「一般社団法人三重広域DXプラットフォーム」設立のお知らせ

~デジタル技術を活用し様々な地域の活性化を推進~

株式会社三十三銀行、ヴィソン多気株式会社、大日本印刷株式会社、MRT株式会社、株式会社オリエンタルコンサルタンツ(企業名順不同)の5社が一般社団法人三重広域DXプラットフォーム(三重県多気町)を設立。

 

この度、株式会社三十三銀行、ヴィソン多気株式会社、大日本印刷株式会社、MRT株式会社、株式会社オリエンタルコンサルタンツ(企業名順不同)は、一般社団法人三重広域DXプラットフォーム(三重県多気町)を設立し、代表理事に三重テレビ放送株式会社山口貢代表取締役社長が就任したことをお知らせ致します。
政府が推進するデジタル田園都市国家構想事業を核とし、三重県多気町・大台町・明和町・度会町・大紀町・紀北町の広域地域を中心に、様々なデジタル技術を活用した地域の活性化を目指して活動を開始致します。


【設立背景】

2019年より、三重県多気町・大台町・明和町・度会町・大紀町・紀北町はスーパーシティ構想推進を目指し、三重広域連携スーパーシティ構想推進協議会を設立し、官民連携でのデジタル技術、先端技術を活用した地域の活性化の検討を進めてきました。

2022年7月には、同地域においてデジタル田園都市国家構想TYPE2の交付金事業が採択され、今後本格的に事業を推進していくこととなります。
様々なデジタル技術を活用したプラットフォームの構築や、サービス事業を推進していくための運営主体とし、この度、一般社団法人三重広域DXプラットフォームを設立する運びとなりました。

【設立概要】
名称: 一般社団法人三重広域DXプラットフォーム
英文名称: Mie DX Platform Association
設立日: 2022年8月
代表理事:山口貢(三重テレビ放送株式会社 代表取締役社長)
所在地:三重県多気町

【事業概要(将来構想)】
(1)都市OSとなる広域連携データ連携基盤の整備及び運営事業
(2)PHR/EHR活用に繋がる地域包括ケアシステム構築を目指した地域の健康増進事業
(3)行政業務のデジタル化推進と、行政業務の包括的な業務受託事業
(4)地域のインフラ情報のデジタル化及びインフラ維持管理の包括受託事業
(5)先端技術を活用した防災インフラ整備事業
(6)デジタル地域通貨の発行及び運営事業
(7)デジタル技術を活用した観光振興事業
(8)地域情報インフラの整備、住みやすさの提供を通じた若年世代の定住化促進事業

【今後の展望】
今年度、都市OS(広域連携データ連携基盤)の構築事業を中心に、まちのデジタルサービスを活性化するためのポータルサイト構築やアプリ開発などの基盤構築を進めます。
次年度以降、これらの様々なデジタルプラットフォームを活用し、地域が便利に、地域のにぎわいを創出し、新たな仕事を生み出していけるよう活動して参ります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ヴィソン多気株式会社 >
  3. 「一般社団法人三重広域DXプラットフォーム」設立のお知らせ