経歴:2011年4月:住友商事株式会社 入社
   2018年5月:体験シェアリング 創業
   2019年1月:体験シェアリング株式会社 設立
コメント:
体験シェアリングはAR/MR技術を用いて産業向けにビジネスを展開したが、開発力強化が喫緊の課題であった。CanRとはTokyo XR startupsの同期であり、同社が強みとするVR物理トレーニング技術は、弊社が目指す方向性の延長線上にあるものであった。今回の合併を以って、顧客に対し、より一層高い付加価値のサービスが提供できると考えている。

氏名:川崎仁史
経歴:2009年4月:日本電信電話株式会社 入社
   2019年3月:株式会社CanR 設立
   2019年9月:東京大学稲見・檜山研究室 協力研究員 就任
コメント:
CanRはVRシステム開発を得意としてきたが、営業が苦手でAR/MR開発の経験が無かった。営業やAR/MR開発を得意とし、研修・トレーニングという方向性を同じくする体験シェアリングと合併することで、強力なチームになると確信している。

7.メンターからのコメント

Tokyo XR startups のメンタリングにてPalmer Luckeyとの記念写真(左から川崎、Palmer、山本)

Palmer Luckey, Oculus(Facebookが約2000億円で買収)の創始者
"I was impressed with how quickly my skills improved! Transferring actual skill from simulation to real life is a dream come true."
「イマクリエイトのXRトレーニングを体験し、こんなに早くスキルアップするのかと感動した!XR空間から現実にスキルを転換できるなんて、まるで夢が実現したかのようである。」

■本件に関するお問い合わせ先
イマクリエイト株式会社 広報担当 川崎
E-mail:info@ima-create.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イマクリエイト株式会社 >
  3. 体験シェアリング株式会社と株式会社CanRの合併及び社名変更に関するお知らせ