国立大学法人徳島大学と株式会社R-StartupStudioが連携協力に関する協定を締結。互いの持つ人的・物的資源やノウハウを有効に活用して事業を行い、地域社会の発展に寄与が目的。

「SDGs」を軸とした連続的な事業創造を行っている株式会社R-StartupStudio(本社:東京都港区、代表取締役:生原雄大、以下、R-StartupStudio)と国立大学として全国初の試みである大学産業院を持つ国立大学法人徳島大学(徳島県徳島市、学長:野地澄晴、以下、徳島大学)は令和元年5月24日(金)に連携協定調印式を行い連携協定を締結致しました。

左:生原 雄大 R-StartupStudio 代表取締役、右:野地 澄晴 徳島大学長左:生原 雄大 R-StartupStudio 代表取締役、右:野地 澄晴 徳島大学長

 

【連携協定の経緯】
大学発のイノベーション創出による地域活性化を目指し平成30年4月に設置された徳島大学産業院は、令和元年度から起業意識・ビジネスマインドを持った人材の育成、アントレプレナーシップ教育の計画等を推進するために、教育・経営支援部門を新たに加えました。

一方、R-StartupStudioは、社会課題を解決するためのスタートアップの創業支援を行っていくために平成31年1月に設立され、徳島大学産業院の起業家育成事業目的と方向性を同じくしています。


このたび、R-StartupStudioから徳島大学に対し、起業家育成等支援での協力の申し出をし、起業家育成とそれによる地域貢献の推進に寄与するための包括連携協定を締結しました。


【連携協定の目的】
徳島大学とR-StartupStudioが相互に協力し、互いの持つ人的・物的資源やノウハウを有効に活用して事業を行い、地域社会の発展に寄与することを目的とします。


【連携協定の内容】
目的を達成するために、次に掲げる事項について連携協力を行います。

(1)起業家育成に関すること。
(2)スタートアップ事業の実施・支援に関すること。
(3)地方創生関連プロジェクトに関すること。
(4)その他、協議して必要と認める事項


【株式会社R-StartupStudio概要】
所在地:〒106-0041 東京都港区麻布台1-8-10
代表者:生原 雄大
サイトURL:https://r-startupstudio.com
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社R-StartupStudio >
  3. 国立大学法人徳島大学と株式会社R-StartupStudioが連携協力に関する協定を締結。互いの持つ人的・物的資源やノウハウを有効に活用して事業を行い、地域社会の発展に寄与が目的。