在宅勤務の働くママのつよい味方!子ども向け冷凍食品

離乳食から幼児食へ移行し手軽に買える市販品がなくて困っているママ達へ。あの『子どもの食卓』からおやつも登場!

離乳食の次に出会う味として、子ども向けの優しい味付け(薄味)にこだわり、栄養バランスのとれた食材を安全・安心をモットーに子育て世帯の食卓にお届けするお母さん信頼の幼児食ブランド、子どもの食卓株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:権 寛子、以下「子どもの食卓」)は、従来のお子様向けおかずの冷凍食品に加え、2020年4月23日(木)から新たにお子様向けおやつシリーズを展開致します。
201911月の冷凍食品販売開始から、SNS上の口コミを通じて、発売の都度売切れ続出の子どもの食卓の冷凍食品おかずシリーズですが、423日から新たにおやつシリーズも加わります。
最近のコロナウィルスの影響で在宅勤務のママ達の増加に加え、保育園や幼稚園の休園も相次ぎ、SNS上では「子ども達がずっとお菓子食べてばかり」との声が多く寄せられます。そこで子ども達のおやつに、お菓子だけでなく、補食になるものも作りたくて商品化しました。

おやつ!と思って召し上がるお子様にも、しっかり満足していただける様、子どもの食卓をすでに召し上がったことがあるお客様にとっては驚かれるくらいしっかりした味付けになっております。(それでも一般的なものに比べ優しい味付けです。)

ぼくらのおやつシリーズ
米粉のたこ焼きさん


原材料:米粉、卵、キャベツ、たこ、青ネギ、長芋、しょうゆ、     ソース、菜種油、砂糖、宗田節、寒天、酒、塩、
    ブラックペッパー、昆布
内容量:175g
金額:490円(税抜)

米粉のたこ焼きさんは、源流米を米粉にしたものと兵庫県のさくらたまご(飼育方法:解放鶏舎、餌:non-GMOトウモロコシ)をベースに、キャベツ
                                                等やたこを入れて、しょうゆやHIKARIの中濃ソースでほんのり味付けをして
                                                います。素材本来の味を活かした子どもの食卓らしい味付けになっておりま
                                                すので、月齢が高いお子様はソース等をかけてお召し上がりくださいませ。

ミニおいなりさん


原材料:米、揚げ、砂糖、酢、塩、醤油、鰹節、昆布、ごま
内容量:150g(6個入り)
金額:490円(税抜)

ミニおいなりさんは、九州産の国産大豆フクユタカに丁寧に圧搾した菜種油、高知県黒潮町の海工房の海水塩のにがりで作られている徳島県 太子屋さんの寿司揚げを使って作っています。またお醤油は、子どもの食卓では井上古式醤油を使うことが多いですが、今回は少し「甘じょっぱさ」を出すた
                 めに、かめびし醤油を使っております。

③焼きおにぎりさん


原材料:米、しょうゆ、みりん、鰹節、昆布
内容量:180g(6個入り)
金額:490円(税抜)

焼きおにぎりさんは、無農薬のあきたこまちを使用し、お米を炊く際に、鰹昆布出汁と少量の醤油で炊飯し、ほんのり下味をつけ味に深みを出しました。素材本来の味を存分に活かした味わいを、是非成長過程のお子様に召し上がって頂けたら嬉しいです。

子どもの食卓は、離乳食から幼児食になり、働くママ達の「もっと味の薄いものやオーガニックなものをあげたいけど、簡単に買える環境がないから、そうじゃないものをあげるしかない」との声を受け、大人の約2倍の味覚をもつ子ども達に『おいしくて』『安全・安心』な食を提供し、お母さん達が自宅・職場・保育園(幼稚園etc)以外に寄らずに『インターネットで便利に買える』食品を作りたい!とお弁当から更に進化し冷凍食品を日々作っております。今回リリースするぼくらのおやつシリーズが、働くママ達の更なる負担の軽減につながることを期待しております。

幼児食とは
離乳食が終わり、2歳~6歳頃までの子ども達の食事を一般的に「幼児食」といいます。大人の約2倍の味覚があるといわれる子ども達の食の土台を作る大切な時期で、この時期にたくさんの素材の味とその種類を感じることが大切といわれています。

子どもの食卓 3つの約束


お子様の食事は、味覚を作る大切なものです。
美味しくて安全・安心な食事をお届けするために、子どもの食卓では、3つの約束を掲げています。

子ども向けの優しい味付け
食の土台を育む子ども達の大切な時期に、食材本来の味を体験できる様、
薄味の子ども向けの食事の普及に努めています。

栄養バランスのとれた食事
手間のかかる魚や栄養価が豊富な旬の野菜も取り入れながら、子ども達の成長に必要な食事を作っています。

化学調味料・保存料・着色料 不使用
最新の技術を使うことで、不要な食品添加物を使わずに、美味しさだけでなく、安全・安心も食卓にお届けします。
 


子どもの食卓株式会社 代表取締役 寛子のコメント】

上の娘が2歳を過ぎた頃、野菜を全く食べてくれない時期がありました。
私は30歳過ぎまで多くの時間を仕事にかけてきたため、出産した途端、ママも初めてですが、料理も初心者でした。主人は帰りが遅く、娘と2人きりの夕飯で、薄味のご飯を作ってはほとんど残される毎日に日に日に台所に立つのが苦しくなっていき、私以外にも困ってるママさんがいたらその助けになりたいとその一心で子どもの食卓を立ち上げました。忙しくて疲れてしまった時、時間がない時、少しでもママの笑顔と子ども達のご褒美になるように本物の食を提供したいと考えております。

【子どもの食卓株式会社 代表取締役 寛子(ごん ひろこ) プロフィール】

1982年、神奈川県横浜市出身。慶應義塾大学 商学部卒業後、東京共同会計事務所、三菱UFJメリルリンチPB証券(現 三菱UFJモルガンスタンレーPB証券)に勤務。2015年に第一子、2018年に第二子を出産。第一子の妊娠・出産を機に専業主婦となり、食事へこだわりを持つ。その後、自らの経験から、働くママの安心を増やしたいと思い、 美味しくて安心・安全な幼児食の普及に取り組む。

【子どもの食卓について】

「自分の子どもに食べさせたいと思えるものを作りたい」をモットーに、子ども達の生きる力を育てることをビジョンにしている幼児食ブランドです。子ども達の20年後の未来のために、旬の食材を使った安全・安心で美味しい幼児食が普及すること目指しています。 親子で過ごす食事の時間を少しでも美味しくて楽しいものにできるお手伝いができればと、その第一弾として2018年10月より幼児食弁当の提供を始め、2019年11月より幼児食冷凍食品の提供を始めました。食材本来の味には定評があり、普段食の細い子が子どもの食卓の冷凍食品は沢山食べたと いうメッセージが多く寄せられております。
HP:https://kodomonoshokutaku.com/
EC:https://kodomono.official.ec/
Instagram : https://www.instagram.com/kodomonoshokutaku/


【子どもの食卓株式会社 会社概要】

社名:子どもの食卓株式会社
本社:東京都港区西麻布 1-8-4 4A
設立:2017年10月
代表者:代表取締役 権 寛子
事業内容:幼児食冷凍食品・レトルト食品の企画、製造及び販売
URL:https://kodomonoshokutaku.com/




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 子どもの食卓 株式会社 >
  3. 在宅勤務の働くママのつよい味方!子ども向け冷凍食品