プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

羽田空港内レストランにて自動除菌ロボット「Mover UV-C」の導入が決定

-大規模スペースの店内をUV-Cロボットで自動除菌-

廣瀬無線電機株式会社

廣瀬無線電機株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:廣瀬美智俊、以下「当社」)はこの度、東京エアポートレストラン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:齊田政夫、以下「東京エアポートレストラン」)との共同実証試験を経て、羽田空港内レストランでの新たな除菌手段として、当社が開発及び販売する自動除菌ロボット「Mover UV-C」の導入が決定致しましたのでご報告致します。


  • 導入の背景

羽田空港内にてレストランを運営する東京エアポートレストランでは、お食事に来られるお客様や従業員様等へ安心安全な空間をご提供するべく、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルス等の感染症への様々な対策を行っています。

今後も新たな変異種や新ウイルスへの対応は不可欠であり、現場での人手不足に伴う店舗運営と従業員様の除菌作業の効率化との両立は大きな経営課題であります。この課題解決に向け、当社が開発及び販売する自動除菌ロボット「Mover UV-C」が正式採用されることとなりました。


ご導入を決められたポイント

①現存するあらゆる菌やウイルスに対しての除菌効果で、世界的に多くのエビデンスと導入実績を持つPHILIPS UV-Cと、自律走行型移動台車として様々な実績をもつTHK社への信頼とブランド力。

②店内のテーブルやイス等の様々な除菌箇所への実証試験に基づく有効性の証明。

③人手による除菌では時間のかかる大規模な店内スペースを、ロボットでの運用で短時間かつ効率的な除菌が可能。(人手不足における除菌作業の省人化)

④クラスター等を含む感染者が発生したエリアも、ロボットでの1次除菌で作業員への精神的負担の軽減。


  • 実証試験動画

※実証試験レポート:https://gbs.hir.co.jp/wp/wp-content/uploads/2023/04/8051e01eca6fd5554781b3d7acbacd05.pdf


無人での自動運転により人手不足への貢献はもちろん、今まで除菌作業に日々あたっていた店舗従業員様への2次感染リスクとそれに伴う精神的ストレスへの軽減につながります。


またアルコールや次亜塩素酸等を使用した薬液での一般的な除菌方法のみでは、「拭き漏れ、拭き残し」や「薬剤耐性菌」等の懸念がつきまといますが、Mover UV-Cでの自動除菌を取り入れることでより確実な除菌作業を行い、店内にお食事に来られるお客様へ確実な「安心・安全」をお届けすることが出来ます。


  • 今後の運用について

2023年11月初旬頃より羽田空港第1ターミナル内店舗での運用開始予定です。

今後は実店舗でのロボット運用開始と並行し、多種多様な空港内施設でのニーズに適合するように複数台の除菌ロボットと除菌デスクライト等、PHILIPSブランドの各種除菌機器を”UV-Cソリューション"として包括的に導入・運用することが計画されております。


  • 東京エアポートレストラン株式会社について

航空機着陸回数・乗降客数ともに日本最大の羽田空港でのレストラン事業、ホール・ラウンジ事業を展開し、世界最高水準の”食”と”おもてなし”を提供。


「訪れる人に安らぎを、去り行く人に幸せを」を実現するため、お客様に「食」を通じて満足していただけるオンリーワンのサービスを目指し、「食を通じ すべての人に感動のサービスを提供」を理念として掲げております。


世界各地の多種多様な”食”を提供する「旅の思い出となるレストラン」や、国内線・国際線ラウンジの運営、空弁専門店や空港内デリバリー業務など多岐にわたる事業を幅広く展開しております。


  • 自動除菌ロボット「Mover UV-C」紹介動画

※製品紹介URL:https://gbs.hir.co.jp/infection/mover-uvc/


  • お問い合わせ先

 廣瀬無線電機株式会社 担当:GBS事業部 森田裕亮
 電話:03-3255-5092 メールアドレス:h_gbs@hir.co.jp FAX:03-3256-3400

種類
商品サービス
ビジネスカテゴリ

このプレスリリースをシェアする

プレスリリース素材ダウンロード

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます。

プレスリリース画像一覧

廣瀬無線電機株式会社のプレスリリース

もっと見る

PR TIMESのご利用についてはこちら

資料ダウンロードする