新型コロナウイルスの流行で、変わる新卒採用。2020年3月、オンライン面接の実施件数は、昨年の100倍超に。

~ヒューマネージ、大手企業における「オンライン面接」の実施状況を発表~

人的資本経営(Human Capital Management)の哲学に基づく人材サービス事業を展開する株式会社ヒューマネージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齋藤 亮三、以下ヒューマネージ)は、2021年3月卒予定の大学生、大学院生を対象とした新卒採用における「オンライン面接」(インターネットを介して行う面接)の実施状況を発表した。

 


オンライン面接が普及しづらかった
「大手企業」の「新卒採用」においても、面接のオンライン化が急速に進む。

ヒューマネージが提供する、採用管理システム一体型のオンライン面接ツール『i-web LIVE』は、導入シェア第1位*の採用管理システム『i-web』にオンライン面接の機能を搭載したものであり、主に大手企業を中心に利用されている。ヒューマネージでは、この『i-web LIVE』を利用している企業の面接実施状況を調査したところ、2020年3月~5月のオンライン面接の実施状況は、昨年同時期に比べ、実施件数は約60倍に上ったことがわかった。

オンライン面接の実施(昨年同期比);
 



企業の採用活動に特化したオンライン面接ツールは、いわゆる“コロナ前”から存在していたが、これまでは主に中小企業のキャリア採用に利用されていた。大手企業にとってオンライン面接は「セキュリティの懸念」や「新しいツールを導入することの抵抗感」があることから導入がほとんど進んでおらず、リアルな対面形式が物理的に難しい場合の代替手段(例:遠方に住んでいる学生、留学生)にしか過ぎなかった。

しかしながら、新型コロナウイルスが世界的に流行し、日本においても2月半ば頃より状況が深刻化したことをうけ、大手企業においても、対面形式の面接からオンライン面接への切り替えが一気に進むこととなった。

さる5月25日、全国で緊急事態宣言が解除されたものの、いまだ接触機会の低減が求められるなど、新型コロナウイルス流行の収束には一定の時間がかかると見込まれる。そのようななか、オンライン面接は、選考の場面だけではなく、インターンシップや社員訪問、内定者フォローなど、形をかえてさまざまなシーンで活用されていくと考えられる。

オンライン面接が急拡大した背景には
オンライン面接が簡単に実施できる“採用管理システム”の存在。

ヒューマネージが提供する『i-web LIVE』は、大手企業を中心に導入シェア第1位*の採用管理システム『i-web』にオンライン面接機能を搭載したツールであり、ここ最近、在宅勤務時のオンライン会議に急速に普及しているツール(ZoomやMicrosoft Teams等)と異なり、応募者である学生に事前にメール等でURLを連絡する必要がない。応募者である学生は、いつも使っている採用マイページからボタン一つで簡単にオンライン面接に参加することができ、面接官も、同様に、いつも使っているシステムの管理画面からボタン一つでオンライン面接をはじめることができる。

また、『i-web LIVE』は、ITサービスマネジメントシステムの国際規格「ISO20000」、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格「ISO27001」、品質マネジメントシステムの国際規格「ISO9001」に準拠した高いセキュリティとパフォーマンスを誇り、安心・安全な環境でオンライン面接をおこなえる。

『i-web LIVE』は、大手企業にとってオンライン面接実施の障壁となっていた2点――「セキュリティの懸念」「新しいツールを導入することの抵抗感」――をクリアできたことで、大手企業におけるオンライン面接の急拡大に寄与したと、ヒューマネージでは分析している。
 


*「就職希望企業ランキング」(2010 卒~2016卒 日本経済新聞社、2017卒~2021卒ディスコ調べ)上位130社(2016卒~2019卒はランキングが100位までしか発表されていないため上位100社)における採用管理システム(有償ツール)のシェア(ヒューマネージ調査)


以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヒューマネージ >
  3. 新型コロナウイルスの流行で、変わる新卒採用。2020年3月、オンライン面接の実施件数は、昨年の100倍超に。