株式会社山屋、日本草木研究所と提携開始

〜日本草木研究所が実施する山での業務全般を支援〜

 山に登る業務全般を請け負う株式会社山屋(代表取締役:秋本真宏、以下「山屋」)は、日本草木研究所(会社名:合同会社山伏、発起人:古谷知華・木本梨絵)と提携を開始いたしました。今回の提携により、山屋は日本草木研究所が必要とする山での業務、植物を活用した製品開発の補助を行っていきます。


【提携の背景】
山屋では、創業時より全国の山に登り、調査・作業・荷物の運搬など山に関する業務全般を行ってきました。今回、日本草木研究所の「全国の里山に眠る植生の可能性の発掘」という業務に対する想いが一致し、提携を決定しました。現在、日本草木研究所が必要とする山での業務や植物を活用した製品の食材確保の補助を実施しております。今後は全国の山の魅力を日本草木研究所の製品を通して発信していければと考えております。

【日本草木研究所の「FOREST GIN」ご紹介】
日本草木研究所では木材を活用した製品を販売しています。日本の未利用木材を有効活用した「FOREST GIN」は、日本初となる原材料の100%(※)が国産野生香木のクラフトジンです。
スギ・ヒノキ・ナラ・ネズミサシ・ハイビャクシン・コウヤマキ・カラキ(琉球シナモン)を使用しており、それぞれ山梨県、和歌山県、埼玉県、沖縄県で収穫しました。材料の一部は日本草木研究所自らで収穫しています。
※ベーススピリッツ部分を除くボタニカル成分の100%


【日本草木研究所(合同会社山伏)とは】
日本草木研究所は、日本の木々や名も知れない野草たちが当たり前に食卓や生活の中に関わる日常の実現のため、全国の里山に眠る植生の可能性の発掘を行っています。現在は軽井沢・岐阜・高知をはじめ各地に研究拠点を持ち、日本の原始的な食用植物資源の価値化の実現、それに伴う地方産業の活性化や持続可能な食材供給、新たな国際競争力の確保を目指しています。全国の里山に入っては、蒐集・記録・発表を繰り返し、おいしい価値化を試行する研究機関です。
公式HP:https://nihonkusakilab.com/

【山屋へのご相談窓口】
「お問い合わせ窓口」よりご連絡ください。以下の2点をご記載いただきますと幸いです。
・ご相談内容
・お仕事をしてほしい場所’や山の場所
お問い合わせ窓口:https://yamaya-corporation.com/contact/
(ご依頼内容やスケジュールの都合により、お受けすることが難しいお仕事もございます。あらかじめご了承くださいませ。)

【山屋について】
設立:2021年1月8日
代表取締役:秋本真宏(https://twitter.com/nature1118_life
公式HP:https://yamaya-corporation.com/
山屋公式Twitter:https://twitter.com/nature_1118
仕事内容:山に登る必要のある業務全般
メール:info@yamaya-corporation.com

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社山屋 >
  3. 株式会社山屋、日本草木研究所と提携開始