MIRAI-LABO株式会社とENEOSイノベーションパートナーズ合同会社との資本提携について

MIRAI-LABOとENEOSは、MaaS領域での場所を選ばない自律型エネルギーサービスインフラ事業の拡大など、広範囲にわたりENEOSと協業してまいります。

ICT(情報通信技術)の活用で移動に関する総合サービスを提供するMaaS(マース=Mobility as a Service)社会に向け、自律型MaaSコアプロダクツを開発・提供する MIRAI-LABO株式会社(以下、MIRAI-LABO)(本社:八王子市千人町3-3-20、代表取締役 平塚利男)は、石油元売り最大手のENEOS株式会社を傘下に有するENEOSホールディングス株式会社(以下、ENEOS)(本社:千代田区大手町1-1-2、代表取締役社長 大田勝幸)と協業検討に向け、ENEOSイノベーションパートナーズ合同会社(本社:千代田区大手町1-1-2、社長 矢崎靖典)から資金調達を実施しました。今後、MaaS領域での場所を選ばない自律型エネルギーサービスインフラ事業の拡大など、広範囲にわたりENEOSグループとの協業を検討してまいります。
■資本提携の内容
(1)資本提携について 
MIRAI-LABOは第三者割当増資により、ENEOSイノベーションパートナーズ合同会社に普通株式476株(5億円)を割り当てました。

(2)協業検討について
ENEOSが目指す「低炭素・循環型社会」をテーマとしたまちづくり事業等において、MIRAI-LABOはEV(電気自動車)の使用済みバッテリーに無瞬断切り換え技術を活用した蓄電装置や太陽光発電舗装パネルを提供することが可能です。これにより、クリーンなエネルギーが循環され、両社がコンセプトとする環境保全に大きく貢献することが可能になります。

MIRAI-LABOにとって、バッテリー交換拠点の構築が進み、バッテリーの再利用と太陽光発電舗装パネルの設置が加速する事で、今後のMaaS社会に当社の「AIR(自律型知的道路=Autonomous Intelligent Road)※2」の概念を普及させられるとともに、事業促進につながります。
MIRAI-LABOは、道路舗装面で太陽光発電が行える太陽光パネル「ソーラーモビウェイ=Solar Mobiway※3」を昨年開発し、2022年の実用化を目指して現在、性能試験を進めています。道路に特殊な太陽光発電パネルを敷設し、分散発電と分散蓄電を通じて通信や照明などに自律した電力を供給するものです。これと並行して、「自律型グリッドステーション」や、「走行中の非接触充電との連携・送電機能、課金システム」の開発も進めています。これらを組み合わせた社会インフラとなる商品群の総称として「AIR」の概念を打ち出し、MaaSの中核的なツールに仕上げることを目指しています。

太陽光発電舗装パネルSolar Mobiway車両走行実験の様子(赤点線内約20㎡)太陽光発電舗装パネルSolar Mobiway車両走行実験の様子(赤点線内約20㎡)


​ 2006年設立のMIRAI-LABOは電圧・電流が異なる複数のバッテリーを管理・制御・保護するMBMS(Multiple Battery Management System=複合蓄電池制御システム技術を保有しています。この技術ノウハウを駆使し、今後急速に増え続けるEVの使用済みバッテリーをリユースする事で、環境に配慮したサスティナブルな自律型MaaS社会の構築を促進します。

これまでに、EVの使用済みバッテリーをMBMSでリユースした自律型太陽光発電街路灯「THE REBORN LIGHT※1」を開発。2019年3月に福島県浪江町の国道沿いに12基が設置され、台風災害などの停電時にも安定稼働を続けています。

浪江町に設置したTHE REBORN LIGHT projectの街路灯浪江町に設置したTHE REBORN LIGHT projectの街路灯

THE REBORN LIGHT projectから生まれた太陽光発電自律型街路灯THE REBORN LIGHT projectから生まれた太陽光発電自律型街路灯

また、無瞬断でバッテリー交換が出来るMIRAI-LABO製品であるリフィルバッテリー式発電機「G-CROSS」にもMBMSが利用されており、昨年秋の台風災害時にJR東日本千葉支社管内で長期間活用され、災害時の実用性が認められています。

MIRAI-LABOは「AIR」の商品概念と「MBMS」の要素技術を国内のスマートシティ候補地に対し、太陽光と蓄電池による自律的なエネルギーの供給を目指す「マイクログリッド」の構築を提案してまいりました。「ソーラーモビウェイ」は大きな発電ポテンシャルを持つ未開拓の道路発電技術で、ENEOSグループの道路舗装国内最大手である株式会社NIPPOと共同開発しており、今後、広く普及させることができると考えています。しかしAIRの概念やMBMSを核とする商品普及を促進するには、全国的にエネルギープラットフォームを提供する企業との協業が必要と判断しました。

太陽光発電舗装パネルとリユースEVバッテリーとMBMSによる自律型マイクログリッドステーションのイメージ太陽光発電舗装パネルとリユースEVバッテリーとMBMSによる自律型マイクログリッドステーションのイメージ

MIRAI-LABOはENEOSとの資本提携を機に、e-mobility(電気を動力とするモビリティ)のバッテリー交換ステーションをより効果的に展開していくことを目指します。ENEOSは低炭素・循環型社会に貢献するまちづくりのひとつとして、e-mobilityを活用し地域にクリーンで使いやすいモビリティサービスを提供しながら、地域内で再生可能エネルギーを活用した自律型のエネルギー供給を行うマイクログリッドの構築を目指しており、MIRAI-LABOのMBMSと太陽光発電舗装パネル等を活用した自律型バッテリー交換ステーションがこの構築に大きく貢献できると考えております。これらの技術を活用し、災害に強いクリーンなまちづくりの実現を目指しており、両社協力のもと、2022年を目途に、これらの技術を活用した実証事業を実施する予定です。また、MIRAI-LABOは2022年から5年間で、自律型マイクログリッドステーション及び自律型バッテリー交換ステーションを、全国15,000か所への展開を計画しております。

自律型バッテリー交換ステーションを活用したまちづくりのイメージ自律型バッテリー交換ステーションを活用したまちづくりのイメージ

 


※1:AIR(Autonomous Intelligent Road=自律型知的道路)とは、Solar Mobiway(太陽光発電舗装)を主軸とした分散発電と分散蓄電を通じてセンシング・通信・照明などに自律した電力を供給する新たなエネルギーインフラサービスの総称です。

※2: Solar Mobiway(ソーラーモビウェイ)とは、株式会社NIPPOと共同開発している道路面に設置可能な新たなソーラー発電システムです。

※3:THE REBORN LIGHTとは、EVで役目を終えたバッテリーをリユースした自律型ソーラー街路灯です。2019年3月に福島県浪江町にTHE REBORN LIGHT projectにより設置しました。
 

■MIRAI-LABO株式会社
本社所在地 :〒193-0835 東京都八王子市千人町3-3-20
代表者 :代表取締役  平塚 利男
設 立 :2006年4月6日
ホームページ :https://mirai-lab.com/
お問い合わせ :経営企画室  平塚 雷太
メール :info@mirai-lab.com
電 話 :042-673-7113
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MIRAI-LABO >
  3. MIRAI-LABO株式会社とENEOSイノベーションパートナーズ合同会社との資本提携について