株式会社グラフィニカの代表取締役にARCH代表の平澤直が就任

 この度、2020年4月1日付でアニメーション制作会社 株式会社グラフィニカ(以下「グラフィニカ」)の代表取締役に、アーチ株式会社(以下「ARCH」)代表の平澤直が就任することが決定いたしました。改めて、その責任と意義を認識し、微力ながら同社のそしてアニメーション業界のさらなる発展に貢献してまいります。なお、上記就任に伴い、現ARCH社員・プロデューサーの鈴木哲史が2020年4月1日よりARCHの代表取締役社長に就任し、平澤は代表取締役を務めます。

グラフィニカ 概要
http://www.graphinica.com/

 2009年に映像制作スタジオとして設立。コンテンツ業界で幅広い事業展開をしているメモリーテックグループの一員としてアニメーション作品を中心に、ゲーム・遊技機・実写映画・ミュージックビデオ・CM・Webなど、幅広いジャンルで様々な映像制作に対応できるスタジオとして事業を展開。
 作画・仕上げ・色彩設計・色指定・検査・デザイン・美術・撮影・編集・3DCGといった制作工程単位での受託案件で高いクオリティを発揮することはもちろん、総合デジタルスタジオとして、企画立案・開発も含めた元請け制作も行う。

【グラフィニカ 主な作品】
 ・劇場アニメ「楽園追放 -Expelled from Paradise-」アニメーション制作(2014年)
 ・TVアニメ「十二大戦」アニメーション制作(2017年)
 ・劇場アニメ「HELLO WORLD」アニメーション制作(2019年)
 ・TVアニメ「SSSS.GRIDMAN」3DCG/撮影/編集 ほか(2018年)
 ・劇場アニメ「ガールズ&パンツァー」3DCG/撮影/編集(2019年)ほか多数

鈴木哲史 略歴

 株式会社ブロッコリー、株式会社プロダクション・アイジーを経てARCHに入社。主にプロデューサー・商品企画を担当。アニメーション作品のライセンスを手がけるほか、ビデオグラムパッケージ、グッズなどのプロダクトの企画制作の経験も持つ。
 主な参加作品は「みるタイツ」「あまんちゅ!」「攻殻機動隊ARISE / 新劇場版」「進撃の巨人」「翠星のガルガンティア」「キックハート」など。

ARCHとは
https://archinc.jp

 2017年に創業したIP・アニメーション作品のプロデュース会社。アニメをはじめとした映像作品の企画開発・プロデュースや、アプリゲームのIP展開プロデュースなどが主な事業。最新テクノロジーや業界の枠を超えた企画、実装への施策を提供。
 主な実績に、劇場アニメ「プロメア」(宣伝・プロデュース協力)、WEBアニメ「みるタイツ」(プロデュース)、「呪術廻戦」領域大展開キャンペーン(企画・プロデュース)をはじめ、サウジアラビアのコンテンツ企業・マンガプロダクションズと東映アニメーションが共同製作する劇場アニメ「ジャーニー(The Journey)」のプロデュースを担当。

本件に関するお問合せ先:info@archinc.jp
アーチ株式会社 代表取締役 平澤直

 

  1. プレスリリース >
  2. アーチ株式会社 >
  3. 株式会社グラフィニカの代表取締役にARCH代表の平澤直が就任