2019年のポルシェ国内新規登録台数、過去最高の7,192台を記録

自動車市場で唯一、過去最高更新と同時に10年連続の伸長

ポルシェジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:ミヒャエル・キルシュ)は、ポルシェの日本国内における2019年新規登録台数が、過去最高の7,192台(2018年:7,166台)となったことを発表しました。これによりポルシェは、日本の自動車市場で過去最高の台数を記録すると同時に10年連続で新規登録台数が増加した、唯一のブランドとなりました。<数値は日本自動車輸入組合、日本自動車販売協会連合会 調べ>

モデル別では、2019年に導入したミドルクラスSUVの新型「マカン」の販売台数が順調に推移しました。また同年7月にフルモデルチェンジしたスポーツカーのアイコン、新型「911」もこの伸張に大きく貢献しました。


ポルシェジャパン社長のミヒャエル・キルシュは、次のように述べています。「10年連続で新規登録台数増加という記録を達成できたことを、大変嬉しく思います。これもお客様のご支持、そして全国のポルシェ正規販売店の高品質な活動の結果と確信します。今年はポルシェ初の電気スポーツカー『タイカン』の国内導入を迎えると共に、時代に合わせたモビリティサービスの展開も推進します。今後も信頼と責任に基づき、日本における持続的なポルシェビジネスの成長を目指してまいります。」

 


<お客様からのお問い合わせ先>                                                                   
ポルシェカスタマーケアセンター 0120-846-911  / HP http://www.porsche.com/japan/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ポルシェジャパン株式会社 >
  3. 2019年のポルシェ国内新規登録台数、過去最高の7,192台を記録