セネガル現地法人「ツミキジャポン」設立のお知らせ

セネガルを拠点に西アフリカへ電気と通信を届ける

平成30年4月13日付けに設立した国際ICT事業、国際ビジネスコンサルティング、途上国ビジネスの事業推進ならびにこれに附帯する一切の業務に関するサービスを行う日本法人 「株式会社シュークルキューブ ジャポン」(本社:東京都千代田区二番町1-2 代表取締役社長:佐藤弘一(さとう こういち)https://www.sucrecube.co.jp)(英表記:SUCRECUBE Japon Inc.  以下、「当社」という)は現在進めている西アフリカの未電化村落に通信と電気を届けるオフグリッド事業「TUMIQUI Projectツミキプロジェクト」の事業拡大のため、セネガルの経済特区サンジャラ市に100%出資現地法人「TUMIQUI Japon SASU」を設立しましたので、お知らせいたします。


1.新会社設立の目的

当社は、2018年4月より途上国における社会課題解決型事業として西アフリカの未電化村落へ電気と通信を届ける国際事業「「TUMIQUI(ツミキ)Project」( www.sucrecube.co.jp/tumiqui )を推進して参りました。現在はセネガル保健省の協力の元、現地診療所9カ所へTUMIQUIソリューションと呼ばれる携帯型太陽光発電と通信機器を組み合わせたキット「TUMIQUI Smart UHC KIT(ツミキ スマートUHCキット)」の導入が行われ試験運用を開始しています。また、2019年12月にはセネガル共和国サンジャラ市内の経済特区における教育施設及び保健施設にTUMIQUIソリューションを導入し、マルチセクタースマートシティ開発の協力プロジェクトに参画するためのMOU締結を完了しました。


セネガル共和国の現地法人設立は、本事業の理念とも言える「現地生産、現地雇用を増やし国力向上に繋げる」を達成する手段のひとつです。また、法人をMOU締結を行なったサンジャラ市内の経済特区に設立することにより、法人税率は30%→15%へ、関税優遇、保税陸港の活発な利用が可能になるなど、中小企業が海外ビジネスを行う上でのリスクを最小限に減らし、行政との連携によりスピーディにかつ収益性の高い事業展開が可能となりました。

今後は、経済特区の利点を活かし現地組立工場「アトリエTUQMIUI」を経済特区内に設立予定。機材の製造・保守・修理などをメインとする工場を持つことにより、セネガルのみならず西アフリカ全体を視野に入れた事業展開のためのプラットフォームとして、役割を担っていくことを目的としています。

 

 

 


2.新設会社の概要

(1)名称 
TUMIQUI Japon SASU (日本語表記:ツミキ ジャポン)

(2)本店所在地 
Zone Industrielle SANDIARA, Mbour (Thiès, Sénégal).         

(4)代表者の役職・氏名  
社長 佐藤弘一

(5)事業内容 
TUMIQUIスマート本体の輸入、機材の設置・保守・修理、などをメインにTUMIQUIユニットを販売する。
また、現地事業に関するコーディネーション、調査、通訳翻訳、通信業などを含む。

(6)資本金の額 
1,000,000 CFA (現地通貨)
(株式会社シュークルキューブ ジャポン 100%子会社)

(7)設立年月日 
2020年1月9日

(8)事業年度の末日 
12月末日

(10)関連会社
株式会社シュークルキューブ ジャポン(2018年4月13日創業)

〒123-0085
東京都千代田区二番町1-2-624
https://www.sucrecube.co.jp


【お知らせ】
3月半ばを目処に、法人設立のお披露目を兼ねてセネガル投資セミナーを行いたいと思います。
詳細は追ってPR TIMESにて公表させていただきます。

3.本件に関する問い合わせ先
株式会社シュークルキューブジャポン
広報担当 佐藤美帆
contact@sucrecube.co.jp







 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 シュークルキューブ ジャポン >
  3. セネガル現地法人「ツミキジャポン」設立のお知らせ