JSFPより第3号サーチャーが誕生しました!

株式会社Japan Search Fund Accelerator(代表取締役社長:嶋津紀子)と野村リサーチ・アンド・アドバイザリー株式会社(代表取締役社長:茂木豊)が2021年12月に設立したジャパン・サーチファンド・プラットフォーム投資事業有限責任組合(以下「JSFP」)※は、事業承継を目指す企業の経営者候補(以下「サーチャー」)として、前川鉄也氏と関連契約を締結しました。
 

前川氏は、2004年からBtoB向けECプラットフォームにて、タイ、中国、北米の現地法人や日本本社で事業責任者を歴任し、2019年から親族が創業した老舗企業の再建を図り3年目に黒字化を達成するなど、豊富な事業経験を有しています。2021年には、早稲田大学ビジネススクールにてサーチファンド研究会を立ち上げ、約200名の仲間を率いてサーチファンドの事例研究等を進めてきました。

前川氏は、「ご縁のあったオーナー様の想いや、企業の歴史、文化、強みをよく理解した上で、自身の経験を活かしながら、事業の成長と次世代リーダーの育成に取り組んでいきたい。」と述べています。

 


JSFPは2022年1月のファースト・クロージングに続き、2022年8月にセカンド・クロージングを完了しました。今後もサーチャーの採用や投資対象となる中小企業の選定・投資行を進めていきます。JSFPは、投資先企業の企業価値向上後に株式売却や事業会社へ持分を譲渡するなど、社会課題を解決しながら投資家にプライベート市場における収益機会を提供し、持続可能な事業承継プラットフォームとなることを目指します。


以上



【ジャパン・サーチファンド・プラットフォーム投資事業有限責任組合について】
2021年12月に株式会社Japan Search Fund Acceleratorと野村リサーチ・アンド・アドバイザリー株式会社により設立され、サーチファンドの仕組みを活かし、高齢化等により事業承継に課題を抱える国内の中小企業について、サーチャーが経営者となる第三者承継の実現を目指します。

【サーチファンドについて】
サーチファンドとは、人を軸とした事業承継に特化したバイアウトファンドの一形態であるとともに、事業承継をベースとした新しいアントレプレナーシップの形(Entrepreneurship Through Acquisition)です。企業経営を目指す意欲のある経営者候補「サーチャー」と、事業承継に課題を抱え、適切な承継先を探す中小企業を繋ぐビジネスモデルであり、米国で発祥し、近年日本においても新たな事業承継の手段の一つとして注目されています。



【株式会社Japan Search Fund Acceleratorについて】2018年5月に日本初のサーチファンドアクセラレーターとして設立され、サーチファンドへの投資、サーチャーおよびサーチファンドの支援、サーチファンドの周知、コンサルティング業務などの事業を展開しています。
http://japan-sfa.com/  

【野村リサーチ・アンド・アドバイザリー株式会社について】野村リサーチ・アンド・アドバイザリー株式会社は、日本の未来を見据え、投資事業組合の組成・運用を通じて、円滑な事業継承や事業の拡大をめざす未公開企業への投資や企業価値向上の支援を行っています。
https://www.nomuraholdings.com/jp/company/group/nr-a/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. JaSFA(ジャスファ) >
  3. JSFPより第3号サーチャーが誕生しました!