【新東工業 粉塵火災ゼロへの挑戦第一弾】難燃性カートリッジフィルタ「FRシリーズ」を開発

簡単・低コストに集塵機の火災対策が可能

新東工業株式会社は、安全性の向上を目指し、粉塵火災ゼロに挑戦しています。今回は、粉塵火災ゼロに向けた提案の第一弾として、新開発の集塵機用難燃性カートリッジフィルタ「FRシリーズ」をご案内します。

集塵機火災は、静電気や火花、溶接ヒュームなどの着火源が、モノづくり現場で発生する様々な粉塵に引火して発生します。集塵機火災は工場で働く従業員の安全を脅かすだけでなく、企業の生産活動も停止させる恐れがある重大な災害であるため、当社としても強く問題意識を持ち、火災リスク低減の技術開発に取り組んでいます。

今回、当社が開発した難燃性カートリッジフィルタ「FRシリーズ」は、溶接工程やレーザー・プラズマ加工工程など、火災リスクのある用途で使用されている集塵機に最適なフィルタです。FRシリーズの特徴は、当社独自の難燃化加工によってフィルタの延焼防止性能が大幅に向上した点です。燃焼性に関する試験(UL94V試験)にて、最高評価(V-0)をクリアしており、万一火災が発生した場合でも被害を最小限に抑えることが可能です。
 

 

なお、今回開発のFRシリーズは、当社で販売中の汎用集塵機「ダスミック」シリーズに標準搭載されているカートリッジフィルタと互換性を持っているため、フィルタを交換するだけで「簡単・低コスト」に集塵機の火災対策を行うことが可能です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 新東工業株式会社 >
  3. 【新東工業 粉塵火災ゼロへの挑戦第一弾】難燃性カートリッジフィルタ「FRシリーズ」を開発