至高の国産エビ「幸えび」が一般向けEC販売を開始

関西電力の子会社「海幸ゆきのや」が手掛ける国産バナメイエビ「幸えび」がサスティナブルな養殖水産物をセレクトするECサイト「CRAFT FISH」に初登場

陸上養殖の産業化を目指す「養殖産業プラットフォームカンパニー」である株式会社さかなファーム(所在地:東京都大田区、代表取締役社長:原 和也、以下さかなファーム)は、運営するサスティナブルシーフードECサイト「CRAFT FISH」にて、至高の国産バナメイエビ「幸えび」の販売を、本日2021年5月10日より開始致します。

「幸えび」は関西電力株式会社の子会社として2020年10月に設立された「海幸ゆきのや合同会社」(所在地:大阪府大阪市、代表職務執行者:秋田 亮、以下海幸ゆきのや)が展開する陸上養殖で生産された国産のバナメイエビです。これまで一般販売はしておらず、本日から開始するCRAFT FISHでの取り扱いが初の一般販売となります。
 


珍しい国産バナメイエビをサスティナブルな陸上養殖により実現
一般的なバナメイエビには輸入物が多く、国産かつ陸上養殖で生産された幸えびはとても貴重なエビです。

最先端の設備で生産される幸えびは、薬品や抗生物質などを一切使わない安全な環境で生産されるほか、清潔な環境で生育されることにより泥臭さや雑味の少ない陸上養殖の利点を活かしたクオリティに仕上がっています。

また国内生産ならではの特徴として、とても鮮度高くぷりぷりとした食感を楽しんで頂ける点が幸えびの長所です。輸入冷凍エビではなかなか味わえないエビ本来の味わいの豊かさをお楽しみください。
 


スターシェフからも高評価を獲得
CRAFT FISHでの販売に先駆け、CRAFT FISHアンバサダーとして活動している料理人や料理研究家による審査会も実施。

ミシュラン星付き店のオーナーシェフなどで構成されるCRAFT FISHアンバサダーの面々からも多くの好評を頂いており、品質にも自信を持ってお勧めできる一品となっています。

生のまま新鮮でエビ本来の味わいを堪能していただくのはもちろんのこと、アヒージョや塩焼き、パスタなどお好みの調理法で、様々な形で最高品質の国産エビ「幸えび」をお楽しみください。
 


【海幸ゆきのやとは】
海幸ゆきのやは、2020年に関西電力株式会社がIMTエンジニアリング社との共同出資で設立し、陸上養殖方式での魚介類生産・加工販売事業を手掛ける事業会社であり、関西電力として初めて農業・食料領域における事業に参入しています。

海幸ゆきのやでは完全閉鎖循環式の陸上養殖方式を採用しており、海洋汚染をはじめとする環境負荷低減や、世界的な魚介類需要の高まり、漁獲規制強化への解決策としてSDGsの観点からも、社会課題の解決への寄与を目指しています。 

海幸ゆきのやウェブサイトURL:
https://kaikoyukinoya.jp/

 
【CRAFT FISHとは】
CRAFT FISH(クラフトフィッシュ)は、当社が運営するサスティナブルな養殖水産物をセレクトして取り扱うECサイトです。

3つのこだわりとして掲げる「美味しいこと」、「安心・安全であること」、「持続可能であること」、これらを兼ね備えたものをCRAFT FISHとして取り扱います。

丁寧に魚づくりに向き合う生産者の想いや一流料理人の感性を融合させ、これからの時代に沿ったサスティナブルで最高に美味しい魚を食卓へとお届けしていきます。

CRAFT FISHウェブサイトURL:

https://craftfish.jp
 

【会社概要】
商号:

株式会社さかなファーム

代表者:

原 和也
所在地:

〒143-0026 東京都大田区西馬込2-1-5
設立:
2020年4月
事業内容:

・水産業・養殖業におけるコンサルティング事業
・養殖メディアEC「CRAFT FISH」の企画・開発・運営
・養殖生産管理アプリの企画・開発・運営

会社ウェブサイト:

https://sakana.farm


【本件に関するお問い合わせ】
窓口:
株式会社さかなファーム(担当:原)
E-mail:

hello@sakana.farm

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社さかなファーム >
  3. 至高の国産エビ「幸えび」が一般向けEC販売を開始