コロナ禍で急成長!全国拡大中のゴーストレストラン事業者が始めるキッチンカープロジェクトが始動。累計1000食達成!

テイクアウト・デリバリー特化型のゴーストレストラン「DeliStation(デリステーション)」(以下、デリステーション)を運営する合同会社Wiaas(本社:東京都武蔵野市、代表:盛永哲志)と、レストランオートメーションシステムを開発・運営する株式会社ユーボ(本社:東京都千代田区外神田、代表取締役:佐藤丈彦)が協業し、キッチンカープロジェクトの実証実験を2021年8月末頃から始動し、累計1,000食を達成しました。今後も実証実験を重ね、新たなモデルやサービスを展開していきます。

●目的・背景
本プロジェクトは、コインパーキングの遊休地にキッチンカーを常設し、ゴーストレストランの展開と対面販売を行うという新たな事業モデルの構築を目指してプロジェクトを発足いたしました。


コインパーキングは駐車場台数が増加する一方で、一人当たりの自動車保有台数が伸び悩み、空車エリアが増加しているという課題があります。


また、新型コロナウィルスの感染拡大の影響でリモートワークが増え、観光などの人の流動も減り、収益性が悪化し用途変更などの次の打ち手を模索している中、課題が山積みの状況となっております。

本プロジェクトでは、そういった課題を解決する一つの手段として、キッチンカーでのゴーストレストランの展開という新たな取り組みを始動いたしました。

キッチンカー事業者にとっても、天候や立地、イベント等に売上が大きく影響を受けるため、安定的な事業運営を行うことに対して課題があったので、双方の課題を解決する新たな手段となることが期待されます。

デリステーションとしてもキッチンカーでの新たな販路拡大を見込んで参画いたしました。

 

●取り組み内容
・プロジェクト体制
本プロジェクトは、コインパーキングとの提携とキッチンカーの管理・運営を株式会社ユーボ(以下、ユーボ)が担い、キッチンカーで販売するブランドの提供とマーケティングを合同会社Wiaas(以下、Wiaas)が担う形で、共同でプロジェクトの運営を行なっております。 
 

・キッチンカーについて

通常のキッチンカーと違いすべてオンラインでの事前注文/決済/時間指定の為、行列ができません。集客/導線もオンラインのため、のぼりや看板などが不要の為、周辺の景観を損なう事がありません。ゴーストレストランに特化したキッチン構成とオペレーションで超高効率の生産性を実現しています。

キッチンカー内部キッチンカー内部

・住所

東京都豊島区駒込6-31-3(三井のリパーク)

 

・営業時間

月~金曜日:10:30~14:00,17:00~20:30
土日:11:00~14:00,17:00~20:30

 

・提供ブランド
鶏あえずタンパク、お玄さんのねばとろ丼
(両ブランドはWiaasが提供)
 

●提供ブランド・商品

デリステーションは全国の300店舗にて、メディアでも多数取り上げられた様々なジャンルのブランドを35ブランド運営しており、幅広いジャンルの食事をお楽しみ頂けます。

本プロジェクトでは、その中でも人気な下記2ブランドを提供しております。

「鶏あえずタンパク」

「手ごろに美味しく高タンパク!ヘルシー&高タンパク」をコンセプトにした「鶏あえずタンパク」

 

メディアでも多数掲載いただき、おかげさまで7割以上のお客様からリピートを頂く店舗もあるほど、1年以上継続的にお客様から愛されているブランドになります。

 

Uber Eats URL:https://bit.ly/3GuPzxK

 

「お玄さんのねばとろ丼」

「健康第一!完全栄養食の玄米、とろろで体腸管理」をコンセプトに豊富なレパートリーを売りにしたねばとろ丼です。

 

気分に合わせて豊富なバリエーションから選んでいただくスタイルで、今年6月から新たに出店し、デリステーションの中でも最速で月商200万を達成したブランドでもあります。


Uber Eats URL:https://bit.ly/3nw5u6t 

 

●今後の展望

(Wiaas 代表 盛永コメント)
Wiaasはこれまで全国の飲食店様に向けたゴーストレストランのフランチャイズを中心に展開してきておりましたが、加えて世の中の社会課題に対して、ゴーストレストランの仕組みを通して解決していきたいと考えております。


本プロジェクトを通して、コインパーキングとキッチンカーの両者の課題を解決できる新たなモデルを模索し、取り組みを持続的な仕組みにできるようプロジェクトの収益化やエリアの拡大に向け、引き続きブランド開発やマーケティング活動を行い、プロジェクトを推進していきたいと思っております。

 

(ユーボ 代表取締役 佐藤コメント)

今回の実証実験で、飲食店のサテライトデリバリー拠点としての有効性は実証されていると思います。
現在はバーチャルフードコートアプリの開発を進めており、テイクアウトユーザーの利便性を高める仕組みを
キッチンカーに実装していく予定です。

デリバリーのメッシュ化は世界的にも進んでいるので、今後このような業態は増えていくと予想しており、
弊社のシステムが少しでもお役に立てればと思っています。 

●デリステーションとは
デリステーションは、「シェフのストーリーを届ける飲食店」というコンセプトの元、様々な分野の料理人や企業と共に商品開発・ブランド展開を進めており、

現在、和洋中、韓国、エスニック、丼もの、麺類、ヘルシー、サラダ、ジュース、スイーツなど様々なジャンルのブランドを35ブランド、300店舗で展開しております。

10年で1000ブランドを作ることを目標に掲げ、日々商品開発に励んでおります。
HP:https://deli-station.jp/

●会社概要
会社名:合同会社Wiaas
所在地:東京都武蔵野市関前5-6-21
代表者:盛永 哲志
設立:2019年6月13日
資本金:5,000,000円
事業内容:ゴーストレストラン・飲食事業、クラウドキッチン事業、システム開発事業
URL:https://wiaas.jp/

会社名:株式会社ユーボ
所在地:東京都千代田区外神田5-1-13 滝口第2ビル2F
代表者:佐藤 丈彦
設立:2018年4月
資本金:2,900万円
事業内容:オンラインオーダー・決済システムの開発、オートメーションサービシングシステムの開発、オートメーションレストランの運営
URL:https://www.u-bo.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 合同会社wiaas >
  3. コロナ禍で急成長!全国拡大中のゴーストレストラン事業者が始めるキッチンカープロジェクトが始動。累計1000食達成!