ネクストステージ、住宅会社向けData&Analytics事業に本格参入

-SaaS型のヒンシツアナリティクスクラウド「QualiZ」を2022年2月よりリリース-

建築技術総合コンサルティングを手掛ける株式会社 NEXT STAGE(本社:大阪市阿倍野区、代表取締役社長:小村直克、以下当社)は、戸建住宅の施工及び販売を行う住宅会社向けに「つくるを売る」をコンセプトとしたヒンシツアナリティクスサービスを開始し、2022年2月に「ヒンシツの可視化を価値に変える」プロ向けSaaS型クラウド「QualiZ(クオリツ)」をリリースし、本格的な建設テックへの参入をいたします。

 

Data&Analyticsが住宅業界のあらゆる価値を変革させる

住宅建築業界では、住宅を設計する段階において住宅の性能や品質を評価する仕組みは形式上ありますが、製造工程においてその想定しているスペック通りの性能や品質が担保できているかを評価する仕組みはありません。現実、一昨年の民法改正以降にも関わらず、法令で決められたことや長期優良住宅、省令準耐火といった仕様の適合状況、更に耐久性や、耐震性に関わる施工不備などによるリスクとなる事象は、当社の年間約5,000棟におよぶ施工現場の調査においても、まだまだ減少傾向にはありません。

そして、このような業界課題を解決するDX化についても未だIT化にとどまり、本来のトランスフォーメーションという根本的な住宅産業そのものの構造改革には至っていないのが現実です。

そこで、当社は15年間で約200,000工程の第三者ヒンシツ監査サービス実績において蓄積したテクニカルビッグデータを駆使し、実際の建築現場での設計工程、製造工程、維持管理工程の各シーンの体系化から、評価、分析、改善という製造プロセスにおけるPDCAを一貫するクラウド化で、製造に関わるあらゆるスコアリングから本質的な課題解決と新しい価値を生み出していきます。

●エッセンシャルなビルダーズベネフィットの最大化がねらい
業界に広がる施工管理アプリの普及に伴い、付帯業務の効率化が主体業務と混同して作業化することによって、技能者としてのキャリアアップや本質的な生産性を阻害する大きな弊害をもたらすようになってきました。当社は、住宅ビジネスの共通項である「製造プロセス」において、一番の格差を有するべく、住宅価値に対して「つくるを売る」ことができる優良な地域事業者を増大させていくことを目的としています。そのためには、製造視点からしっかりと適切な評価によって根本原因となる課題を的確に抽出し、主体業務を効果的に改善していくことで、ムリ(採算工程精度)・ムダ(設計図書精度)・ムラ(品質管理精度)を正常化させ、本質的な現場生産性向上とオーナーの生涯顧客化、また貴重な現場技能者の地位向上を目指し、住宅事業者の課題解決と健全な利益に直結させていく本質的ベネフィットの最大化がねらいです。

●「ヒンシツの可視化を価値に変える」をコンセプトとする「QualiZ(クオリツ)」の概要と特徴
2022年2月にリリースするSaaS型ヒンシツアナリティクスクラウド「QualiZ」は、多岐に渡る建築工法や設計仕様における施工現場の改善において、これまで非常に難易度が高く、かつて誰も踏み入れたことのない本質的な施工管理改善の領域を効果的に実現させるヒンシツアナリティクスクラウドです。
住宅の設計・製造・維持管理といった一連の製造プロセスの体系化から、当社のテクニカルビッグデータによって各社が簡単にカスタマイズでき、自社が目指すべき品質基準に対し人的依存させない同じモノサシを設定できます。そして関係者全てがシェアし、学びながら適切な評価が行え、蓄積される評価結果の可視化から社内のナレッジ化をより一層促進させます。
また評価分析結果をシンプルなスコアリングに置き換えることで、あらゆるセグメントにおいてスコア分析から具体的な対処方法、そして回避メソッドに導き、事象傾向を分析することによって各社の改善計画書からコンサルティング、人材育成を一貫させる本格的プロ向け仕様となっています。

これらのPDCAサイクルに沿ったナレッジマネジメントを「QualiZ(クオリツ)」という1つのプラットフォーム上で高速回転することで「つくるを売る」ワンランク上の住宅ビジネスを具現化することができます。


【QualiZの魅力的な機能】

①ヒンシツ基準
・設計工程・施工工程・維持管理工程における評価項目体系化の構築機能
・工事管理32工程の管理項目の体系化構築
・各社工法・設計スペックに準じた目指すべき品質基準の作成機能
・住宅バージョン(仕様)の設定機能。
・新標準施工手引書の出力機能 など

②施工ヒンシツ(評価)

・スマホを中心とした施工指針の特定ポジショニングにおけるシェア機能
 (全社、現場担当者、設計担当者、品質管理担当者、点検担当者、協力業者(職人)、検査会社等)
・学びながら管理できるナビゲートサポート機能
 (基準CAD図、事例データ、評価ポイント動画、ディティール集、設計図書、標準施工手引書等)
・ヒンシツ評価撮影ナビゲート機能
・第三者へ検査依頼ができるオペレーション予約機能 など
 

③ヒンシツ評価分析

・200パターンを超えるセグメント別スコアリング機能
・主体業務における担当者別タスク管理機能
・不備箇所に対する対処方法アドバイス機能
・他部署、協力業者への技術的申し送り機能
・オーナーへの中間出来高報告書機能
・工事監理報告書自動作成機能 など


④ヒンシツ改善計画

・分析結果による回避手法メソッドの機能
・各セグメントにおける偏差値表示機能
・改善コンサルティングにおいて人材育成に有益な改善計画書の生成 など


■会社概要
商号:株式会社 NEXT STAGE
代表者:小村 直克
所在地:〒545-6033 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目1番43号 あべのハルカス33F
設立:2006年8月
ホームページ:https://nextstage-group.com/

■本サービスに関するお問い合わせ
株式会社 NEXT STAGE
窓口:マーケティンググループ 
TEL:0120-705-090
E-mail:info@nextstage-group.com

プレスリリースに掲載されている、サービス内容、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。予めご承知おき下さい。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社NEXT STAGE >
  3. ネクストステージ、住宅会社向けData&Analytics事業に本格参入