株式会社 KADOKAWA Connected がSlack Spotlight Awards 国別部門賞を受賞

DX 推進を中心にICT コンサルティング、働き方改革支援をてがける株式会社 KADOKAWA Connected(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:各務 茂雄、以下「KADOKAWA Connected」)はSlack Technologies 社(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Stewart Butterfield、以下「Slack」)がグローバルで主催する初のカスタマーアワード「The Slack Spotlight Awards」にて、「Slack Spotlight Awards 国別部門賞」の日本部門賞を受賞いたしました。
https://slack.com/blog/transformation/the-slack-spotlight-awards


KADOKAWA Connected は、日本最大級の動画サービス「ニコニコ(niconico)」をはじめ、KADOKAWA グループにて運営するサービスのインフラ開発・運用や、ICT コンサルティング、働き方改革支援を手掛け、その実績を活かしたデジタルトランスフォーメーション (DX)アドバイザリーサービスを提供しています。
グループ標準のコミュニケーションツールとして採用したSlack を「ICT ツール徹底活用マンガ」という4コママンガでグループ内により早く浸透させた手法や、角川文庫から刊行されている『ロウソクの科学』(ファラデー著)の緊急重版では100人以上の関係者がSlack ですばやくコラボレーションを進め、吉野彰氏のノーベル化学賞受賞発表の翌日昼には増刷準備を行った事例などを評価いただき、この度日本部門の「Slack Spotlight Awards 国別部門賞」を受賞いたしました。


◆ KADOKAWA Connected 代表取締役社長 各務 茂雄 コメント
このような名誉な賞を受賞し、嬉しい気持ちでいっぱいです。
2018年10月から、KADOKAWA グループの働き方改革を進めてきた中で、私たちのチームにとって変革を推進するための壁は多数あり、苦難とチャレンジの連続でした。その中でも、Slack はコラボレーション基盤として、重要な役割を果たしてくれ、コロナによる仕事のマイナスの影響を最小限にしてくれただけではなく、新しい働き方をグループ内に浸透させてくれました。その結果、私たちは超爆速経営と従業員の生産性向上を実現する事ができました。従業員のICT リテラシーのバラツキが大きい出版事業である故に、新しいツールであるSlack を社内に浸透させるためには、ただツールを導入するだけではなく、彼らにSlack の価値の本質を理解してもらい、正しく使ってもらう必要がありました。
そのために、私たちは「ICT ツール徹底活用マンガ」という4 コママンガを100話以上作り、従業員のICT リテラシーのバラツキを埋めたことが、成功要因の一つであったと考えています。今も、コロナと対峙しながら成功と言える所まで道半ばではありますが、引き続き日本のDX を先導できるような仕組み作りをしていきたいと考えています。

◆ Slack について
Slack はチャンネルをベースとしたメッセージプラットフォームの先駆者です。私たちはこれまでビジネスコミュニケーションのあり方を大きく変えてきました。今や何百ものユーザー企業の皆さまが Slack を使ってチームの目指す方向を揃え、使うシステムを 1 カ所にまとめ、ビジネスを前に進めています。安全かつ世界最大規模の企業に対応できるエンタープライズ級の環境を提供できるのは Slack だけです。
たくさんのビジネステクノロジーが存在するなかで、Slack はまったく新しいレイヤーだと言えます。「一緒に働く」がより効率的になり、使っているすべてのソフトウェアツールやサービスを 1 カ所にまとめられ、必要な情報が簡単に見つかる場所。つまり Slack は仕事の中心なのです。
HP:https://slack.com/
公式画像素材:https://brandfolder.com/slack

◆ KADOKAWA Connected 会社概要
名称 :株式会社 KADOKAWA Connected
本社所在地 :東京都千代田区富士見二丁目13番3号
代表者 :代表取締役社長 各務 茂雄
設立 :2019年4月
資本金 :50,000,000円
企業URL :https://kdx.co.jp/
事業内容 :ICT/業務コンサルティング・システム設計/構築/運用・クラウドサービス・Bigdata サービス
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 KADOKAWA Connected >
  3. 株式会社 KADOKAWA Connected がSlack Spotlight Awards 国別部門賞を受賞