スマートバスソリューションでより安心安全な社会へ

運転安全を守り、搭乗体験を向上し、運営効率を高める最適解

Dahua Technology Japan 合同会社(所在地:東京都中央区、 職務執行者:リー・ビン)は、日々高齢化になっていく社会では運転できなくなる人が多くなります。電車の届かない場所ではバスが日常に欠かせない移動手段になります。外での移動は常に危険が伴いますので、当社はスマートバスソリューションで平穏な日常を守り、安心安全な社会になるよう貢献します。
【ソリューション概要】  

*このソリューションはバス以外、他は運送会社、タクシー会社など運転が必要とする業界に適用します。
 需要に応じ、使用設備の調整が可能です。
 説明動画: 

 

【開発背景】
身近なバスの走行、乗降には安全の課題が存在しています。それらの課題を見つけ、ソリューションを提供します。


【特長】
1.バス内の安全を守る機能が完備


2.運転手への安全サポート


3.乗客の搭乗体験を向上するコミュニケーションと分析データの蓄積


4.Eマップによる効率的な車両管理


5.データ分析をグラフ化し、運営効率を上げる



【今後の展望】
2023年末までバス会社向け300社の導入を目指しています。

【お問い合わせ先】
Dahua Technology Japan 合同会社
Tel:03-6661-6818
Eメール:Dahua_Japan@dahuatech.com

【Dahua Technology Japan 合同会社について】
代表者: リー・ビン
住所:〒103-0025東京都中央区日本橋茅場町一町目9番地2号第一稲村ビル9F
Tel:03-6661-6818  
Fax:03-6661-6857
URL:https://www.dahuasecurity.com/Japan
事業内容:当社は中国Zhejiang Dahua Technology Co., Ltd.の日本法人であり、都市運営、企業経営、消費者の価値を創造するため、「より安全な社会とスマートな生活を実現させる」という目標を目指すことでEnd-to-End のセキュリティソリューション、システム、サービスを提供しています。

 


Zhejiang Dahua Technology Co., Ltd.について:
  Zhejiang Dahua Technology Co., Ltd. (Dahua Technology)は世界をリードするビデオ中心のスマートIoTソリューションとサービスのプロバイダーです。Dahua Technology は技術革新をベースに、エンドツーエンドのセキュリティソリューション、システム、サービスを提供し、都市運営、企業管理、そして消費者に向けて価値を創造しています。
  Dahua Technology は、18,000 名以上の社員を擁し、その内、50%以上が研究開発に従事しています。Dahua Technology は2002 年、世界初の自社開発8 チャンネルリアルタイム組込型DVR を発売して以来、技術革新に専念し、研究開発への投資を継続的に高めており、現在、年間売上高の約10%を研究開発に投資しています。Dahua Technology は、ビデオIoT 技術に基づく新たな機会を継続的に模索し、マシンビジョン、ビデオ会議システム、業務用ドローン、スマートファイヤーセーフティ、自動車技術、スマートストレージ、ロボティクスなどの分野でビジネスを展開しています。
  グローバルなマーケティング・サービスネットワークを擁するDahuaTechnology は、中国に200 以上のオフィスを設立し、アジア太平洋、北米、ヨーロッパ、アフリカなどに58 の海外子会社・代表オフィスを立ち上げ、お客様に迅速に高品質なサービスを提供しています。Dahua Technology は、「より安全な社会と、よりスマートな生活を可能にする」という使命を掲げ、180の国と地域に、製品、ソリューション、サービスを展開しており、スマートシティ、交通、小売、銀行・金融、エネルギーなどの主要産業を網羅しています。




 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Dahua Technology Japan 合同会社 >
  3. スマートバスソリューションでより安心安全な社会へ