【特許取得】デジタルカードに自著のサインなどの編集をオンラインで簡単に施すことができるブロックチェーンシステムの特許を取得(SingulaNet代表取締役:町 浩二 )

SingulaNet株式会社 代表取締役 町 浩二は この度、「デジタルコンテンツの発行・販売と顧客の要望に応じてサイン等の再編集を可能にするシステムに関する特許」(特許第6635393号)を取得したことをお知らせします。
  • デジタルカードの発行・販売と顧客の要望に応じてサイン等の再編集を可能にするシステム
デジタルカードの発行者は、発行者名や発行数量などの情報の登録をブロックチェーンで安全に行い、デジタルカードの販売後に、購入者の要望を受けて、購入者が保有するデジタルカードに自著のサインなどの編集をオンラインで簡単に施すことができるサービスを開発しました。

■特許の概要
・特許番号 :特許第6635393号
・発明の名称 :電子カード管理システム、電子カード管理プログラム及び電子カード管理方法


■機能・効果

デジタルコンテンツのクリエイターが当システムを利用することで、デジタルカードの販売後にユーザーのリクエストに応じて自著のサイン等の再編集をオンラインで簡単に施すことができるようになります。
この仕組みにより、デジタルコンテンツに「世界でひとつだけのもの」としての付加価値を加えることができるようになります。これらのデジタルコンテンツのデータが改ざんの出来ないブロックチェーンに保存されることで、"一点もの"としての価値が保証されます。

SingulaNetは、当発明を開発中の次世代メディアサービスに組み込むことで、ユーザーに新たな価値を提案いたします。

<当プレスリリースに関する問合せ先>
info@singulanet.com

■SingulaNet(シンギュラネット)株式会社について
企業名       :SingulaNet株式会社
設立          :2019年6月
本社所在地 :東京都港区
代表取締役 :代表取締役CEO 町 浩二
事業内容    :企業向けブロックチェーン事業開発
URL          :https://singulanet.net/company
  1. プレスリリース >
  2. SingulaNet株式会社 >
  3. 【特許取得】デジタルカードに自著のサインなどの編集をオンラインで簡単に施すことができるブロックチェーンシステムの特許を取得(SingulaNet代表取締役:町 浩二 )