株式会社グラッドキューブが新型コロナウィルス抗体検査を従業員に無償で実施

ベンチャー企業も社員へ無償で抗体検査を実施

株式会社グラッドキューブは全従業員に対し、無償で新型コロナウィルスの抗体検査を6月1日に実施すると発表した。
株式会社グラッドキューブ(本社:大阪市中央区 代表取締役 CEO 金島 弘樹 以下:グラッドキューブ)は全従業員に対し、無償で新型コロナウィルスの抗体検査を6月1日に実施すると発表した。
また、従業員の家族も希望すれば抗体検査を受けることができる。

現在は全社員がリモートワークで勤務しているが、計画に基づき段階をつけて従業員を職場に復帰させる。今後もリモートワークは積極的に活用していくが、顧客対応等で出社せざるを得ない場面も多い。社内感染を防ぐために、社内で就業する前に抗体検査を所定の場所で実施し、その場で判定結果を社内の管理部門に共有する仕組みだ。

抗体検査で陽性となった場合は帰宅してもらい、保健所や医師の指示に従ってもらう。保健所の要請によっては検査場所の除菌など対策も実施する。

■無償の抗体検査実施について、代表取締役CEOの金島からのコメント
弊社は初期からリモートワークの実施等に取り組んできたが、緊急事態宣言が解除されたいまこそ二次感染のリスクがあると考え、従業員の安全配慮のため無償の抗体検査を実施することを決断しました。

【会社概要】
株式会社グラッドキューブ
代表者名:代表取締役CEO 金島 弘樹
所在地 :大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル8F
資本金 :8,549万円(資本準備金 7,549万円)
事業内容:デジタルマーケティング事業、ウェブサイト解析・SaaS事業、メディア事業
公式HP URL:https://www.glad-cube.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グラッドキューブ >
  3. 株式会社グラッドキューブが新型コロナウィルス抗体検査を従業員に無償で実施