プラントベース(菜食中心)メニューを導入したレストランが1,000店舗突破!株式会社ゆいまーるは「食」の観点から未来の地球と私たちの健やかな生活を作ります。

このプレスリリースは、April Dreamプロジェクトに共感し、4月1日を夢があふれる日にしようとする事業者が、やがて叶えるために発信した夢です。

 当社は、4月1日を夢を発信する日にしようとするApril Dreamに賛同しています。このプレスリリースは「株式会社ゆいまーる」の夢です。
 ヴィーガンコンサルティング事業をはじめ、小売・飲食のブランドプロデュースやITコンサルティングを行う株式会社ゆいまーる(東京都港区、代表取締役:島袋尚美)は、東京都内のレストラン1,000店舗にプラントベースメニューを導入し、100年後も健康で安全な生活を送り続けられる社会の実現に向けて一歩を踏み出しました。
 

『レストランメニューに、選択肢を』
 ヴィーガンコンサルティング事業をはじめ、小売・飲食のブランドプロデュースやITコンサルティングを行う株式会社ゆいまーる(東京都港区、代表取締役:島袋尚美)は、東京都内のレストランに向けて、プラントベースメニューの導入をサポートし、この度、導入店舗が1,000店舗を突破しました。


『100年後も健康で安全な生活を送り続けるために。』
 プラントベース(菜食中心)メニューがあるレストランを一般的にすることの背景には、大きく3つの理由があります。
(1)地球に優しい食生活
 週に一回、食事からお肉を減らすだけで世界の18%の温室効果ガスが減るという研究結果がでています。なにも完全な菜食主義になる必要はなく、「今日はお肉無しのメニューが食べたいな」というときに「(メニューの)選択肢がある」状態を作ることが大切だと考えています。

(2)健康的な食生活
 日本では、外食産業やファストフード産業の増加により、従来に比べて短時間で安く手軽に食事を楽しめるようになりました。一方で、高カロリーな食事が増えたり、栄養の偏りを引き起こすなどのデメリットもみられるようになりました。1950年代半ばから、日本人の生活習慣病は増加し、日本人の死亡原因の約六割が生活習慣病で占められているという報告もあります。
 プラントベースの食材は、さまざまな観点で健康的な食生活に良いと言われており、今の食生活にプラントベースメニューという選択肢を増やすことで、負荷を少なく栄養バランスを考慮した食生活を送ることができます。

(3)食と文化の多様性
 世界にはさまざまな食文化があり、たとえ同じ日本人だとしても、宗教や価値観、健康上の理由により、食事に対する選択肢が異なります。異なるバックグラウンドの人々が、共に食卓を囲めるレストランが増えること、そして、共に生きられる文化を作ること。さまざまな食文化を持つ方が【当たり前に食事を選択できる世の中】の実現に力を入れていきます。

「100年後も、健康で安全な生活を送り続けるために。」

 私達ゆいまーるは、地球環境に配慮しながら健やかな健康を維持し、さまざまな文化を持つ人々が共に生きられる社会を実現します。


 

​『これからの株式会社ゆいまーる』
 株式会社ゆいまーるは、「若者のエンパワーメントを通じて、日本を元気に」をミッションに、小売・飲食のブランドプロデュースやITコンサルティングを行っています。

この度、ヴィーガンコンサルティング事業を新たにスタートしました。

都内の一般飲食店へのプラントベースメニューの導入、スタッフ教育、ヴィーガンコミュニティへの発信、SEO対策をパッケージでサポートすることで、April Dreamを実現する第一歩を踏み出します。

 
  • 会社概要
株式会社ゆいまーる
「若者のエンパワーメントを通じて、日本を元気に」
HP:http://yuima-ru-tokyo.com/
KOHO-BU:http://koho-bu.com/
note:https://note.com/yuimaru_tokyo
Twitter:https://twitter.com/yuimaru_kohobu

「April Dream」は、4月1日に企業がやがて叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。私たちはこの 夢の実現を本気で目指しています。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ゆいまーる >
  3. プラントベース(菜食中心)メニューを導入したレストランが1,000店舗突破!株式会社ゆいまーるは「食」の観点から未来の地球と私たちの健やかな生活を作ります。