アパレル意思決定をDXするSaaS「radial」がフューチャーショップとデータの自動連携を開始

株式会社proces (本社:東京都渋谷区、代表取締役:岡本 大河)が提供する、アパレル向けMD支援サービス「radial(ラディアル)」は、SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」を提供する株式会社フューチャー ショップ(本社:大阪市北区、代表取締役:星野 裕子、以下フューチャーショップ)との連携を開始いたしました。



radialは、アパレル企業の意思決定者のために開発されたシステムで、POS・ECシステム・WMS(倉庫システム)に散らばった売上・在庫データをリアルタイムに自動集計し、意思決定に繋がる分析・インサイトを可視化します。



この度、radialは、SaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」とのデータ連携を開始しました。
この連携により、アパレル企業の意思決定者は、radialにログインするだけで、「futureshop」およびPOS、WMSのデータを元に自動分析された「事業動向」や「商品動向」をリアルタイムに閲覧でき、意思決定を素早く正確に進化させることができます。

アパレル業界においても「データ活用」がアタリマエとなった昨今、単なる「データ統合」ではなく、意思決定に繋がる「分析」と「可視化」が重要です。
ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」とアパレル意思決定者のためのデータ基盤「radial」は、本連携を通して、「アパレル企業の意思決定に貢献するデータ活用」を実現します。



「radial」について
株式会社procesが提供するradialは、アパレル企業の意思決定のためにPOS・EC・WMSのデータを自動統合・分析し、事業や商品の動向を可視化するSaaSです。

「futureshop」について
フューチャーショップが提供するfutureshop(https://www.future-shop.jp/)シリーズは、未来に向けたコマース戦略を創造するSaaS型ECサイト構築プラットフォームです。


radial運営会社
株式会社proces
代表取締役社長 岡本大河
info@proces.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社proces >
  3. アパレル意思決定をDXするSaaS「radial」がフューチャーショップとデータの自動連携を開始