Shaxware、北米開催のFIDOデベロッパー・チャレンジで「銀賞」を受賞!マイナンバーカードを用いたソフトウェアローミング認証器のアイディアがFIDOアライアンスおよび投資家から高評価を獲得

株式会社Shaxware (以下 Shaxware、本社: 愛知県豊橋市、代表取締役: 社本明弘)は、2021年10月18日~20日にシアトルで開催された「Authenticate 2021 カンファレンス」において、当社開発の「MynaAuthn (マイナオウスン)」で「FIDOデベロッパー・チャレンジ」の「銀賞」を受賞しました。MynaAuthnはマイナンバーカードを用いたソフトウェアローミング認証機で、認証と本人確認を行うというコンセプトがFIDOアライアンスのメンバーおよび投資家から高い評価を得ました。FIDOデベロッパー・チャレンジは、フィンテック、eコマース、IoT、ブロックチェーンなど様々な分野のFIDO2 Web認証APIの実装に焦点を当てたコンテストで、2021年の開催は世界8カ国から参加がありました。

FIDOデベロッパー・チャレンジ メインイメージFIDOデベロッパー・チャレンジ メインイメージ

 

この度、FIDOデベロッパー・チャレンジで「銀賞」を受賞したShaxwareのMynaAuthnは、マイナンバーカードを用いたソフトウェアローミング認証機です。WebAuthn (Webにおける次世代認証技術) で確立された認証技術に加えて、マイナンバーカードによる厳密な本人確認を行うというコンセプトがFIDOアライアンスのメンバーおよび投資家から高い評価を得ました。エンドユーザーの端末でNFCを通してマイナンバーカードを読み取り、WebAuthnを通してウェブサイトの認証を行うことができます。金融機関のサイトや国や地方公共団体の各種サービス、電子投票など、当該個人が確実に本人であることを厳格に確認する必要があるウェブサイトでの活用を想定しています。今後、ShaxwareはMynaAuthnを実用化するためにさらなる開発を進めるとともに、マイナンバーカードを活用したソリューションの開発に取り組んでまいります。

 

MynaAuthnの概要MynaAuthnの概要

Authenticate 2021 カンファレンスAuthenticate 2021 カンファレンス


■認証技術の進化
これまで最も広く利用されてきたユーザー名とパスワードを用いる認証技術「パスワードクレデンシャル」は、ユーザーの知識に基づくセキュリティとなっており、わかりやすい一方でアカウントの乗っ取りなどセキュリティのリスクが高い認証技術でした。2021年現在、パスワードクレデンシャルよりも安全性の高い認証技術として「二要素認証と多要素認証 (2FA/MFA)」が普及をしてきています。パスワードだけではなくSMSやスマートフォンのアプリで生成された認証コードなどを用いて認証を行う2FA/MFAは比較的安全な認証技術である反面、実装コストが高く利便性が低いのが問題点として挙げられています。今後、世界的な普及が期待されている新しい認証技術が「WebAuthn」です。パスワードレスでの認証を可能とするWebAuthnは、安全性が高いことに加え、プロセスがシームレスで実装コストも比較的低い認証技術であり、FIDO アライアンスによって規格の策定が行われています。2019年にはW3C (World Wide Web Consortium)によりウェブ標準として承認され、広く活用されることが期待されています。
 

認証技術の進化認証技術の進化

■FIDO アライアンスの概要
FIDO アライアンスは、生体認証などを利用した新しいオンライン認証技術の標準化を目指して2012年7月に発足した非営利の標準化団体で、米国カリフォルニア州法に基づくグローバルな非営利団体です。Google、Amazon、Facebook、Microsoftなどの世界最大手のIT企業、国内からはNTTドコモ、LINEやYahoo! Japanなど、現在約250社で構成されており、FIDO 認証モデルに基づく技術仕様の策定、導入展開を推進しています。

■株式会社Shaxwareの概要
株式会社Shaxwareは、経験豊富なエンジニアによるオモシロ便利なソフトウェアやサービスをスピーディーに提供することを得意としています。スマートスピーカーのサービス開始直後からAlexaに関する様々な開発を行っており、中でもごみ分別支援サービスの「ゴミ丸」は市民や行政から好評を博しております。ゴミ丸はLINE版もサービス提供を開始しています。また、マイナンバーカードに関する開発も行っており2021年に北米開催されたFIDOデベロッパー・チャレンジではマイナンバーカードを用いた認証システムである「MynaAuthn」がFIDOアライアンスや投資家などから高い評価を獲得し、世界各国の参加者の中から銀賞を受賞しています。

■株式会社Shaxwareについて
会社名: 株式会社 Shaxware (シャックスウェア)
所在地: 愛知県豊橋市
設立: 2015年
代表取締役: 社本 明弘 (シャモト アキヒロ)
URL: https://www.shaxware.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Shaxware >
  3. Shaxware、北米開催のFIDOデベロッパー・チャレンジで「銀賞」を受賞!マイナンバーカードを用いたソフトウェアローミング認証器のアイディアがFIDOアライアンスおよび投資家から高評価を獲得