スマホだけで踊って遊べるARダンスゲーム「ディスコフィットAR」をApp Store、Google Play Store上で提供開始。

画像認識の技術を使って、リアルタイムにプレイヤーのポーズを認識。

スマートフォンやタブレットだけで、ダンスが楽しめるARダンスゲームです。
内側のカメラに自分を映し、画像認識の技術を使って、リアルタイムにプレイヤーのポーズを認識します。

2020年12月29日

ミルク株式会社
代表取締役社長 谷 忠紀

各位
スマホだけで踊って遊べるARダンスゲーム「ディスコフィットAR」をApp StoreGoogle Play Store上で提供開始
 

モバイルゲームの企画・開発・運営を行うミルク株式会社(本社:東京都新宿区新宿5丁目11-30
新宿第五葉山ビル3F、代表取締役:谷 忠紀)は、2020年12月26日(土)App Store、Google Play Store上でスマホだけで踊って遊べるARダンスゲーム「ディスコフィットAR」を提供開始しました。


■スマートフォンゲームアプリ「ディスコフィットAR」とは
スマートフォンやタブレットだけで、ダンスが楽しめるARダンスゲームです。
遊び方は、内側のカメラに自分を映して落ちてくるノートと同じポーズをする事で、
ゲームのスコアが加算されます。
画像認識の技術を使って、リアルタイムにプレイヤーのポーズを認識します。


スマートフォンの設置方法
プレイヤーの上半身を内側カメラで映す必要があるため、スマートフォンを何かに立てかけたり
スマホスタンドを使った状態で遊びます。




ゲームの説明
ゲームには20曲が用意されており、各曲にノーマルモードとハードモードがあります。
ハードモードは、有名アーティストのバックダンサーが振り付けを考えたもので、より運動量が多いダンスとなります。


開発の経緯
コロナウィルスの影響で自宅で過ごす時間が増える中、自分自身も運動不足を感じていました。
ディスコフィットARの開発当初は、コンシューマー機やVR機では、運動不足を解消出来るゲームも発売は
されておりましたが、在庫不足でなかなか入手出来ない状況でした。
それなら、自分で作ってしまえばいいと決断し、誰でも持っているスマートフォンをターゲットにして
このゲームを開発開始しました。
画像認識の技術を試行錯誤した結果、スマートフォン上でもリアルタイムでユーザーのポーズを判定し、
ゲームプレイに耐えうる精度を実現しました。

■ユーザー様の声
『正月太りに効きそう』、『「しゃがむ」がとくにキツくていいですね〜!自然と何十回もスクワットやっちゃう感じです。プレイ終えた後に、太ももあたりに「ズド〜ン」と疲労感がくる感じ。』『自分の姿を見て絶望するやつですね!やってみます』など、各SNS(特にTwitter)からの反響をいただいています。

今後はディスコフィットを積極的にアップデートし、
世界中のたくさんの人々に楽しみながらエクササイズが出来るゲームを目指します。

■スマートフォンゲームアプリ「ディスコフィットAR」概要
・アプリ名:ディスコフィットAR / Disco Fit AR
・価格:無料(アプリ内課金あり)
・公式サイト:http://milkcorp.com/app/discofit/
・公式Twitterアカウント:https://twitter.com/discofitgame
・app store:https://apps.apple.com/jp/app/id1104762489
・google play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.milkcorp.discofit&hl=ja

■会社概要
・社名  :ミルク株式会社
・代表者 :谷 忠紀
・所在地 :東京都新宿区新宿5丁目11-30 新宿第五葉山ビル3F
・設立: 2009年 3月19日
・資本金 :300万円
・事業内容:モバイルゲームの企画・開発・運営






 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ミルク株式会社 >
  3. スマホだけで踊って遊べるARダンスゲーム「ディスコフィットAR」をApp Store、Google Play Store上で提供開始。