【バサラと舞え!】JR新宿駅で浴衣レンタルできて着付けまでしてもらえるのは【着物レンタルVASARA】だけ!

【着物レンタルVASARA】は2017年7月13日(木)からJR新宿駅新南改札外の「Suicaのペンギン広場」で浴衣セット(一式)レンタルと着付けサービスを夏季限定でスタートさせました。

これまで京都駅で着物・浴衣レンタルと着付けができる唯一の店舗「京都駅中央改札前店」を常設店では運営してまいりましたが、今回は夏季限定の新宿特設店としてバスタ新宿でおなじみJR新宿駅新南改札外の「Suicaのペンギン広場」に浴衣専門の一式レンタルと着付けができるお店として「新宿駅店」をオープンさせました。

 浴衣を纏い併設するビヤガーデンでビールを嗜む大人の時間を満喫するもよし、花火大会に出かけるもよし、高温多湿な日本の夏を風流に吹き飛ばす「いつでも気軽にレトロで新しい私」をお楽しみいただけます。


■夏季限定新宿特設店「浴衣レンタルVASARA」新宿駅店

・オープン期間:2017年7月13日(木)~同年9月17日(日)予定

・営業時間:Open…10:00 Reception and Return deadline…20:00/21:00

・休業日:なし

・所在地:JR新宿駅新南改札外「Suicaのペンギン広場」
 

■「着物レンタルVASARA」について

着物レンタルVASARAのブランドは「バサラ」(婆娑羅)に由来します。「バサラ」とは「婆娑」に接尾語の「ら」が付いたもので、「婆娑」元来の意味は「舞う人の衣服の袖が美しくひるがえるさま。また、舞いめぐるさま」転じて「さまよいめぐるさま。徘徊するさま」を表していました。後に『太平記』が派手な出で立ちで「徘徊」(婆娑)する様子を「婆娑羅」と言ったことから「派手さ」を表す言葉に転化され、梵語の「Vajra」(ヴァジュラ)とも相俟って「派手に打ち破る」といったイメージが仮託されたものと考えられます。「Vajra」はインドラ(帝釈天)の持つ雷を表した限りなく堅固な武器、転じて金剛石(ダイヤモンド)を意味する言葉です。VASARAは「纏った着物の袖が美しくひらめく」という「バサラ」元来の意味に、着る人に「綺麗に輝くダイヤモンド」のように美しくなってもらえるよう願いを込めたブランドです。
 

【バサラと舞え!】着物レンタルVASARA(バサラ)は、「浅草(浅草寺)店」「銀座店」「秋葉原神田明神店」「サンシャインシティプリンスホテル店(池袋)」「鎌倉小町通り店」「鎌倉駅前店」の関東6店舗と「京都駅店」「四条店」「祇園店」「京都本店」の京都4店舗、そして「伊勢神宮店」「倉敷店」の計12店、そして今回の夏季限定新宿特設店「新宿駅店」の合計13店舗を全国に運営するとともに、国内外の旅行会社との提携プラン等においてホテルなどへの出張着物レンタル・着付け・ヘアセットを行っています。
 

■会社概要

株式会社バサラホールディングス

【代表取締役社長】鈴木雄一郎

【設立】2016年1月29日

【事業内容】着物レンタル事業および飲食店の経営ならびにインターネット関連事業

【本社所在地】東京都千代田区外神田3-14-3福栄秋葉原ビル5階

【関連SNS】

・公式HP : https://vasara-h.co.jp/

・Facebook : https://www.facebook.com/VASARAKIMONO
・Twitter : https://twitter.com/vasara_asakusa
・Instagram : https://www.instagram.com/vasara_asakusa/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バサラホールディングス >
  3. 【バサラと舞え!】JR新宿駅で浴衣レンタルできて着付けまでしてもらえるのは【着物レンタルVASARA】だけ!