ZERO株式会社は、MOTTAINAI BATON株式会社と業務提携を発表

フードロスを活用したレトルト加工品を無人販売機fuuboで展開

食品ロス削減の無人販売機「fuubo(フーボ)」を展開するZERO株式会社(本社:東京都台東区、代表取締役:沖杉 大地、四辻 弘樹、以下、Z E R O)は、フードロスを活用したレトルト加工品の商品企画や販売を行うMOTTAINAI BATON株式会社(本社:東京都国分寺市、代表取締役:目取眞 興明、以下、MOTTAINAI BATON)と業務提携します。
■提携背景と目的
規格外野菜や豆腐を作る際に発生するおからなどの農畜産品のロスは、賞味期限が短いためそのままでは2次流通によるロス削減を推進しにくく、廃棄処分するにも多額のコストがかかる現状があります。
ZEROとMOTTAINAI BATONは業務提携により、生産過程・製造工程で発生したもったいない食材をレトルト製品に加工し、ZEROが展開する無人販売機「fuubo」で消費者に販売することで、食品ロス削減を推進します。
また、本業務提携は生産者のロス削減に留まらず、販路開拓支援やマーケティング支援を強化することが可能となります。小ロット(200個)から作ったレトルト加工品をfuuboでテスト販売することで、”ロスの出ない”商品開発、販売・マーケティング戦略を支援致します。
ZEROとMOTTAINAI BATONは、本来の価値が発揮されずに廃棄されてしまう “もったいない”を両社で解決し、SDGsの実践に取り組みます。


■MOTTAINAI BATONの概要
もったいない食材のカレー化でフードロスを解消するをミッションに、フードロス食材を活用したレトルトカレー(BATON CURRY)の企画販売、レトルト食品のOEM化、厳選したレトルトカレー専門店を運営しております。
2021年10月にMOTTAINAI BATON株式会社を設立し、世界のフードロス問題の解決に挑みます。

 
■fuuboの概要
fuubo(フーボ)はまだ美味しく食べることができるにも関わらず、納品期限切れや季節限定パッケージなどにより場合によっては廃棄されてしまう可能性のある食品を、定価の3割~9割引で提供している冷蔵機能付き無人販売機です。
2021年6月に開始し、2022年6月末時点で、駅や商業施設、自治体(県庁)やオフィスなど全国34か所に設置されています。

 
■会社概要
商号             : ZERO株式会社
代表者            : 代表取締役 沖杉 大地、四辻 弘樹
所在地            : 東京都台東区東上野2-20-6会計センタービル5F
設立             : 2022年3月
URL             : https://www.nofoodloss.com/

商号             : MOTTAINAI BATON株式会社
代表者            : 代表取締役 目取眞 興明
所在地            : 東京都国分寺市本町3-12-18-201
設立             : 2021年10月
URL             : https://medorumafoods.com/


プレスリリースPDF

https://prtimes.jp/a/?f=d100036-20220704-4dba32270ef59737d8962a51b7689281.pdf

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ZERO株式会社 >
  3. ZERO株式会社は、MOTTAINAI BATON株式会社と業務提携を発表