ヤマハモーターMIRAIと障がい者雇用促進で協業開始

PC再生業務を特例子会社の新規事業モデルに

パソコンの再生処置および販売サイト「PC next」を運営する株式会社ポンデテック(所在地:東京都港区、代表取締役:岩田 貴文、以下「当社」)は、ヤマハ発動機株式会社の特例子会社であるヤマハモーターMIRAI株式会社と、使用済みパソコンの再生業務に関する協業を開始いたしました。

 
  • 背景
当社は、⼤⼿企業と連携し、機器⼊れ替えとなった⾼性能なパソコンを回収し再生処置を施し、再生パソコンとして販売する事業を行っています。これまで処分されていたパソコンに再生処置を施してスペックアップ等を図ることにより、教育現場における端末の不足の解消や、小規模事業者や一般家庭等のDX(デジタルトランスフォーメーション)の促進のために活用しようという取組です。

当社では、障がい者雇用の促進のため、パソコンの再生に当たっては、株式会社かんでんエルハート(関西電力グループの重度障がい者多数雇用企業)と連携しているところです。
 
  • 協業の概要
ヤマハ発動機と、その特例子会社であるヤマハモーターMIRAIにこの取組に賛同いただき、この度、当社が技術面を支援しながら、ヤマハ発動機で使用されたパソコンをヤマハモーターMIRAIに再生していただく協業を開始いたしました。

パソコン再生に当たっては、一定以上のスペックの使用済みパソコンと、機種ごとに特徴の異なる様々な種類のパソコンを再生する技術が必要です。他方、企業が業務で使う端末は比較的ハイスペックなモデルが多く、かつ同一機種を大量に仕入れられることから、企業との連携では、安定的な業務量の確保と再生処理工程の簡素化・省力化が見込めます。

再生されたパソコンについては、当社が提携するプログラミング教室での活用などにより、ICT教育環境整備やDXの環境整備に役立てていくほか、当社の販売サイト「PC next」でも販売していく方針です。

当社では、ヤマハモーターMIRAIとの取組を軌道に乗せ、さらにこのスキームを様々な企業に展開していくことで、障がい者雇用の促進、循環型社会の形成及びICT教育・DXの環境整備を進めたいと考えております。

 

  • 再生パソコンとは
新品パソコンと中古パソコンの”いいとこ取り”をしたパソコンです。大手企業などで機器入れ替えで不要となった高性能中古パソコンを回収し、メモリ増設やSSDへの換装、OSの再インストール等を施すことで新品と遜色ないスペックに仕上げるとともに、一台一台丁寧に清掃を行うことで、誰の手に渡っても満足していただけるよう努めています。

再生したパソコンをできるだけ多くの方の手に届きやすくするため、中古パソコンと同様に、価格を3万円程度に設定しています。処分されるパソコンをなるべく減らすことで、環境負荷を少しでも減らすことに貢献します。
 
  • PC nextとは

大手企業などで機器入れ替えで不要となった高性能パソコンを回収し、再生処置(=リファービッシュを施し、再生パソコンとして販売するオンラインサイトです。

WEBサイト▶https://pcnext.shop/
 
  • 協業先会社概要 ヤマハモーターMIRAI株式会社
会社名   :ヤマハモーターMIRAI株式会社
代表者   :高橋 愛
本社所在地 :静岡県磐田市新貝2500
HP    :https://www.yamaha-motor-mirai.co.jp/
 
  • 会社概要
会社名   :株式会社ポンデテック
代表取締役 :岩田 貴文
所在地   :東京都港区南青山1-1-1新青山ビル西館7階
HP    :https://www.pontdes.tech/
 
  • ご取材に関して
再生パソコン事業の取り組み、代表取締役、副社長インタビューなどご要望頂きましたら承ります。気兼ねなくご連絡ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ポンデテック >
  3. ヤマハモーターMIRAIと障がい者雇用促進で協業開始