“MAKE NEW PR”の実現に向けて、ミレニアル世代のトップマーケター大倉 佳晃氏が顧問に就任!

マテリアルグループの企業価値向上を目指し、事業の成長・進化を支援

ストーリーテリングの力でブランドとステークホルダーの関係構築を行い、ビジネスの成長を支援するマテリアルグループ株式会社(本社:東京都港区 代表取締役:青﨑 曹 以下「マテリアルグループ」)は、大倉 佳晃氏(おおくら よしあき 以下「大倉氏」)が顧問に就任したことをお知らせします。

 


マテリアルグループは、「ブランドに関わるすべての人を幸せにする」をミッションに掲げ、ブランドの成長を支援するマーケティングカンパニーです。異なる得意領域を持つ各社が集い、ストーリーテリングを軸に、ブランドとステークホルダーの望ましい関係構築を行う、リレーションビルディングを中心とした事業を展開する企業グループです。マテリアルグループの傘下にある、株式会社マテリアル(以下「マテリアル」)は、ストーリーテリングパートナーとしてこれまで大倉氏と多くのプロジェクトを共にしてきました。大倉氏の顧問就任により、大倉氏の強みとする、「ブランド価値を高めるSDGs時代のマーケティングノウハウ」や「経営とマーケティングを結ぶ設計力」と、マテリアルグループのメソッドを掛け合わせた新たな取り組みやサービスを展開し、企業価値を高めていきます。

 
  • プロフィール:大倉 佳晃 / 株式会社OKURA BOOTCAMP 代表取締役 兼 Brand Builder
1985年生まれ。元P&G APAC Focus Market ヘアケア事業部統括CMO。入社3年目からアジアHQのシンガポールに着任、11年にわたり勤務し、グローバル・リージョン・ローカルビジネスを経験。2017年から着任したパンテーンにおいては不可能と言われていた売上・利益回復を牽引。激戦のヘアケア市場で、約6年ぶりの月間金額シェアNo.1を何度も奪取した。その過程で、ブランドパーパスキャンペーンの『#HairWeGo』をゼロから開発・成功させ、多くのマーケティング・広告賞を世界中で受賞。日本人が手掛けたキャンペーンとして初めて、P&Gグローバルのコーポレートレポートに2030年に向けたSDGsのブランド戦略の成功事例として掲載された。企業価値最大化のため、TSRモデルとSDGs時代に不可欠なブランドパーパスマーケティングを両立させるパイオニアとして、世界中での講演実績がある。2021年P&Gを退社し、株式会社OKURA BOOTCAMPを設立。

 
  • 大倉氏との取り組みに関して
①マーケティングコミュニケーションにおける提供ソリューションのアップデート及び新規開発
②マーケティングコミュニケーションにおけるプロフェッショナルサービスの業務提携
③社内のスキルアッププログラム
④新規事業の創造
日本一のマーケティングカンパニーを目指し、様々な取り組みを展開し続けていきます。

 
  • 大倉氏からのコメント
仕事柄、日本だけではなく世界中の、しかも一流と言われる様々な領域での数多の代理店・エージェンシーとお仕事をしてきました。その中で、ことPR、そしてストーリーテリングの領域において、間違いなくマテリアルが圧倒的No.1の存在でした。その証拠に、前職にて、毎年各領域で1社にだけ送るPartner of the Year Awardを、2020年にマテリアルは受賞しています。マテリアルは、単なるPRの領域を超えて、ブランド戦略・マーケティング戦略を包括的にサポートするエージェンシーへと脱皮を遂げる過程です。ブランド、マーケティングに関して私が培ってきた知識と経験で、その成長をさらに加速させる機会を持てることに、心踊る次第です。

 
  • マテリアルグループについて
マテリアルグループは、ストーリーテリングの力でブランドとステークホルダーの関係構築を行い、ビジネスの成長を支援するマーケティングカンパニーです。異なる得意領域を持つ各社が集い、ストーリーテリングを軸に、ブランドとステークホルダーの望ましい関係構築を行う、リレーションビルディングを中心とした事業を展開する企業グループです。マテリアルグループの傘下にある、マテリアルは、ストーリーテリングを武器に、顧客の抱える課題に対して高いバリューを発揮し、“広告PR業界のワールドカップ”と称される「カンヌライオンズ」が発表した2018年グローバルクリエイティビティレポートのPRエージェンシーランキングにて、世界18位に選出。また2021年には、“ビジネス界のアカデミー賞”と称される「アジア・パシフィックスティービーアワード」のPRエージェンシー・オブ・ザ・イヤー部門にて、日本初となるゴールドを受賞するなど、近年高い評価を得ています。マテリアルグループはこれからもグループ各社のプロフェッショナルな領域をシームレスにつなぐことで、各社の機能を最適化し、ブランドの成長に貢献してまいります。

 
  • 会社概要
<株式会社マテリアル>
会社名     株式会社マテリアル
所在地     東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル35階
代表者     青﨑 曹
設立日     2005年02月02日
資本金     10,000,000円
事業内容    PR事業を主としたマーケティングコミュニケーション業務全般

<マテリアルグループ株式会社>
会社名     マテリアルグループ株式会社
所在地     東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル35階
代表者     青﨑 曹
設立日     2014年08月18日
資本金     90,000,000円
事業内容    グループ事業の経営方針策定及び経営管理
グループ会社  株式会社マテリアル(PR事業を主としたマーケティングコミュニケーション業務全般)
        株式会社CONNECTED MATERIAL(プラットフォーム「CLOUD PRESS ROOM」の運営)
        株式会社フリップデスク(WEB接客ツール「Flipdesk」を通じたマーケティング支援事業)
        株式会社ルームズ(プロダクトプレイスメント/スタイリング事業)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マテリアルグループ株式会社 >
  3. “MAKE NEW PR”の実現に向けて、ミレニアル世代のトップマーケター大倉 佳晃氏が顧問に就任!