自動配送ロボットによるラストワンマイル配送へのルート最適化技術の提供について

三菱商事・三菱地所・東京海上日動、岡山県玉野市の協力の下、自動配送ロボットの実証実験を開始

 株式会社オプティマインド(本社 愛知県名古屋市、代表取締役社長 松下 健、以下「オプティマインド」)は、岡山県玉野市の協力の下で、三菱商事株式会社(代表取締役社長 垣内 威彦、以下「三菱商事」)/三菱地所株式会社(執行役社長 吉田 淳一、以下「三菱地所」)/東京海上日動火災保険株式会社(取締役社長 広瀬 伸一、以下「東京海上日動」)が実施する、自動配送ロボットによるラストワンマイル配送の実証実験にパートナー企業として参画することになりました。

 

1.概要

 三菱商事・三菱地所・東京海上日動は、岡山県玉野市の協力の下、2020年12月4日から小型自動配送ロボットを活用した公道上でのラストワンマイル配送の実証実験を開始致しました。本件は、昨今開発が進む自動運転技術により、近い将来に中長距離幹線輸送やラストワンマイル配送においても普及が期待される無人配送に関する新たなビジネスモデルの可能性を検討するものです。今後も2021年2月以降に茨城県筑西市に於いて、更なる実証実験の実施を予定しております。
 なお、政府の「成長戦略実行計画(令和2年7月17日閣議決定)」においても、低速・小型の自動配送ロボットの社会実装に向け、「遠隔監視・操作」型の公道走行実証を可能な限り早期に実現し、その結果を踏まえ制度設計の基本方針を決定するものとされており、本実証は、こうした政府方針を踏まえて行われるものです。

2.役割
 本実証実験においてオプティマインドは、当社の開発する「Loogia」が顧客注文情報などを基に計算した配送順と走行経路を、株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長 武田 一哉)が開発する自律走行ロボット「LogieeS」に提供することで、公道を利用したロボットによる商品配送実現を支援致します。
 配送ロボットをはじめとした自動運転配送が社会実装される近未来においては、人手を介在することなく配送情報などのデータが行き交うこととなり、配車管理および配送順・走行経路を自動で計算するアルゴリズムは、より一層、必要不可欠な技術・社会インフラとなります。当社は、「Loogia」を自動運転車両やロボットに対して提供していくことを見据え、本実証実験に取り組んでおります。

 オプティマインドは未来社会においても、自動運転をはじめとしたあらゆるラストワンマイルモビリティの意思決定を担う技術を提供し続け、「世界のラストワンマイルを最適化」して参ります。


株式会社オプティマインドについて
会社名:株式会社オプティマインド(https://www.optimind.tech/
所在地:愛知県名古屋市中区栄2-11-30 セントラルビル9F
代表者:代表取締役社長 松下 健
設立:2015年6月
事業内容:ラストワンマイル配送におけるルート最適化サービス「Loogia」の提供。

Loogiaについて(https://loogia.jp/
Loogiaは、ラストワンマイル配送におけるルート最適化クラウドサービスです。配送先の時間指定などのラストワンマイルならではの40以上の現場制約を考慮や収集したGPSデータを解析することで得られた走行速度や駐車位置を加味した配送ルートの提案をします。


<本件に関する報道機関お問い合わせ先> 
株式会社オプティマインド
コーポレート部
TEL:052-211-8036
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社オプティマインド >
  3. 自動配送ロボットによるラストワンマイル配送へのルート最適化技術の提供について