【調査レポート:定点調査】コロナ禍、リゾートエリアでは2地域居住/移住希望者が増えているのか?vol.3 ~  今フェイズは横ばい微減、外出自粛か 冬期影響か? 

コロナ禍における、リモートワーカーの2拠点/移住動向@八ヶ岳南麓

山梨県北杜市で不動産とマーケティング事業を行う株式会社デュアルライフでは、コロナ禍に伴うテレワーク/リモートワーク継続の潮流を受け、二地域居住や移住を求める層の行動を自社のHP閲覧数や実際の物件見学者数の状況を元に調査を行いました。
当レポートは 2020/7/20 に発表いたしました第3弾として、定点調査の形でまとめております。
第1弾: https://dual-life.co.jp/news/372/
第2弾: https://dual-life.co.jp/news/410/
◆調査媒体:
1)自社コーポレートサイト:https://dual-life.co.jp
2)自社不動産物件紹介サイト:https://estate.dual-life.co.jp
3)自社来訪者データ

◆調査期間:2020/10/1〜 2020/12/31 のデータ

◆測定方法と手法:

1)企業サイト
主な閲覧属性:二地域居住や移住に関する情報収集層/当社の活動にご関心をいただいている層
→「二地域居住/移住」に関する関心層の広がりやトレンド兆候 を主に測定

2)物件サイト
主な閲覧属性:実際に物件を探している「行動層」を主に測定

3)来店者アンケート
対面でのヒアリングを元に、顧客のインサイトを測定

◆期間の定義:

◯フェズ1:2019/10/1〜2019/12/31 (コロナ前) と呼びます
→主な出来事:12/31頃より新型コロナ報道始まる

◯フェズ2:2020/1/1〜2020/3/31(コロナ) と呼びます
→主な出来事1/末〜:WH記事増、クルーズ船報道増、マスク不足報道増、3/上〜リモートワーク報道

◯フェズ3:2020/4/1〜2020/6/30〜自粛解除後 と呼びます
→4/7 緊急事態宣言 発出、4/25 ステイホーム発出、5/25 緊急事態宣言 解除、6/22 他府県移動自粛解除

◯フェイズ4:2020/7/1〜2020/9/30(ニューノーマル創世期)と呼びます
→7/22 GoToトラベル 開始(東京除外)/8/28 安倍首相 辞任表明 / 9/16 菅内閣発足

フェイズ5:2020/10/1〜2020/12/31(第3波の気配)←今回ココ
→10/1 GoToトラベル 東京追加、11/23 欧州などで再ロックダウン 12/28 GoTo 全国停止

-------------------------------------------------------

調査結果サマリー】

①企業サイトの閲覧状況
1)総ページビュー:コロナ前比511%、前フェイズ比103%。アクセス数は微増
2)閲覧者の居住地:前フェイズと順位は変わらず。一都3県シェア 65%

 



・フェイズ5(今回):1位 東京23区/2位神奈川県/3位 山梨県内
・フェイズ4:1位 東京23区/2位神奈川県/3位 山梨県内
・フェイズ1→5伸⻑率:1位 長野県/2位 千葉県/3位 都下

3)閲覧者の年齢層:
安定の35-44歳 層に加え、45-54歳層 がシェアを回復

フェイズ5(今回)1位35-44才、2位25-34才 3位45-54才
・フェイズ4:1位35-44才、2位25-34才 3位45-54才

②不動産物件サイトの閲覧状況
1)PVは前フェイズ比 96% 微減に 
2)反響数(オンライン問合せ数) もPV減少に伴いやや減(90%)

来場者数の傾向:
1)前フェイズ比 100%で横ばい

-​------------------------------------------------------

【個別詳細】


企業サイト来訪者状況 (http://dual-life.co.jp)

企業サイトの総閲覧数は前フェイズ比 103%にて微増。居住エリア分布を見てみると、ほぼ前フェイズと変わらず1都3県シェアが65%と関東勢が多く、次に隣県の長野県在住者がポイントを上げた。中部/関⻄エリアの閲覧数も前回どおり増加傾向にあり、関心層の半径が広がったことが見てとれる。
一方年齢別では前フェイズ同様1位25-34歳、2位35-44歳、3位45-54歳で、順位変動なし。まさにリアルな「リモートワーク」世代が関心を持っているのではと考察できる。



◆企業サイト来訪者の居住地と年代(フェイズ1〜現在(フェイズ5)まで)



不動産物件サイト来訪者状況 (http://estate.dual-life.co.jp)

不動産物件サイトの閲覧数は前フェイズ比 96%と微減となった。物件別でみると北杜市の中古別荘物件がまんべんなく閲覧、価格帯は 1,000-2,000 万円ゾーンの閲覧数が多かった。

③反響数について

こちらも不動産物件サイトに比例して微減 (90%)となった。反響顧客の性別比も前回同様 50:50 、要望内容も男性はスペック重視、女性は感性重視という指向性に対し変動はなかった。


 

 


④店舗来訪者の状況

1)定量評価

来場総数は前フェイズ比100%と横ばい。また1都3県のシェアは63%で、前フェイズ44%に比べ19ポイント上昇、実際に「行動」を起こす層は、近県在住者が過半数を占めた。
 



◆ご来店顧客の増減比(前フェイズ比)
 

 

 


2)定性評価: 顧客の属性、マインド

来場者の年齢層は、30-50代が中心でご夫婦、ご家族で来訪される方が中心。一方、シングルユースの相談も徐々にではあるが増えてきた。ご利用人数により、建物サイズのご要望が異なり、より物件に関し多様性が求められてきた。

⑤契約件数について

前フェイズに比べ来場者数減ながら契約件数は114%と微増。より「行動力の高い」層が増えた。
 



-------------------------------------------

<まとめ>

当フェイズ(2020/10-12)は、3ヶ月間でGoTo開始〜停止という経済活性化装置のON/OFFが繰り返されるジェットコースターのような時期であった。リゾートエリアの当地においても、人の流れのON/OFFを都会以上に目の当たりにすることができ、政策の影響度の大きさを体感することができた。当社もこの影響を受け、10〜11月は来場者、およびサイト閲覧数も上昇したが、12月に入ってからは数字は落ち着き、結果3ヶ月という単位では前フェイズ比ほぼ横ばいという数字で着地した。
ただ12月に数字が落ち着くこと自体は、前年も同様の結果が出ており、高原エリア(寒冷地)のリゾートは冬の来訪者が減少することを承知のため12月の落ち込みが新型ウィルスの影響なのかは数字だけでは判断し難い。

しかしながら接客を通じて感じるのは、確実に「ニューノーマル」が始まっており、お客様のモノゴトの価値観が大きく変わっているということ。現在動いている層は「イノベーター〜アーリーアダプター」層と認識するが、別荘を求める目的として従来層に多かった「プライベートの充実」という視点から、現在居住している「家」と、セカンドプレイスたる「八ヶ岳拠点」の両立をどのようにマネジメントし、移動する「日常」という観点で、プライベートの充実だけでなく「仕事をする場所」としての要件も強く求めているということ。例えば、オンライン会議に必要なネットワークや設備環境に対するこだわりは当然として、「会議と会議の合間、ウッドテラスに出て目前の山々をみてコーヒーを飲みながらリセットできること」など、よりリアルなイメージを持っている。なので、我々不動産会社も、このようなお客様の「ニューノーマル」を十分に理解した上で、「ニューノーマル対応」に切磋琢磨しなければならないと痛感する毎日である。

なお、レポートは前回同様、あくまでも当社調べのデータであり、他社や他リゾートエリアが同じ状況下になっているかは不明であることをご了承いただきたい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


■会社概要


法人名:株式会社デュアルライフ

役員:代表取締役  黒田 大(くろだ まさる)
   取締役  小林寛和(こばやし ひろかず)  宅地建物取引士 
事業所所在地:山梨県北杜市大泉町西井出8240-680
設立日:2019年7月1日
資本金:9,000千円
事業内容:二地域居住/移住コンサルティング およびマーケテイング事業
・不動産売買・仲介
・建築/リノベーション プロデュース
・建物管理サポート
・生活サポート
・地域コンテンツマッチング事業
・二地域居住/移住に関する法人向けマーケティングサポート
URL:http://www.dual-life.co.jp

 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社デュアルライフ >
  3. 【調査レポート:定点調査】コロナ禍、リゾートエリアでは2地域居住/移住希望者が増えているのか?vol.3 ~  今フェイズは横ばい微減、外出自粛か 冬期影響か?