大都市に於けるテクノロジーを活用した新世代型都市農(Urban Farming)を実現するためにレンタル菜園最大手マイファームと資本事業提携開始

<概要>
IoT+AIによるエンターテインメント&コミュニティ野菜栽培を実現するSmart Planter™『PLANTIO HOME』を開発するスタートアップ、プランティオ株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役 共同創業者 CEO:芹澤 孝悦、以下 プランティオ)は、レンタル菜園大手の株式会社マイファーム(本社:京都府京都市下京区 代表取締役 西辻 一真、以下 マイファーム)と資本事業提携を実施。
これによりIoTから得られたデータを元に形成された現在開発中の植物栽培特化型AI(特許取得済)と、都市部に於けるニューヨークやロンドンなどではすでにライフスタイルに浸透している“Urban Farming(都市農)”を組み合わせてエンパワーメントするサービスを東京・渋谷を中心に開始いたします。
<事業背景>
古来より特に日本ではアグリカルチャー(土を耕し収穫をたのしむというシンプルな本質的行為)がライフスタイルの中心にありました。高度経済成長期以降、人々が繁忙になるにつれ、気が付けばアグリカルチャーは産業化し、その本質が持つたのしさは徐々に忘れられ人々から遠い存在になってしまいました。

一方、世界に目を向けると、ニューヨークやロンドンでは都市部に於けるアグリカルチャーをたのしむ文化が根付き、ライフスタイルの一部になってきています。そこで、プランティオは従来取り組んできた家庭用IoTスマートプランター『PLANTIO HOME』の開発を行うのみならず、そのテクノロジーを応用し、誰でもどこでも気軽にアグリカルチャーに触れられる機会を創出すべく、レンタル菜園最大手の株式会社マイファームと資本事業提携、大都市部に於ける新世代型都市農(Urban Farming)サービスを展開いたします。

 

<サービス詳細>

プランティオが提案する新世代型都市農(Urban Farming)では、現在開発中の植物栽培特化型AIにより、ユーザーが野菜へ対して行うアグリアクティビティと呼ばれるお手入れ・お世話のタイミングをシステムから通知したり、収穫の時期を予想し、近隣の飲食店と連携し収穫後飲食店で野菜を活用したりと、従来の野菜栽培をITで可視化し、エンターテインメント&コミュニティ栽培として提供するあたらしいアグリカルチャーアクティビティです。

 

   MAPによる近隣の情報表示        栽培状況が可視化されたコミュニティ栽培

                ※画面は開発中のイメージです。

 

サービスの詳細は追ってプランティオコーポレートサイトwww.plantio.co.jp等にて発表いたします。

 

【プランティオ株式会社会社概要】

会社名:プランティオ株式会社

事業所所在地:東京都渋谷区神泉町11-7

設立:2015年6月16日

資本金:3432万5000円

代表者:芹澤 孝悦(せりざわ たかよし)

事業内容:みんなで野菜をたのしく育てるカルチャーを創るため、都市部に於けるコミュニティファーム『Urban Farming Spot』事業と、ご家庭でもたのしめるIoTスマートプランター『PLANTIO HOME』を開発しているスタートアップです。

URL:www.plantio.co.jp/

 

【株式会社マイファーム会社概要】

会社名:株式会社マイファーム

事業所所在地:京都府京都市下京区朱雀正会町1番1号KYOCA会館3階

設立:2007年9月26日

資本金:3億2200万円(資本準備金2億8950万円)

代表者:代表取締役 西辻 一真(にしつじ かずま)

事業内容:

・種まき事業/レンタルファーム(貸し農園)

・育てる事業/農業教育事業(新規就農者および農業経営者の育成)

・農産物流通/農産物生産(野菜苗・野菜・養鶏)

URL:myfarm.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. プランティオ株式会社 >
  3. 大都市に於けるテクノロジーを活用した新世代型都市農(Urban Farming)を実現するためにレンタル菜園最大手マイファームと資本事業提携開始