お買い物代行サービス「ツイディ」を運営するダブルフロンティアが東芝テックを引受先とする第三者割当増資を実施  新型コロナ対策 “ピンポン置き配” も4/21(火)より開始!

ダブルフロンティア株式会社(東京都千代田区 代表取締役:八木橋 裕、以下「ダブルフロンティア」)は、ツイディ(twidy)事業の拡大のため、東芝テック株式会社(東京都品川区 代表取締役社長:池田 隆之、以下「東芝テック」)に対して第三者割当増資を実施し、シリーズAラウンドで一般社団法人日本スタートアップ支援協会に続く追加資金調達を行いました。
日本国内POSレジ市場約50%のトップシェアを有する東芝テックとの資本提携により、今後拡大が見込まれる生鮮食品などのECサービス拡大にむけ協業検討をすすめます。現在、生鮮食品や日用品を中心としたECサービスとしてネットスーパーなどを展開もされていますが、ネットスーパーサービスを展開するための初期投資や運用コスト負担、運用人員の採用などの課題も多く、本格的な拡大に至っていません。東芝テックとは、お買い物代行サービス普及にむけ、導入・運用時の課題を低くするための取り組み強化について検討して参ります。


ツイディtwidyについて
「ツイディ(twidy)」は、スーパーマーケット、ホームセンター、ドラッグストア(合計市場規模約24兆円※1)をはじめとする地域に根ざした小売事業者様、地域の新聞販売店様やデリバリー事業者様、そして地域住民の皆様と連携して実現する、日本発の地域密着型お買い物代行サービスです。
https://twidy.jp/
今回、東芝テック社との資本提携プレスリリースに合わせて、新型コロナウイルスにうつらないように、うつさないように、3つの密の1つである直近で会話や発生をする密接場面を減らすベく "ピンポン置き配" サービスを4月21日(火)より開始します。
お客様は、ご注文時に「置き配お届け(推奨)」と「手渡しお届け」を選択できるようになります。

新型コロナウイルスにうつらないように、うつさないように、家に居る時でも"ピンポン置き配"利用の啓蒙・推進を目的とし、動くツイディ(twidy)ロゴも制作しました。


資金調達の背景・目的(短期)
2018年9月からの本格サービス開始、昨年のシードラウンドでの資金調達により、ツイディ(twidy)の現場オペレーションは確立できました。ツイディ(twidy)ファンの皆さまには繰り返し安心してご利用頂けるサービスまで成長させることができました。この度の新型コロナウイルスが社会問題となる中でも、毎日安心してご利用頂いています。
今回のシリーズAラウンドでの資金調達により、次はグロースハック※2を行って参ります。データを分析し、日々、ツイディ(twidy)を改善して課題を解決していく手法です。このグロースハックができる体制を整えます

ツイディ(twidy)グロースハック体制強化に向けての求人情報はこちら:
https://www.wantedly.com/companies/wfrontier




資金調達の背景・目的(中期)
世界では米国AmazonのAmazon Goを筆頭に、レジなし小売店舗が普及・増加しています。Amazonは先日Amazon Goの技術を小売店に提供するプログラム「Just Walk Out」のWebサイトを開設しました。
日本国内でもイオンがこの3月から貸出用の専用スマホで「レジゴー」をサービス開始しました。

昨年の東芝テックコーポレートアクセラレータープログラム※3でダブルフロンティアはパートナースタートアップ企業として採択され、今後も両社協力して、顧客体験を重視した店舗ソリューションを開発して参ります。

 



出資者 東芝テック株式会社 ビジネス・イノベーション・センター 鳥井 敦より

東芝テック https://www.toshibatec.co.jp/
多くの消費者から、生鮮食品のECサービスが期待される中、小売店においては、人手不足や、運用コスト面から生鮮食品EC市場むけのサービス提供がなかなか進まない現状があります。ダブルフロンティア社が提供する、買い物代行サービス:ツイディ(twidy)はこの小売の課題を解決し、消費者のニーズに応えていくサービスになっていく可能性をもっていると感じ、出資させていただくことになりました。
今後、ツイディ(twidy)の導入店舗拡大に向け、導入時におけるECオペレーション負荷を下げていけるサービス連携なども含め、共同での事業開拓を進めていきたいと思っています。



ダブルフロンティア株式会社 代表取締役 八木橋 裕より


この度、新たな株主として東芝テックさんにチーム・ツイディ(twidy)にJoin頂きました。
言わずと知れたPOSレジ業界の雄。ツイディ(twidy)のFintech連携にこれ以上のパートナー企業は存在しません。
ツイディ(twidy)は現在シリーズA。まだまだ序の口ですが、東芝テックさんと見据えている未来予想図は描けています。
スーパーマーケットをはじめとする小売店舗店頭でのお金のやりとりが、これから益々スマホにシフトしていきます。この流れは誰も否定しないと思いますし、多くの大企業、そしてスタートアップ企業がその潮流に乗ろうと日々挑戦しています。
そのフィールドのど真ん中に「東芝テック x ダブルフロンティア」でポジショニングできたことを誇りに思い、3年後、描いている未来予想図を実現します。
まずは目先の新型コロナウイルス対策に向けて、今回同時プレスリリースさせて頂きました"ピンポン置き配"で、ツイディ(twidy)をさらに安心安全な地域密着お買い物代行プラットフォームに進化させていきます。
今後ともツイディ(twidy)を宜しくお願い致します。



※1 : 市場規模マップ https://stat.visualizing.info/msm より
※2 : Webマーケティング用語辞典 https://ferret-plus.com/words/1053 より
※3 : https://www.toshibatec.co.jp/release/20181228_01.html より



【ダブルフロンティア株式会社について】(http://wfrontier.jp/
設立年月:2013年4月15日
本店所在地:東京都千代田区西神田2-5-8 共和15番館8F
代表者名:八木橋 裕
事業内容:ツイディ(twidy)の運営

■本サービス、事業提携他に関するお問い合わせ先
ダブルフロンティア株式会社 担当:八木橋、野崎
TEL:03-3221-8090 E-Mail:info@wfrontier.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ダブルフロンティア株式会社 >
  3. お買い物代行サービス「ツイディ」を運営するダブルフロンティアが東芝テックを引受先とする第三者割当増資を実施  新型コロナ対策 “ピンポン置き配” も4/21(火)より開始!