ポリジンより繊維への抗ウイルス加工技術「ViralOff®」販売開始

2時間以内で99%のウイルスを抑制する機能が新たに誕生

ポリジン株式会社(本社:スウェーデン マルモ、代表取締役社長:ウルリカ・ビョーク、以下ポリジン社)は抗ウイルス機能「ViralOff®(以下バイラルオフ)」の日本での販売開始を発表いたします。
 

2004年SARSの流行により抗ウイルスや抗菌加工への需要が急増しました。そしてスウェーデンの大手薬品会社Perstorp社が開発した抗菌・抗ウイルス加工技術を専売する企業がスピンオフし誕生しました。それが「ポリジン」です。

しかしながら時を経てSARS流行の記憶は薄れていくなか、ポリジン社は培った技術を基に持続可能なライフスタイルの実現を目指し、日常生活で身近な製品を清潔に保つ抗菌防臭加工技術を提供し、現在世界で150ブランド以上にご採用いただいております。

2020年、新型コロナウイルスの流行拡大は世界的な生活の変化を余儀なくされ、我々は起業時の原点に立ち返り、ウイルス対策のノウハウや知識を応用した新製品「バイラルオフ」を発表することに至りました。

 

 

バイラルオフは塩化銀を有効成分とし、繊維上の特定のウイルスの数を2時間以内で99%減少させ特定の細菌の増殖を抑制するため、身の回りの製品を清潔で安全に保ちます。当技術は多くの天然繊維、化学繊維などへの加工が可能で、その効果は日本国内の検査機関における抗ウイルス試験(ISO18184:2019)での効果が証明されております。また、バイラルオフはポリジン社が創業時より掲げているポリシーである「環境配慮」と「安全面」も考慮されています。

<環境配慮>
原材料である銀塩は可能な限り、リサイクルされた銀より採取しています。また、加工時に必要とする水や電力エネルギーを最低限に抑えることで生産時に発生する環境負荷を軽減し、加工された衣類のリサイクルに影響しません。

<安全面>
グローバル基準で安全性を認証されていますので、人と地球に優しい化学薬品としてお使いいただけます。
  • Eco Passport by OEKO-TEX®︎(エコテックス)
  • 河合法皮膚貼付試験合格(河合皮膚産業研究機関, 日本)

ポリジン社代表取締役社長ウルリカ・ビョークは、「衣類の消毒だと考えてください。現在、ウイルス対策に役立つ製品への需要は非常に高まっています。バイラルオフで抗ウイルス機能を繊維製品に加工することで、多くの方々がこの困難な時代を乗り越えることに役に立ちたいと考えています。」と述べています。


【会社概要】
社名 : ポリジン株式会社
代表者 : 代表取締役社長 ウルリカ・ビョーク
設立 : 2006年1月(1881年創業の大手薬品会社Perstorp社より独立)
上場 :2016年3月(ストックホルム証券取引所 ナスダック・ファーストノース)
本社 : Styrmansgatan 2, Malmö, 21118 Sweden
日本地区総代理店:株式会社インターワークス

 ​【ポリジンWebサイト】
https://japan.polygiene.com/

【ポリジン採用ブランドリスト】
https://japan.polygiene.com/partners/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポリジン株式会社 >
  3. ポリジンより繊維への抗ウイルス加工技術「ViralOff®」販売開始