【MaaS業界カオスマップ】2020年度版公開!本格始動した国内MaaS企業からグローバル企業まで最新情報を独自調査

情報統合オリジナルマップソリューション「Platinumaps(プラチナマップ)」とモビリティの可視化システム「AUBIT DIGITAL(オービット デジタル)」を運営するボールドライト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮本章弘)は、「MaaS[1]業界カオスマップ 2020年度版」を2020年2月27日(木)に公開したことをお知らせします。
[1]Mobility as a Serviceの略称。自家用車以外のすべての交通手段による移動を一つのサービスとして捉え、シームレスにつなぐ移動の新たな概念。

 


MaaS業界2020のトレンド
MaaSの市場規模は2030年に欧米中で合計150兆円、日本では6兆円を超えると試算されています。配車やシェアパーキング、自転車シェア等、単体のシェアリングサービスはすでに定着が進んでいますが、MaaSではサービスの統合段階に応じて情報決済事業政策目的地の順に高度なサービス統合が提唱[2]されています。サービスの統合が最も進んでいるのは大手鉄道会社を中心としたMaaSプロジェクトであり、事業者間や行政が連携した6つの大型統合ロジェクトが2019年までに一般公開されています[3]。2020年はこれら既存統合型サービス拡大加え、カテゴリを横断した事業間連携による統合型サービスの誕生が進むと想定されます。
 

 [2]デロイトトーマツ「MaaSがもたらすモビリティ革命 日本版MaaSの可能性」を基に作成
https://www2.deloitte.com/content/dam/Deloitte/jp/Documents/consumer-business/dis/jp-dis-ths-maas.pdf
[3]2020年2月現在当社調べ


注目カテゴリ
・統合型
経路検索から決済・予約までを一気通貫するサービスが各エリアで複数誕生しており、マルチモーダルなMaaSアプリが国内でも実現しつつあります。たとえばJR東日本、東急電鉄、伊豆箱根周辺の事業者が連携して実証実験中のIzukoは、目的地までの移動手段と目的地到着後に必要なレンタカー、路線バス、レンタサイクル、観光施設、宿泊施設までの情報を包括したサービスになっており、今後は各サービスでエリア拡大連携サービス増加による利便性向上が期待されます。

・マップ・ナビゲーション
移動がシームレスにつながれるにあたり、移動情報も分断されることな提供が期待されています。注目されるのは、インターネットで乗換検索した際に表示される公共交通機関の時刻表や運行情報を表示するオープンフォーマット、GTFS[4]の活用です。GTFSは主要交通手段以外では登録が進まず、また地方部においては主要交通機関でも登録が進んでいない現状になっており、2020年度は従来のバス、電車、飛行機に留まらず、あらゆる交通機関GTFS活用拡大し、同時に地方部での活用も加速していくと想定されます。

[4]General Transit Feed Specification(GTFS):公共交通機関の時刻表と地理的情報に関するオープンフォーマット。 GTFSの共通フォーマットで情報公開されることで、複数の公共交通機関の情報を利用する経路検索などの開発が容易になり、MaaSでの活用が注目されている。時刻表のみを表示する「静的なGTFS」と、リアルタイムの運行情報を表示する「GTFSリアルタイム」 がある。

掲載したロゴ・サービス名称について
当マップ記載のロゴ・サービス名称の表記につきましては、掲載させて頂きました各社様に事前許諾を得ていないものもございます。当マップへの掲載に問題がある場合はお手数ですがhttps://boldright.co.jpまでご連絡ください。

「MaaSカオスマップ2020年度版」高画質データはこちらからダウンロード頂けます。
https://boldright.co.jp/press/20200227/download/figure1.png
 

Platinumaps(プラチナマップ)/デジタルマップ×データ分析
2019年4月に正式リリースして以降、大手航空会社のハワイ向け観光マップをはじめ、観光・周辺案内・店舗検索に特化した情報統合オリジナルマップソリューションです。移動において必須のマップに情報を統合することで必要な情報を見つけやすくし、かつてないシームレスな移動体験を提供。さらに従来取得できなかったオリジナルマップの利用データ分析から情報最適化を加速させます。

AUBIT DIGITAL(オービット デジタル)モビリティの可視化システム
MaaS時代における移動体の可視化ニーズに応じ、2020年1月に発表されたモビリティトラッキング用IoTデバイスと、その移動状況のマップ表示と周辺情報掲載の統合システムです。内閣府が推進する日本版GPS準天頂衛星「みちびき」に対応し、最高精度毎5秒、誤差1mのトラッキングを実現。都心から地方まであらゆる移動手段の移動情報共有を変革します。

会社概要
社名:ボールドライト株式会社
事業内容:IoT/AIを活用したソリューション・サービスの開発および提供
代表者:代表取締役 宮本章弘
WEBサイト:https://boldright.co.jp
Platinumaps:https://platinumaps.jp
AUBIT DIGITAL:https://aubit.digital

≪本プレスリリースに関するお問い合わせ≫
ボールドライト株式会社 お問い合わせ:https://boldright.co.jp
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ボールドライト株式会社 >
  3. 【MaaS業界カオスマップ】2020年度版公開!本格始動した国内MaaS企業からグローバル企業まで最新情報を独自調査