サーキュラーエコノミーカンファレンス「GREEN WORK HAKUBA vol.3」「Bye Bye Plastic Bags」の創設者メラティ・ワイゼン氏の登壇が決定!

地域におけるサーキュラーエコノミーの推進について各界のトップランナーが集結

長野県北部の北アルプス山麓に位置する雄大な山々に囲まれた地”白馬村”は、スキーやスノーボードが楽しめるウィンターシーズンのみならず、オールシーズンで北アルプスの大自然を満喫できる唯一無二の「マウンテンリゾート」です。

一般社団法人 白馬村観光局(所在地:白馬村北城7025、代表理事 下川正剛)は、株式会社新東通信(所在地:愛知県名古屋市 代表取締役社長谷喜久郎)と共同で、循環型の経済モデル「サーキュラーエコノミー」をテーマに、地域のあるべき姿を提示し実装を目指すプログラム「GREEN WORK HAKUBA vol.3」を2021年9月に開催します。


自然の恵と共に生きる白馬村では、近年大きな変化が起きています。その一つが気候変動による雪不足問題です。この危機的状況をうけ、2019年9月20日「グローバル気候マーチ」を地元高校生が企画。さらにそれを受けて白馬村が、2019年12月白馬村気候非常事態宣言を発令しました。このような経緯を経て、白馬村ではこの気候変動に立ち向かうために、サーキュラーエコノミーを取り入れた「サステナブルなマウンテンリゾート」の実現に取り組んでいます。
 
その実現のための取り組みとして、サーキュラーエコノミーの白馬村での実装を目指す「GREEN WORK HAKUBAプロジェクト」をスタート。村内事業者と村外事業者が共にサーキュラーエコノミーについて学ぶ実践的なセミナー&ワークショップを、2020年9月より2回にわたり開催してまいりました。また、本プロジェクトの一貫として、白馬村の未来のライフスタイルを描く「HAKUBA Vision Design Boot Camp」を2021年7月に実施しました。
 

GREEN WORK HAKUBA  第一弾、第二弾の様子GREEN WORK HAKUBA 第一弾、第二弾の様子

 

 

このたび、第3弾として、白馬村でのサーキュラーエコノミーの実装に向けた共創型プログラム「GREEN WORK HAKUBA vol.3」(2021/9/7-9/10) の開催が決定いたしました。
本プログラムでは、地域でサーキュラーエコノミーの実践するトップランナーが集結し、社会課題を解決し、地域に活力を生み出すアイデアをインプット。さらに、サステナブルなマウンテンリゾートを次世代に残していくための方針と未来のライフスタイルを描いた、「HAKUBA CIRCULAR VISION」を本プログラムで初めて発表。このビジョンをもとに、白馬村の未来に向けたサーキュラーエコノミーの概念を取り入れたビジネスアイディアを起案する実践的なワークショップを実施します。
 
<開催概要>
カンファレンス名:GREEN WORK HAKUBA vol.3
内容:白馬村の未来ビジョンを元に未来に向けたアクションを考えるセミナー&ワークショップ
主催:白馬村観光局
開催日:2021年9月7日(火)〜9月10日(金)※9/7(火)はオンラインでも配信
会場:白馬村ウイング21/白馬岩岳マウンテンリゾート 他
参加人数:40名(予定)
参加企業数:20社(予定)
サイト:https://www.vill.hakuba.nagano.jp/greenworkhakuba/index.html
オンライン配信視聴申し込み:https://gwh3.peatix.com

 

  • 地域におけるサーキュラーエコノミーの推進について各界のトップランナーが集結


地域におけるサーキュラーエコノミーの推進について各界のトップランナーが集結し、社会課題を解決し地域に活力を生み出すアイデアと実践について講義していただきます。

<登壇者>

■ 中石 和良 氏 ※オンライン登壇
一般社団法人サーキュラーエコノミー・ジャパン 代表理事
松下電器産業(現パナソニック)、富士通・富士電器ジョイントバンチャーにて経理財務・経営企画部業務の携わる。2010年頃より欧州のサステナビリティ思想・政策に関わる中で、株式会社ビオロジックフィロソフィ並びに日本ビオホテル協会を2013年に設立し、サステナブルライフスタイルビジネスを展開。2018年、一般社団法人サーキュラーエコノミー・ジャパン創設。日本の経済産業の「サーキュラーエコノミー」への移行を加速するプラットフォームを運営。企業のサーキュラーエコノミー/サステナビリティ事業戦略・ビジネスモデル構築の支援と同時に、自らも自社ビジネスモデルも展開している。著書に「サーキュラー・エコノミー:企業がやるべきSDGs実践の書」ポプラ社
 


■ 齊藤 智彦 氏
合作株式会社 代表取締役 / 鹿児島県大崎町 政策補佐監 
中国北京の中央美術学院で彫刻を専攻。北京、ニューヨーク、ベルリン等でアート活動ののち帰国。慶應義塾大学SFC研究所にて地域政策についての研究・実践(山梨県富士吉田市での市民財団の設立・運営等)を経て、都市や地域を舞台にしたプロジェクトを展開。
2019年鹿児島県大崎町にて、外部との連携により政策を推進する政策補佐監に就任。SDGs未来都市モデル事業、総合計画策定支援等を担当。
2020年大崎町に新たに合作株式会社を設立。2021年4月大崎町・県内企業とともに「リサイクルの町から世界の未来をつくる町へ」をテーマにした大崎町SDGs推進協議会を設立。現在協議会の業務執行責任者を務める。
 


■ 柳澤 大輔 氏
面白法人カヤック 代表取締役CEO
1998年、面白法人カヤック設立。鎌倉に本社を置き、ゲームアプリや広告制作などのコンテンツを数多く発信。SDGsの自分ごと化や関係人口創出に貢献するコミュニティ通貨サービス「まちのコイン」は全国12地域で展開(2021年7月31日時点・終了地域含む)。さまざまなWeb広告賞で審査員をつとめる他、ユニークな人事制度やワークスタイルなど新しい会社のスタイルに挑戦中。著書に「鎌倉資本主義」(プレジデント社)、「リビング・シフト 面白法人カヤックが考える未来」(KADOKAWA)、「面白法人カヤック社長日記 2015年-2020年愛蔵版」ほか。まちづくりに興味のある人が集うオンラインサロン主宰。金沢大学 非常勤講師、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特別招聘教授。「まち・ひと・しごと創生会議」有識者委員。
 


■ 田口 一成 氏
株式会社ボーダレス・ジャパン 代表取締役社長
1980年生まれ、福岡県出身。早稲田大学在学中に米国ワシントン大学へビジネス留学。卒業後、㈱ミスミ(現・ミスミグループ本社)を経て、25歳で独立し、ボーダレス・ジャパンを創業。現在、世界16カ国で41のソーシャルビジネスを展開し、従業員は1,500名、グループ年商は55億円を超える(2021年4月現在)。日経ビジネス「世界を動かす日本人50」、Forbes JAPAN「日本のインパクト・アントレプレナー35」に選出された。著書に『9割の社会問題はビジネスで解決できる』(PHP研究所)がある。
 

 

■ 佐宗 邦威 氏 ※オンライン登壇
株式会社BIOTOPE CEO / Chief Strategic Designer 
東京大学法学部卒。イリノイ工科大学デザイン学科(Master of Design Methods)修士課程修了。P&Gにて、ファブリーズ、レノアなどのヒット商品のマーケティングを手がけたのち、ジレットのブランドマネージャーを務めた。ヒューマンバリュー社を経て、ソニークリエイティブセンター全社の新規事業創出プログラム(Sony Seed Acceleration Program)の立ち上げなどに携わったのち、独立。B to C消費財のブランドデザインや、ハイテクR&Dのコンセプトデザイン、サービスデザインプロジェクトを得意としている。『直感と論理をつなぐ思考法』『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』『ひとりの妄想で未来は変わる VISION DRIVEN INNOVATION』『デザイン思考の授業』著者。多摩美術大学特任准教授。大学院大学至善館特任准教授。

 

  • <スペシャルゲスト> インドネシア・バリ島で10歳/12歳の少女が始め、島全体の使い捨てプラスチックを撤廃した運動「Bye Bye Plastic Bags」の創設者メラティ・ワイゼン氏が登壇!
 

 

Founder of Bye Bye Plastic Bags & YOUTHTOPIA
20歳のインドネシア人活動家であり、チェンジメーカー。2013年に妹と共に”Bye Bye Plastic Bags”を設立し、若者主導のムーブメントをリードし続けている。また、ムーブメント”One Island One Voice”と社会事業”Mountain Mamas”を始動。TEDや国連など世界の舞台で講演を行う他、Forbesの「国内で最も刺激的な女性トップ10」にも選出。高校を1年早く卒業し、以来TIMESの「世界で最も影響力のある10代」、CNN Heroes Young Wonders、Forbesの「30アンダー30」なども受賞。近年は新しい取り組みとして若者のエンパワーメントプロジェクト; YOUTHTOPIAに注力。有意義な短期のピアツーピアプログラムを通じて若者を育て、変革を起こすために必要な支援を行っている。
※オンライン登壇

 

  • 本プログラムの一部をオンラインでリアルタイム配信いたします
本プログラムの初日(9/7(火))のカンファレンスを、オンラインにてリアルタイム配信することが決定いたしました。
詳細および視聴チケットは以下のサイトよりご確認ください。 ※上記の登壇者の講演を配信予定
https://gwh3.peatix.com


<プログラムアドバイザー>

■ 安居 昭博 氏

Circular Initiatives&Partners代表
世界経済フォーラムGlobal Future Council 日本代表メンバー。ドイツ・キール大学「Sustainability, Society and the Environment」修士課程卒業。2021年6月「サーキュラーエコノミー実践 ーオランダに探るビジネスモデル」出版。2021年、日本各地でのサーキュラーエコノミー実践と理論の普及が高く評価され、「青年版国民栄誉賞(TOYP2021)」にて「内閣総理大臣奨励賞(グランプリ)」受賞。
サーキュラーエコノミー研究家 / サスティナブル・ビジネスアドバイザー / 映像クリエイター。アムステルダムと東京の2拠点で活動し、これまでに50を超える関係省庁・企業・自治体に向けオランダでの視察イベント、200社以上へ講演会を開催しサーキュラーエコノミーを紹介する。複数の企業へアドバイザー・外部顧問として参画。「トニーズ・チョコロンリー (Tony’s Chocolonely)」を初めとしオランダ企業の日本進出プロジェクトにも参画し、日本とヨーロッパ間でのサーキュラーエコノミー分野の橋渡し役を務める。


<プロジェクトチーム>
CIRCULAR DESIGN STUDIO / 新東通信
榎本裕次 クリエイティブ本部 ソーシャルデザインユニット長
山下史哲 クリエイティブ本部 コミュニケーションデザインユニット長
松下晃平 クリエイティブ本部 ブランドデザインラボ
竹林希 クリエイティブ本部 ブランドデザインラボ
 
CIRCULAR DESIGN STUDIO: https://cdstudio.jp/
 

<サーキュラーエコノミーとは>
資源を採掘して生産、消費、廃棄するという従来のリニア・エコノミー( 直線型経済) や、廃棄物をどう有効活用するかというリサイクリング・エコノミーとは異なり、そもそも廃棄物がでない仕組みをつくる経済モデルのこと。経済活動はもちろんのこと、地球環境や労働環境を踏まえた持続可能な社会を実現し、人々のウェルビーイング(幸せ)を達成する手段として、欧州を中心に世界中で注目を集めています。
 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人白馬村観光局 >
  3. サーキュラーエコノミーカンファレンス「GREEN WORK HAKUBA vol.3」「Bye Bye Plastic Bags」の創設者メラティ・ワイゼン氏の登壇が決定!