【予約したお部屋でチェックインもチェックアウトも】宿泊体験のニューノーマルをセルフチェックインシステム&ルームタブレット「iBMS for Hotel」と「RemoteLOCK」の連携で実現

〜IoTで非対面化しスマートな省力オペレーションと手厚いおもてなしを提供〜

クラウド管理機能を備えたスマートロック「RemoteLOCK(リモートロック)」は、株式会社天晴データネットが提供するIoTソリューション「iBMS(アイビーエムエス)」をベースとした宿泊施設向けセルフチェックイン&ルームタブレットの「iBMS for Hotel(アイビーエムエス フォー ホテル)」と連携を開始いたしました。iBMS for Hotelを介して予約情報と紐付いたRemoteLOCKの暗証番号を送付することで客室ドアの解錠情報の受け渡しを自動化し、ゲストはフロントに立ち寄ることなく、予約した客室内で非対面でセルフチェックインからチェックアウトまで完了できます。また、RemoteLOCK以外にも、多様なセンサーやデバイスをiBMS for Hotelのプラットフォームで管理できますので、最小限の時間やエネルギーでのオペレーション、ならびにおもてなし強化を促進します。

 


RemoteLOCKは、鍵の発行、受け渡しをクラウド上で自動化することで、ホテルなどの宿泊施設のフロント業務の効率化や無人運営を可能にするスマートロックです。コロナ禍においては、非対面で鍵の受け渡しができるため、感染症対策としても活用されています。

iBMS for Hotelは、セルフチェックインシステム&ルームタブレットです。客室に設置されたiBMS for Hotelを利用することで、部屋の設備の一括コントロールや環境の変化に応じたIoTデバイスの自動制御、およびフードデリバリーなどのおもてなしサービスとの連動などが可能となります。ホストは、iBMS for Hotelの画面から客室の利用状況の確認や鍵管理、清掃指示、ユーザー管理、フロア管理、ログ管理などの一元管理が行えます。

RemoteLOCKとiBMS for Hotelの連携により、予約情報に紐付いた入館・入室用の暗証番号が自動で発行され、ゲストに自動通知されます。チェックインはこれまでフロントで行うことが一般的でしたが、今回の連携により、ゲストはフロントに立ち寄る必要がなくなり、順番待ちのために時間を費やすこともなくなります。予約当日は、暗証番号で客室に直接入室し、室内に設置されたiBMS for Hotelでセルフチェックインからセルフチェックアウトまで完全非対面で行えますので、安全安心でスマートな滞在を楽しめます。

ホスト側は、各種センサーやIoTデバイスと連動するiBMS for Hotelから客室設備のコントロールを遠隔で行えますので、天候に応じてゲストの来館前に客室の空調や環境を遠隔で整えることも可能です。また、iBMS for Hotelでゲスト情報や清掃指示など様々な情報を一元管理できるため、施設運営にかかる労力を最小限に抑えながら、空いた時間をおもてなしの強化に活用いただけます。

株式会社天晴データネットおよびRemoteLOCKは、今後もIoTによる施設運営のスマート化を促進し、ニューノーマル時代の宿泊体験・施設運営を提案してまいります。

▶連携詳細:https://remotelock.kke.co.jp/api/ibms-for-hotel/
 

iBMS for HotelとRemoteLOCKの連携によるスマートチェックインからチェックアウトまでの流れiBMS for HotelとRemoteLOCKの連携によるスマートチェックインからチェックアウトまでの流れ

◆こんな方におすすめです◆
・感染症対策を徹底し、お客様対応をスマート化したい方
・グランピング・コンテナハウス・宿泊施設の運営事業者
・セルフチェックインシステム・ルームタブレットをお探しの方
・他の宿泊施設と差別化を図りたい方
 
  • 宿泊のニューノーマルを実現する『iBMS for Hotel』について


iBMS for Hotelは、株式会社天晴データネットのIoTプラットフォーム「iBMS」を宿泊施設用としてカスタマイズしたセルフチェックインシステム兼ルームタブレットで、グランピング施設やコンテナハウス、ホテル等に導入されています。インバウンド対応で多様なセンサーやデバイスと柔軟に連携させることができ、お客さまのニーズに合った形でシステムをご提供します。
▶詳細URL:https://www.tenseidatanet.co.jp/jigyo/



 
  • ビジネスのためのスマートロックおよびクラウド型入退室管理システム『RemoteLOCK』について
 

RemoteLOCKは、株式会社構造計画研究所が提供するビジネス向けのスマートロック製品および入退室管理システムです。クラウドシステムで利用者ごとに異なる有効期限つき解錠キーを管理・発行することができます。ホテル、旅館、民泊などの宿泊施設から、無人サロンや貸し会議室、貸しスタジオ、ジムなどのレンタルスペースや、オフィスや公共施設など、さまざまな施設の入り口やドアに利用されています。
APIを介し、各種予約サービスや業務システム、ハードウェアと連動した解錠キーの自動発行・通知を行うことで、施設のカギの受け渡しの手間や窓口業務の煩雑さを低減できるアクセスコントロールのオープンプラットフォームです。
▶詳細URL:https://remotelock.kke.co.jp/case/hotel

 
  • お問い合わせ先
株式会社構造計画研究所 
すまいIoT部 RemoteLOCKチーム
TEL :    050-5306-6250
E-mail :  remotelock@kke.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. RemoteLock >
  3. 【予約したお部屋でチェックインもチェックアウトも】宿泊体験のニューノーマルをセルフチェックインシステム&ルームタブレット「iBMS for Hotel」と「RemoteLOCK」の連携で実現