あしなが育英会の奨学生と学生寮職員へコミュニケーション能力向上研修をプロボノ提供

―個々人の”違い“を知る―

組織・人材開発研修やコンサルティングを提供するインパクトジャパン株式会社(本社:東京都中央区築地7-2-1、代表取締役社長:戒能 祥哲、以下 当社)は、2021年8月20日(金)、21日(土)に、一般財団法人あしなが育英会様の運営する学生寮(心塾)でリーダーを務める奨学生10名と心塾の職員12名に対し、リーダーシップ・エコシステム®のプロボノとして、Insights®Discoveryというアセスメントツールを使ったコミュニケーション能力向上ワークショップをオンラインで提供しました。

 

■実施の背景

今回の参加者である奨学生は執行部員やユニット長として寮の運営や寮生のサポート、学業に励んでいます。しかし、コロナ感染症拡大およびその対策により、心塾でのイベント開催が中止になる等、彼らの生活にも大きな影響が出ています。

 

今回のプロボノ研修は、彼らのコミュニケーション能力向上を通じて「他者へ働きかける力」を伸ばすことがねらいです。ユニット長としてのリーダーシップを高めることで、難しい環境下においても心塾としての一体感を高めることにつなげていきます。更には社会に出てからより重要となるコミュニケーション能力を高めるための考え方を学生のうちから提供し、自らの可能性を切り拓いていく一助となることを目的として実施しました。

また、今年度は彼らの所属する心塾の職員の皆様へも同じツールを使用してプログラムを提供。共通言語を得ていただくことで、学生指導や職員同士での関わり合い、組織においての課題への理解を深め、今後の関係性構築や課題解決に生かしていってもらいたいという念(おも)いで企画しました。
(あしなが育英会様HP: https://www.ashinaga.org/ )


■当日の様子と参加後の感想
今回の参加者は、冒頭緊張した面持ちでした。コミュニケーションが苦手と感じている参加者が7割を占めていたからです。しかし、体感的に取り組めるワークや双方向の対話を促進するZoom機能を多頻度かつ多様な形で組み込んだプロセスによって、徐々に笑顔が増え、仲間との対話と内省を楽しむ様子が見られました。最初は長く感じられた5時間もあっという間に過ぎたとのコメントも。多様性(自分自身と他者との違い)を踏まえて、人を巻き込んでいくためのヒントを持ち帰ってくれました。

また、職員の皆さんも、終始和気あいあいとした雰囲気で互いの意見を交わしながら積極的に取り組んでいる様子が印象的でした。学生とのコミュニケーションにおいての共通言語を得てもらえたのはもちろんのこと、職員として心塾をよりよい場とするための課題は何かについても、Discoveryのカラーボキャブラリーを用いて議論することで、言語化が促進され、共有度合いが高まったようでした。

 

参加後のコメント(奨学生の皆さん)

・意見が違っても「間違い」は何一つない。違いがあるだけでその違いを理解することが大切だとわかった。
・それぞれに違った役割があり、違うことで足りない部分を支え合えるのだと分かった。
いいリーダーになるために何を補っていけばいいのかわかった。
・自分では気づけない長所・短所がわかって勉強になった。
・自分についての気づきや仲間たちの考え方の理解ができてよかった。知ったうえで関わり方も工夫していこうと思う。

 

参加後のコメント(心塾職員の皆さん)
・自分たちのチームに欠けている部分がはっきりとわかった分、ゴールや指標設定をしっかり行って、学生のために互いに高めあいながら働いていきたい。
・お互いのコミュニケーションスタイルや仕事の進め方に気づけたため、今後仕事を振る時や会議などでどの様に声をかけるか意識したいと思う。
・チームとして不足している視点がわかったので、そこを互いに補うような視点を持つという共通認識が取れた。
・これまで意識はしていたが感覚的だった、共通の課題を言語化できたことがよかったように思う。
・さまざまな学生と向き合う仕事なので、今後学生の個性をより理解し、違った個性を持った学生たちがチームで何かを成し遂げる際にはアドバイスができると思う。


■「コミュニケーション能力向上ワークショップ」開催概要
【開催日時】2021年8月20日(金)10時~16時、21日(土)12時~17時
【開催場所】Zoomミーティングにて
【対象者】あしなが育英会様が運営する奨学生向けの学生寮・心塾のリーダー学生10名、心塾(東京・神戸)の職員12名
【コンテンツ】Insights® Discoveryは、ユングのタイプ論をベースに、人間の認知傾向を4つのカラーエナジーとして分かりやすく表しているツール。これをベースとして、自分と他者の認知特性の違いを理解し、リーダーとしてのコミュニケーション能力向上を目指すワークショップ
【ツール詳細】
https://www.impactinternational.com/japan/solution-support-tools/insightsr-discovery


■これまでのプロボノ・寄付実績と今後の予定
「イマ」のリーダーシップ開発投資を「ミライ」の若者へと還流させる、リーダーシップ・エコシステム®。この物心両面からの支援の一環として、プロボノ活動と当社研修事業の売上総利益の1%を寄付いたします。これまでに、今回を含め三度のプロボノ提供と二度の寄付を行ってきました。(うち一回は、認定NPO法人カタリバ様と認定NPO法人多文化共生センター東京様へも寄付。)
今後のプロボノ研修実施についても、感染症の拡大状況を見ながら、各団体様の活動実施状況に応じて、対面やオンラインなどの適切な提供方法を検討していきます。

■リーダーシップ・エコシステム®とは
今回のプロボノは、当社の社会課題への取り組みであるリーダーシップ・エコシステム®の一環であり、「SDGs4:質の高い教育をみんなに」と「SDGs10:人や国の不平等をなくそう」の実現を目指すものです。
当社が2020年度より開始したリーダーシップ・エコシステムは、労働力人口の減少が喫緊の課題である日本において、クライアント企業が「自社」の「従業員」に「イマ」行っているリーダーシップ開発投資を、「日本社会」の「若者」の「ミライ」を拓くためのリーダーシップ開発へと還流させ、彼らが将来的に日本のマーケットを活性化していくことを目指しています。


■インパクトジャパン株式会社について
1980年イギリス発祥。Google、SONY、J&Jなど約400社のグローバル企業に加え、多種多様な国内企業に対して、リーダーシップ開発やチーム開発の研修事業・組織のチェンジマネジメントのコンサルティング事業を提供。知識的理解に留まらない、「感覚的理解」を促進する独自の体験学習メソッドが特長。「働く価値のある組織の構築を支援する」ことをミッションとして掲げている。2020年度から、クライアント先への企業研修提供が、未来の若者のリーダーシップ開発へ自動的に還流される取り組み『リーダーシップ・エコシステム®』を始動している。詳細は会社ウェブページよりhttps://www.impactinternational.com/japan/action-sdgs/leadership-eco-system

【この件に関するお問い合わせ先】
インパクトジャパン株式会社 Creative + Marketing Department
URL:https://www.impactinternational.com/japan
担当者名:丸山・水野
Email:info@impact-japan.com

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. インパクトジャパン株式会社 >
  3. あしなが育英会の奨学生と学生寮職員へコミュニケーション能力向上研修をプロボノ提供