イラストコミッションサービス「Skeb」を運営する株式会社スケブ、株式会社実業之日本社による買収のお知らせ

創業124年の老舗出版社とネットクリエイター向けプラットフォームの緊密な協力体制によって、新たなクリエイター支援事業を推進します。

イラストコミッションサービス「Skeb」(スケブ)を運営する株式会社スケブ(本社: 東京都千代田区、代表取締役: 喜田 一成)は、株式会社実業之日本社(本社: 東京都港区、代表取締役: 岩野 裕一)が2021年2月12日付で株式を取得し、同社の子会社となりましたことをお知らせします。

株式会社スケブ(本社: 東京都千代田区、代表取締役: 喜田 一成)は、株式会社実業之日本社(本社: 東京都港区、代表取締役: 岩野 裕一)が2021年2月12日付で過半数の株式を取得したことから、同日より株式会社実業之日本社の子会社となりました。

株式会社スケブは、国内外から日本のクリエイターに対してイラストや音声データを有償でリクエストすることができるコミッションサービス「Skeb」(スケブ、URL: https://skeb.jp)を運営しています。100以上の言語に対応した自動翻訳機能と越境決済機能によって、案件の約20%が海外からの利用となっています。

業界最安値の手数料と最短即日入金の報酬サイクルが特徴で、昨今の情勢の変化により、新たな収入源を求めるクリエイターの登録が急増し、総ユーザー登録者数100万人超、クリエイター登録者数約5万人、月間取引高約2億円と2021年2月現在、国内最大級のコミッションサービスとなっています。

株式会社実業之日本社は、経済雑誌「実業之日本」を創刊した1897年を創業年とし、ビジネス、文芸、趣味実用、旅行ガイド、漫画、教育図書と幅広い刊行物を手がける歴史ある出版社です。

ブロックチェーン技術を基にした「出版コンテンツの総合的な権利処理基盤の構築」(経産省助成)の実証実験を行うなど、積極的な先端技術の採用を進めています。

株式会社スケブは、創業より代表取締役1名のみでSkebの企画・開発・運営を行っていましたが、1名でのサービス維持が困難となる利用者増が継続しているため、このたび、株式会社実業之日本社による強力な支援を受けて、Skeb事業の拡大と新たなクリエイター支援事業を推進します。


株式会社スケブと株式会社実業之日本社は、プラットフォームとコンテンツホルダーという異なる業種でありながら、ともにクリエイターに対する支援のあり方について共通認識を有し、積極的に先端技術を採用する姿勢が一致しています。

双方にとってメリットをもたらす事業上のシナジーの創出が期待できるため、今回の買収が成立しました。


【株式会社スケブ 概要】
会社名: 株式会社スケブ
設立: 2017年8月1日
資本金: 550万円
代表者: 代表取締役社長 喜田 一成
所在地: 〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3番 富士ソフト秋葉原ビル12F

【株式会社実業之日本社 概要】
会社名: 株式会社実業之日本社
設立: 1897年6月10日
資本金: 3,300万円
代表者: 代表取締役社長 岩野 裕一
所在地: 〒107-0062 東京都港区南青山五丁目11番9号 レキシントン青山4F

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スケブ >
  3. イラストコミッションサービス「Skeb」を運営する株式会社スケブ、株式会社実業之日本社による買収のお知らせ