浜松労災病院の北側看板に大きな「虹」を投光:静岡県内で広がる「#虹バトン」の輪

苦難の後に訪れる平和と希望の象徴「レインボウ」

光パターン形成LED照明「ホロライト・シリーズ」の開発・製造・販売を手掛けるパイフォトニクス株式会社(本社:静岡県浜松市東区、代表取締役:池田貴裕)は、新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、医療・介護従事者などへエールを送る「#虹バトン」の取り組みに賛同している「浜松労災病院」の北側看板に大きな「虹」を投光します。
<照明協力の経緯>
 当社は、本年4月24日から5月29日まで浜松市が毎週金曜日に実施しているフライデー・オベーションにおいて、医療・介護従事者などの皆さまへ感謝の気持ちを伝えるため、浜松駅ビル「メイワン」への「アリガトウ」と「ハート」の文字および、大きな虹「レインボウ」を投光する照明協力を行っています。さらには、本取り組みの一環として、本年5月10日から5月29日まで毎週金曜日に、浜松駅北口の商業・業務複合型の超高層タワーマンション「一条タワー」壁面に大きな「虹」を投光しています。
 一方、イギリス、ニューヨーク、イタリアなど世界中で、窓に「虹」の絵を掲げる動きが広まっています。虹は苦難の後に訪れる「平和」と「希望」の象徴として、人々の心を安心させ、最前線で働くすべての皆さまへエールを贈ります。静岡県内でも、医療・介護従事者などへエールを送る「#虹バトン」という取り組みが広がっており、浜松労災病院北側に立つビルの窓に大きな虹が掲げられています。
 当社は、2015 年から毎年継続して、乳がんの「早期発見・早期治療」の大切さを伝える啓発活動の一環として実施されている浜松労災病院のピンクリボン・ライトアップで照明協力を行っています。また、2018年5月20日から日本を元気にしたいという想いから、当社「ホロライトビル」に毎晩大きな「虹」を投光しています。
 今回、これらの取り組みがつながり、浜松労災病院の北側看板に大きな「虹」を投光する提案を行い、実施することになりました。

<照明協力の内容>
日程:2020年5月20日(水)から5月31日(日)まで毎晩19時から21時
場所:浜松労災病院の北側看板(静岡県浜松市東区将監町25)
内容:ホロライト・レインボウを用いて虹のアーチを架ける
コンセプト:苦難の後に訪れる平和と希望の象徴「レインボウ」
*期間は状況に応じて延長になる場合があります。

写真1.浜松労災病院の北側看板に投光された虹写真1.浜松労災病院の北側看板に投光された虹

写真2.浜松労災病院の北側看板に投光された虹写真2.浜松労災病院の北側看板に投光された虹

写真3.浜松労災病院の南側壁面写真3.浜松労災病院の南側壁面

写真5.浜松駅北「一条タワー」のレインボウ・ライトアップ写真5.浜松駅北「一条タワー」のレインボウ・ライトアップ

写真7.「ホロライトビル」のレインボウ・ライトアップ写真7.「ホロライトビル」のレインボウ・ライトアップ

<会社紹介>

当社は、光産業創成大学院大学発のベンチャー企業として2006年に設立されました。2008年4月に開発した「ホロライト」は、小型軽量キューブ型の筐体から太陽光線と同程度の擬似平行光を発生する高指向性LED照明装置です。その後、さまざまな光パターンを形成する「ホロライト・シリーズ」を開発し、日本や米国、欧州、中国などで特許を取得しました。「ホロライト・シリーズ」は近年、工場内の労働災害を低減する安全用照明や、地域資源を生かして地方創生を実現する観光用照明、光害を低減し新しい景観を創造する建築物の演出照明などへの導入が進んでいます。 

<会社概要>
会社名:パイフォトニクス株式会社 http://www.piphotonics.co.jp
所在地:〒435-0052浜松市東区天王町673 ホロライトビル
設 立:2006年10月2日
資本金:88,400,000円
代表者:代表取締役 池田 貴裕
事業内容:光パターン形成LED照明「ホロライト・シリーズ」の開発・製造・販売

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パイフォトニクス >
  3. 浜松労災病院の北側看板に大きな「虹」を投光:静岡県内で広がる「#虹バトン」の輪