インド工科大学では4人に1人がbitgritを知っている!

株式会社bitgritがインド工科大学の3校舎で知名度調査を行った結果、bitgritは24%の知名度があることが判明しました。

株式会社bitgrit(本社:東京都渋谷区/ CEO:フレデリック・ブスラー/以下、bitgrit)は、
日本・インド・エストニアに拠点を置くデータサイエンスやAIのスタートアップ企業です。このたび世界各地の大学で知るカフェを展開する株式会社エンリッションと共同で行った、bitgritの認知度に関する調査結果を報告いたします。


今回調査を行ったインド工科大学はGoogle LLCやソフトバンク株式会社の経営層など、IT系大企業のトップを続々と輩出し、世界でも最高峰の大学と評されております。そのインド工科大学の中の3校舎(ボンベイ、デリー、ハイデラバード)で、大学一年生から博士課程の学生を対象に、bitgritへの認知度や興味度の調査を行いました。
調査の結果、bitgritは3校舎において平均して24%の認知があることがわかりました。
参考:過去の調査では、日本の上場企業で5%程度の認知度。


また、bitgritを知らなかった方でも32~37%の学生がbitgritのコミュニティに参加することに興味を抱いており、コミュニティのさらなる拡大が期待されます。

株式会社bitgrit
https://www.bitgrit.net/
2017年に日本で設立されたテックスタートアップ企業です。オンライン・オフラインの両方で上のデータサイエンティストコミュニティを形成し、企業が利用できるAIマーケットプレイスを構築することで、AIの価値や利用の民主化を目指すプラットフォームを開発しています。アジアを中心にグローバルに活動し、オンラインとオフライン合わせて5000人以上のデータサイエンティストコミュニティ有する企業として日々進化し続けています。
インドにおいてはニューデリーにオフィスを持ち、IITデリー校のMP Gupta教授にプロジェクトのアドバイザーとして就任いただいたり、複数のIITで定期的にハッカソンを行うなど積極的に活動しております。

SHIRUFCAFE(知るカフェ)
https://shirucafe.com/
株式会社エンリッションが展開している大学生向けキャリア支援カフェ事業です。事業のリーディングカンパニーとして全国に展開し、学生顧客満足度「85%」越えという学生から圧倒的支持を獲得しています。SHIRUCAFEは「新たな出会いと学び」を創出し、未来の可能性を広げる場所です。運営費はスポンサーから募り、学生は無料でSHIRUCAFEを利用することができます。企業がイベントや交流会を開催するなど、今まで知られていなかった企業を学生が“知る“場として活用されています。それだけでなく、SHIRUCAFEは学生の憩いの場やミーティングの場として、様々な用途で利用されています。日本国内で17店舗展開され、国外ではインドやアメリカに7店舗展開中です。近い将来、国内外でさらに7店舗をオープンする予定です。(2019/5/13現在)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社bitgrit >
  3. インド工科大学では4人に1人がbitgritを知っている!