ゴールドの9号機、岩手県とのネーミングライツ契約を継続

株式会社フジドリームエアラインズ(略称:FDA、本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:三輪 德泰)は、9号機のネーミングライツ契約を岩手県が継続することに同意し、2019年度においても「黄金の國、いわて。」号と命名されたゴールドの9号機を運航しております。

 
 これまで岩手県とのネーミングライツでは、「黄金の國、いわて。」をキャッチフレーズに様々な情報発信を行ってきましたが、4年目となる今年も機体へのマーキング継続に加え、機内ヘッドレストカバーや機内誌に『三陸防災復興プロジェクト2019』、『ラグビーワールドカップ2019 TM』、『KOUGEI EXPO IN IWATE』の広告を掲出し、岩手県内で開催される主要イベントのPRを行ってまいります。

 FDAでは今後とも岩手県と連携して、『名古屋(小牧)=花巻』線の利用促進に努めてまいります。

 



                                                 以上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フジドリームエアラインズ >
  3. ゴールドの9号機、岩手県とのネーミングライツ契約を継続