多様性を見つめるアート展!「第4回 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS公募展」作品募集

応募期間:2021年7月1日~7月15日

日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS(ニッポンザイダン ダイバーシティ・イン・ジ・アーツ)は2018年から続く、障害のあるアーティストによる作品の公募展「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS公募展」の第4回目の開催に向けて、作品を募集いたします。募集対象は、障害のある方が制作した過去に受賞歴のないアート作品となります。

本公募展は、アートを通じて障害のある人、ない人、全ての人々の交流を促し、感動やよろこびを共有しながら、障害のある人自身が自己の可能性を見いだせるよう、アート活動の機会を提供することを目的としています。才能あるアーティストの発掘や、障害のあるアーティストの活動の支援を行い社会へ多様性の意義と価値を発信し続けるべく、今回も多くの才能がこの舞台を目指し、応募してくださることをお待ちしています。

制作する際の、素材やテーマは自由。これまでの本公募展では、アーティストのメッセージが既成概念にとらわれることなく表現され、絵画、イラスト、グラフィックデザイン、書、写真、造形などの様々な作品を通じて、観る者の感覚に直接訴えかけてきました。審査員は6名の美術家、美術関係者から構成され、各々の分野での知見を生かし、才能あるアーティストたちの作品を選定します。第3回目の公募展では、12カ国から、2,089点の作品応募がありました。
応募期間は、2021年7月1日(木)~7月15日(木)、一次審査結果は9月下旬頃を予定しています。

【日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSとは】
日本財団が進める「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS プロジェクト」は、「障害者と芸術文化」の領域への支援を通して、誰もが参加できるインクルーシブな社会の実現を目指すプロジェクトです。既成の形式にとらわれない多彩な展覧会などの企画、積極的かつ横断的な情報発信等、多様性の意義と価値を広く伝える様々な事業を実施しています。

【日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS公募展事業】
日本財団が進める「日本財団 DIVERSITY IN THE ARTSプロジェクト」の一環として実施する事業です。アートを通じて障害のある人、ない人、全ての人々の交流を促し、感動やよろこびを共有しながら、障害のある人自身が自己の可能性を見いだせるよう、アート活動の機会を提供するとともに、才能あるアーティストの発掘や、障害のあるアーティストの活動の支援を行い社会へ発信しています。

          「第3回 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS公募展」作品審査の様子
■主催:
  • 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
■協力:
  • 国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)
■日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS ウェブサイト: ■審査員 (五十音順)
  • 秋元 雄史(練馬区立美術館館長)  
  • 上田 バロン(FR/LAME MONGER代表/イラストレーター)
  • エドワード M. ゴメズ(RAW VISION 主任編集者)
  • 中津川 浩章(美術家/アートディレクター)
  • 永野 一晃(写真家)
  • 望月 虚舟(書家)
■募集要項はこちら ■プロジェクトページ
第3回 「日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 公募展」開催情報
公募展 入選作品: https://www.diversity-in-the-arts.jp/news/23428
  • 日時①:2021/4/3(土)~4/18(日)10:00~19:00
  • 会場①:Bunkamura Gallery/Wall Gallery
 
  • 日時②:2021/4/21(水)~4/26(月)9:30-18:00(25日(日)は17:00まで)
  • 会場②:障害者スポーツ文化センター横浜ラポール
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS >
  3. 多様性を見つめるアート展!「第4回 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS公募展」作品募集