「Web会議の選定ポイント」アンケート結果発表

― ユーザーはビジュアルコミュニケーションツールのどこを重視している? ―

エイネット株式会社(東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F 代表取締役 西畑博功)は「Web会議の選定ポイント」についてのアンケート「Web会議システムに関する意識調査」を2018年6月に実施し、6月28日にその結果を公開いたします。
会議はもちろん、テレワークやWebセミナー、遠隔診断など、離れた場所を映像で結んでコミュニケーションするためのビジュアルコミュニケーションツールは、今やビジネスや教育、医療の現場などで欠くことのできないものとなっています。

今回、エイネット株式会社では、様々な遠隔コミュニケーションに活用できる、ビジュアルコミュニケーションツールの代表的な製品であるWeb会議システムに対して、ユーザーが製品を選ぶ際、どこを重視するかなどをアンケート調査しました。

現在、有料、無料を問わず多くのメーカーから特徴を持った製品が提供されています。今回のアンケート結果からは、遠隔会議をスムーズに開催する以外にも、ユーザーは様々な用途にビジュアルコミュニケーションツールを利用したいと考えおり、そのためには何が重要で、どんな機能が求められているのかといった、ビジネス現場のトレンドが見えてまいります。

■調査結果のサマリー

① Web 会議システムで最も重視すること第1 位は、「使いやすさ・操作性(34.7%)」、第2 位が「音声がクリア(18.1%)」。「映像がクリア(4.7%)」は第3 位で映像より音声を重視することが明らかに。

② Web 会議システムに必要な機能の第1 位は、「資料共有機能(52.8%)」、第2 位は「デスクトップ共有機能(38.4%)」とWeb 会議の使用ではファイルの共有機能が不可欠。

③ Web 会議システムの活用シーンでは、「海外拠点(32.8%)」、「社外との会議や打ち合わせ、商談(32.8%)」がそれぞれ約3 割あるなど、活用シーンが拡大。

④ Web 会議は大部分が、「既存の会議室(74.2%)」と「Web 会議用の会議室(54%)」で使用していることが明らかに。「外出先(21%)」、「自宅(21%)」がそれぞれ2 割いるなど、モバイルワークの普及が明らかに。

⑤ Web 会議の使用端末は「Web 会議用のモニター(62.9%)」が最も多く、テレビなどのモニターと接続して使用していることが判明。

詳しいアンケート結果は下記よりダウンロードしていただけます。

https://www.freshvoice.net/pdf/whitepaper_questionnaire.pdf

なお、当アンケートの内容を記事等で引用いただくことは問題ありません。
その際には、下記、お問い合わせ先にメールか電話でご一報いただければ幸いです。

■エイネットについて

エイネット株式会社の「FreshVioce」は、国内のテレビ会議/WEB会議システム出荷数で、11年連続(2005年~2015年オンプレミスタイプ)No.1を記録しています。(富士キメラ総研調べ)
国際標準のテレビ会議/WEB会議システム開発・販売から、セキュアな業務ネットワーク構築・運用まで、企業経営に貢献するICT活用をトータルでサポートしています。

会社名 : エイネット株式会社(エイネットカブシキガイシャ)
設立  : 1997年7月
資本金 : 10610万円
代表者 : 代表取締役 西畑博功
所在地 : 〒102-0071 東京都千代田区神田佐久間町3-23 スタウトビル3F
電話番号 : 03-3862-5402
FAX番号 : 03-5822-2039
e-mail : freshvoice@anets.co.jp
事業内容:
インターネットテレビ会議/電話に関するアプリケーションパッケージの開発・販売
インターネットテレビ電話コミュニティーサイトの構築・運営
ネットワーク構築、コンサルティング
 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エイネット株式会社 >
  3. 「Web会議の選定ポイント」アンケート結果発表