コンテックの産業IoTソリューション「CONPROSYS(R)」がAGCの原燃材料自動管理システムに採用、調達業務のDXに貢献

株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード6639) が提供する産業IoTソリューション「CONPROSYS(R)(コンプロシス)」が、このたび、AGC株式会社 (東京証券取引所第一部 証券コード5201 以下、AGC)が開発した原燃材料の自動管理システム「Smart Inventory System」に採用されました。
AGCは、本年4月より関西工場に本格導入の「Smart Inventory System」により、調達計画の立案、発注などの調達業務でDXが進み、作業者の技能伝承と共に、年間1,000時間の作業時間の削減を見込んでいます。「Smart Inventory System」は、国内ガラス工場を中心に、他工場への展開も検討されています。

ダッシュボード(原燃材料タンクのリアルタイム残量表示)ダッシュボード(原燃材料タンクのリアルタイム残量表示)

システム構成・業務フロー図システム構成・業務フロー図



 
  • 【 AGC株式会社について 】
AGCグループは、建築・自動車・ディスプレイ用ガラス、化学品、その他の高機能材料を世界のお客様に提供するソリューション・プロバイダーです。100年以上に亘る技術革新の歴史の中で、ガラス、フッ素化学、セラミックスなどの分野で世界トップクラスのコア技術を培ってきました。現在、グループ全体の年間売上は約1.4兆円、従業員数約56,000人、30以上の国と地域でグローバルに事業を展開しています。
https://www.agc.com/

 
  • 【関連情報】
・AGCのニュースリリースはこちら:https://www.agc.com/news/detail/1202168_2148.html
・CONPROSYS® 産業IoT:https://www.contec.com/jp/products-services/daq-control/iiot-conprosys/?ref=presspt
・CONPROSYS® テレメータ(TM):https://www.contec.com/jp/products-services/daq-control/iiot-conprosys/tm/?ref=presspt

 
  • 株式会社コンテック (CONTEC CO., LTD.) 会社概要
社名  株式会社コンテック  (東京証券取引所第二部 証券コード:6639)
所在地  大阪市西淀川区姫里3-9-31
代表者名 代表取締役社長 井狩 彰
社員数   614名(グループ計)
資本金   11億1,960万円
URL   https://www.contec.com/

1975年4月設立。産業用機器の総合メーカーとしてコントローラ本体や周辺機器、ネットワーク機器までを手掛け、開発・製造・販売からサポートまで幅広いサービスを提供しています。
パーソナルコンピュータの黎明期から産業分野でのPC技術の活用に着目し、産業用コンピュータや計測制御用インターフェイスボード、ネットワーク機器など、最先端の製品を次々と開発。
この分野の世界的パイオニア企業として貢献してまいりました。培ったコア技術を活かし、環境・エネルギー、医療、鉄道・交通機関、デジタルサイネージ、IoTソリューションなどの新分野にも進出。
独創的な技術と製品で人々の暮らしをいっそう豊かなものにしていきます。

 
  • 【お問い合わせ先】
■ 報道関係者様 お問い合わせ先
販売促進グループ
〒108-0023 東京都港区芝浦4-9-25 芝浦スクエアビル
TEL: 03-5418-5967(ダイヤルイン) FAX: 03-5418-5968
E-mail: promote@jp.contec.com

■ Webプレスリリース版
https://www.contec.com/jp/news/2021/2021042600/?ref=presspt

■お客様 お問い合わせ先
総合インフォメーション
TEL: 050-3786-7861(ダイヤルイン)
E-mail: tsc@jp.contec.com

※ 会社名、製品名は一般に各社の商標または登録商標です。
※ 記事に住所を記載いただきます場合は、本社所在地の記載をお願いします。
※ 本発表資料の記載情報は発表日現在の情報です。
ご覧いただいた時点において、販売状況/価格/仕様などが予告なく変更されている場合がありますのであらかじめご了承ください。
  1. プレスリリース >
  2. コンテック >
  3. コンテックの産業IoTソリューション「CONPROSYS(R)」がAGCの原燃材料自動管理システムに採用、調達業務のDXに貢献