低コストで株主総会をオンライン開催!株主総会向けライブ配信サービスを新たに受付開始。

コロナ禍だからこそ、適切なIR活動がより重要です。インベストメントブリッジにお任せ下さい。

「ハイブリッド参加型バーチャル株主総会」を簡単に開催できます。機材や当日の配信は当社に一括お任せ。
コロナ感染防止対策としても、遠方の株主様へのご配慮としても活用頂けます。


株式会社インベストメントブリッジ(東京都新宿区)が提供するライブ配信サービスをご利用頂くことで、簡単に「ハイブリッド参加型バーチャル株主総会」を開くことができます。

「ハイブリッド参加型バーチャル株主総会」のメリット
  • 会場に来る株主の数を抑えることができるため、感染症対策になります。
  • 遠方にお住いの株主等、より多くの株主が総会へ参加することができます。
  • 会社法上の質問や動議はできませんが、「コメント」を取り扱うことは可能です。

お問い合わせ:https://www.bridge-salon.jp/company/inquiry/

ライブ配信サービスの特徴
  • ​低コストで株主総会をオンラインで開催可能。
  • カメラマンや機材等は全て当社が手配するので、手間がかかりません
  • 株主番号等の参加者データコメントの記録を後日ご提供します。
  • 株主の参加見込み数によって、追加で視聴枠を確保できます。


本サービスが生まれた背景
IRコンサルティングを手掛ける当社は、新型コロナウイルス感染拡大の中でもIR活動を適時適切に実施することが重要であると考えております。
このような状況下でもオンラインでのIR活動を適切に行えるよう、下記サービスの提供を進めて参りました。
そしてこの度、株式総会でも感染症対策に万全を期した上で、多くの株主が平等に参加できる「ハイブリッド参加型バーチャル株主総会」をご提供することとしました。

過去にオンラインでの株主総会を実施したことがない企業様でも、当社が開催前~開催後までしっかりとサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

<お問合せ先> ※在宅勤務実施のため、お電話でのお問い合わせへの返答には時間を頂戴する場合がございます。

【注】
「ハイブリッド参加型バーチャル株主総会」では、インターネット等の手段を用いて参加する株主は「出席」していないため、会社法上の質問・動議や議決権行使ができません。あらかじめ招集通知等で傍聴を案内する際には事前の議決権行使を行うよう促すことが必要です。
参考:経済産業省「ハイブリッド型バーチャル株主総会の実施ガイド」(https://www.meti.go.jp/press/2019/02/20200226001/20200226001.html)


当社が提供するIR支援サービス
当社では、企業が適時適切なIR活動ができるよう、様々なサービスを提供しております。

直近では、新型コロナウイルスの影響で開催中止となった投資家向けIRセミナー『プレミアムブリッジサロン』の動画撮影をして、投資家に向けて配信しています。

動画はこちら:https://www.bridge-salon.jp/salon_delivery_rf/

また、決算説明会のライブ配信やアーカイブ配信もしております。

決算説明会動画一覧はこちら:https://www.bridge-salon.jp/report_explan_rf/
ライブ配信サービスのリリースはこちら:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000044156.html

個人投資家でも読みやすい当社オリジナルのアナリストレポート『ブリッジレポート』や、登録した企業の適時開示情報をメールで受け取ることができる会員制度など、幅広い投資家層へIR情報を届ける支援もしております。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インベストメントブリッジ >
  3. 低コストで株主総会をオンライン開催!株主総会向けライブ配信サービスを新たに受付開始。