東日本エリアを代表するお土産にふくしまみらいチャレンジプロジェクト商品が選出「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ2019」

ふくしまみらいチャレンジプロジェクトから雑貨部門で「福のまめ皿」が金賞、食品部門で「浜鶏ラーメン」が銀賞受賞

福島県の事業者マッチングを支援する「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」は、東日本エリアを代表するお土産を決定する「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ2019」にて、当プロジェクト関連商品である「福のまめ皿」が雑貨部門で金賞、「浜鶏ラーメン」が食品部門で、銀賞を受賞したことをお知らせします。
「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ2019」では、東日本エリアより過去最多となる197品がエントリーし、Web サイトからの投票で東日本を代表するお土産が決まりました。

▼「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」から「福のまめ皿」が金賞、「浜鶏ラーメン」が銀賞受賞

 

福のまめ皿福のまめ皿

 

浜鶏ラーメン浜鶏ラーメン

雑貨部門で金賞を受賞した「福のまめ皿」は、福島県浪江町に根ざす伝統工芸品、大堀相馬焼の5つの窯元(春山窯/いかりや商店/半谷窯/近徳 京月窯/松永窯)が、浜通りの12市町村にあるモノやコトをデザインし、それぞれ手に取りやすいサイズの豆皿に仕上げたお土産品です。絵柄は地元の人たちと一緒に考えた、その土地ならではのデザインをお楽しみいただけます。

食品部門で銀賞を受賞した「浜鶏ラーメン」は、福島県の美しい海岸線が続く浜通りで創業70年以上を誇る福島の老舗で「浜通りを代表する名産品に育てたい」という店主の強い思いから生まれたラーメンです。研究を重ねて生み出された鶏と魚介のダブルスープが特徴で、濃厚な白湯系のスープと、さっぱりとした鶏ガラ系スープの両方の良さを取り込んだその味は、あっさりとしていて、コクもあり、思わず三度楽しむことができると長年愛され続けています。

▼「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ2019」について
■ 開催期間 2019年6月10日(月)~6月30日(日)
■ 主催 東日本旅客鉄道株式会社
■ エントリー商品 計197品
■ 各賞 計21賞
・総合グランプリ(1商品)
・総合準グランプリ(1商品)
・「食品部門」「雑貨部門」「地酒部門」各金賞・銀賞・新人賞(9商品)
・旅先の思い出として贈りたいおみやげ賞(5商品)

<受賞商品>
■福のまめ皿
福島県12市町村にあるモノやコトをデザインし、大堀相馬焼の5つの窯元たちが手に取りやすいサイズの豆皿を作りました。地元の人たちと一緒にその土地ならではのデザインを考案。
有名なものから、地元の人しか知らないものまで様々です。

【商品名】福のまめ皿
【販売価格】5枚セット 5,400円(税込)
【社名】株式会社GNS
【主な販売店】富岡駅「さくらステーションKINONE」

■浜鶏ラーメン
福島県浜通りの新名物が誕生!濃厚な白湯系とさっぱり鶏がらスープをいいとこ取りし、あっさりしていてコクたっぷり、絶品と評判!お店と同じプロの味を家庭でも気軽に楽しめます。
賞味期限も長くお土産にも最適。

【商品名】浜鶏(はまど~り)ラーメン
【販売価格】1食入り 390円(税込)
【社名】株式会社 鳥藤本店
【主な販売店】富岡駅「さくらステーションKINONE」

▼ふくしまみらいチャレンジプロジェクトとは
経済産業省の委託事業「平成30年度地域経済産業活性化対策委託費(6次産業化等へ向けた事業者間マッチング等支援事業)」の取り組みとして2016年6月に発足した「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」は、避難指示などの対象となった福島県被災12市町村(田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村および飯舘村)の事業者を対象に、福島相双復興官民合同チームと連携して、自社商品の改良・開発、テスト販売や商談などの販路開拓機会の提供、流通対策や商談力向上のセミナーなど様々な支援を行っています。
※本プロジェクトの運営は、株式会社ジェイアール東日本企画が、受託し行っています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ふくしまみらいチャレンジプロジェクト事務局 >
  3. 東日本エリアを代表するお土産にふくしまみらいチャレンジプロジェクト商品が選出「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ2019」