株式会社ジンジブが、三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合、ナントCVC2号投資事業有限責任組合を引受先とした第三者割当増資を実施

株式会社ジンジブが三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合、
ナントCVC2号投資事業有限責任組合を引受先とした第三者割当増資を実施。
今回の資金調達の総額は1.8億円、増資後の資本金は9,800万円。
高校生の就職を支援するジョブドラフトの運営と企業の高校新卒採用支援を行う株式会社ジンジブ(本社:東京都港区、代表取締役:佐々木 満秀)は、2020年3月に、三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合と、ナントCVC2号投資事業有限責任組合を引受先とした第三者割当増資を実施いたしましたのでお知らせいたします。今回の資金調達の総額は1.8億円、増資後の資本金は9,800万円となります。
 


<第三者割当増資の背景>

当社は、掲載数No.1の高校新卒の求人サイト「ジョブドラフト」の運営や合同企業説明会イベント等の運営を通じ、高校生への就職情報提供、高校の進路指導サポート及び、企業の高校新卒の採用支援や人材の定着支援を行っています。2020年3月末現在、延べ2,500社の企業にご活用頂いております。

高校新卒採用には、長年の規制や慣習が多く存在しています。高校生の就職活動は、ほとんどが学校による職業あっせんによるものです。都道府県ごとにルールが定められており、一人が一社ずつ応募する、7月からの短期間での応募先選定、学内選考、内定を受けた企業に入社しなければならないなどの慣習が存在します。厳格なルールの中就職していく高校生は、その全員が希望を持って社会に出ているとはいえない現状であると同時に、進路指導を行う学校側の負担も大きくなっております。

そんな中、2020年2月にて、厚生労働省・文部科学省等で構成される高等学校就職問題検討会議で提出された最終報告書では、「民間職業紹介事業者による職業紹介について明確に認めるべき」との意見が明文化されました。
長年にわたり運用されている高校新卒就職を取り巻くルール・学校側の働き方改革に一石を投じたものであり、当社のtoB(企業向け)サービス・toC(高校・高校生向け)サービスにとって、非常に追い風であると考えております。

今回の資金調達により、当社事業の更なる拡充、及び「高校新卒就職」市場のさらなる活性化を実現して参ります。

<引受先>

三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合     
https://www.mucap.co.jp/feature/fund/basic/

―出資者―

株式会社三菱UFJ銀行                 
https://www.bk.mufg.jp/index.html

三菱UFJキャピタル株式会社               
https://www.mucap.co.jp/


ナントCVC2号投資事業有限責任組合
https://www.nantobank.co.jp/hojin/keiei/venture/venture_Investment.html

―出資者―

株式会社南都銀行
https://www.nantobank.co.jp/

株式会社ベンチャーラボインベストメント
https://www.venturelaboinvestment.co.jp/


<ジョブドラフトの特徴>

就職する高校生が学歴や「高卒」という偏見に捉われることなく、自己決定の上希望を持って社会に出ること、企業が若手採用を継続するため、「未来を担う高校生と成長に向かう企業を輝かせる」をミッションに掲げサービスを展開しています。

●掲載社数No.1サイト 高校生の就職を支援する「ジョブドラフトNavi」
URL:https://job-draft.com/


これまで文字情報のみだった企業の「求人票」の情報を、高校生目線で取材・掲載します。高校生目線を重視した会社の雰囲気・先輩インタビューなど写真や動画を用いて紹介しています。7月の求人情報解禁後は求人票をダウンロードできるので、そのまま進路指導の先生に相談し、職場見学や応募をしていただけます。
 
●高校生と企業が直接交流できる合同企業説明会「ジョブドラフトFes」


高卒求人予定の企業を集めた国内最大級の就職活動イベントです。高校生は1日で多くの企業と出会えるため、求人票だけでは得ることのできない会社の雰囲気や情報が得られます。2019年は東京・大阪・福岡にて5回開催し、参加企業325社、のべ参加者数1,552名を動員しました。2020年は7月より全国13都市で開催いたします。

 
●ジョブドラフト出張授業 「就職サポートプログラム」

高校のキャリア授業に取り入れることのできるジョブドラフトの出張授業です。進路選択において必要な時期・段階に応じて、自己分析プログラム・業界理解プログラム・就職対策プログラムの3つから最適なプログラムを選べます。生徒主体のワークショップ型のため、自ら考えるきっかけをつくります。


●一人ひとりに合わせた就職相談 「個別相談」


キャリアコンサルタントが対面やオンラインで、個別に就職相談を行います。進路相談や就職先探し、面談練習、履歴書の書き方など、生徒一人ひとりに寄り添ったサポートをいたします。
対面では学校内・当社オフィス、オンラインではLINEメッセージやLINE通話で相談を受け付けています。


●入社後の定着支援 「ルーキーズクラブ」


人事の悩みである高卒人財の入社後の育成・定着をサポートする、1年間を通じた研修とメンテナンスサービスです。2020年は東京・大阪で実施いたします。
高卒1年未満の早期離職は大卒の11.4%と比較し17.4%(※)と高く、よりきめ細やかなフォローが必要です。集合研修、チームごとの研修の中でファシリテーターが付き、メンテナンスのサポートを行います。

※新規学卒就職者の離職状況(平成28年3月卒業者の状況) 厚生労働省発表


<会社概要>
◆株式会社ジンジブ (https://jinjib.co.jp/
本社所在地:東京都港区浜松町2丁目7-19 KDX浜松町ビル5階
代表取締役:佐々木 満秀
設立:2015年3月23日(グループ創業1998年9月1日)
資本金:9,800万円

2016年「革新ビジネスアワード2016」(主催:イノベーションズアイ、フジサンケイビジネスアイ[日本工業新聞社])にて「よい仕事おこし賞」、2017年「第106回かわさき起業家オーディション ビジネス・アイデアシーズ市場」(主催:公益財団法人 川崎市産業振興財団)にて「かわさき起業家優秀賞」を受賞。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジンジブ >
  3. 株式会社ジンジブが、三菱UFJキャピタル7号投資事業有限責任組合、ナントCVC2号投資事業有限責任組合を引受先とした第三者割当増資を実施