KitchHike(キッチハイク)がMistletoe・メルカリ等から2億円の資金調達。みんなで食べる「みん食」の普及を目指す。

累計マッチング数1万食を突破!エンジニア、事業開発の採用強化へ。

株式会社キッチハイク(本社:東京都台東区 共同代表:山本雅也 / 藤崎祥見)が提供する、みんなでごはんを食べる地域コミュニティサイト KitchHikeの事業拡大を目的として、Mistletoe、メルカリ、 東京神奈川イノベーション応援1号投資事業有限責任組合、ベンチャーユナイテッド・ファンド2号投資事業組合から、総額2億円の資金調達を実施したことを発表いたします。

【KitchHike(キッチハイク)とは】

2013年5月、「料理をつくる人と食べる人のマッチングサイト」としてリリース。2016年4月に、事業内容を日常向けにシフトしたことをきっかけに急成長。2017年10月、「みんなでごはんを食べる地域コミュニティサイト」として、ユーザーのマッチング数が累計1万食を達成しました。

 

【今後の事業拡大】

①「みん食(民食)」の普及をめざす
KitchHikeでは、「みんなでごはんを食べる」「つくり手の顔が見える手料理を食べる」ことを「みん食(民食)」と定義し、外食・中食・内食に続く、新しい食の選択肢として提案しています。
現在、30代を中心に「みん食」需要が高まりを見せ、サービス利用者数は3年前に比べ、20倍以上に増加しました。サービスの変遷と最新のユーザー調査結果をまとめた「みん食白書」を公開しています。(2017年10月30日付)

*「みん食白書」を見る
https://kitchhike.com/minshoku_reports
 

「みん食白書」より「みん食白書」より

② 人材採用、事業連携を強化する
今回調達した資金を元に、エンジニア、事業開発、カスタマーサポートなどの積極的な人材採用を行います。iOS・Androidのアプリ機能充実、地域のごはん会「みんなの食卓」の規模拡大、グロース・マーケティング施策推進に向け、運営体制を強化します。
さらに、引受先であるMistletoeのFood & Farming 部門と連携を予定。またメルカリが運営する「メルカリ」や地域コミュニティアプリ「メルカリ アッテ」とも連携を検討し、ユーザー体験のクオリティ向上及びマッチング数増加につなげます。

【引受先 / 新規株主】
・Mistletoe株式会社(東京都港区 / 代表取締役 孫 泰蔵)
・株式会社メルカリ(東京都港区 / 代表取締役 山田 進太郎)
・東京神奈川イノベーション応援1号投資事業有限責任組合(東京都中央区 / 代表取締役 川分 陽二)
・ベンチャーユナイテッド・ファンド2号投資事業組合(東京都渋谷区 / 代表取締役 金子 陽三)

【共同代表 山本・藤崎のコメント】
“食”でつながる世界を描き、KitchHikeをリリースしてから4年半が経ちました。当時と比べ、おいしい料理を食べるだけではなく、“おいしく”食べること、“食”でつながることが、よりいっそう求められる時代になったと思います。料理をつくる人と食べる人がみんなで食卓を囲むことは、とても幸せです。「“食”でつながる暮らし」の実現を目指して、今後も事業に取り組んでいきます。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社キッチハイク 広報担当 info@kitchhike.com

【株式会社キッチハイクについて】
「“食”でつながる暮らしをつくる」をミッションに掲げ、2012年12月に創業したスタートアップ。2013年5月にKitchHike(β版)をローンチ後、2016年9月にシードラウンドの資金調達を実施。2017年には、レンタルキッチンサイト「みんなのキッチン」、モバイルアプリをリリースし、累計1万人が食卓を囲むサービスに成長。同年、書籍「キッチハイク!」(著:山本雅也 / 集英社)を出版。現在は、iOS・Androidのアプリ機能充実、地域のごはん会「みんなの食卓」の規模拡大などに向けて、積極的に人材採用中。

 

「キッチハイク」公式サイトより「キッチハイク」公式サイトより

【会社概要】

共同代表: 山本雅也 / 藤崎祥見
サービス開始: 2013年5月20日
所在地: 東京都台東区東上野4-13-9 ROUTE89 BLDG.4F
サイトURL: https://kitchhike.com/
コーポレートページ: https://kitchhike.jp/
募集中の人材: https://www.wantedly.com/companies/kitchhike/projects

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社キッチハイク >
  3. KitchHike(キッチハイク)がMistletoe・メルカリ等から2億円の資金調達。みんなで食べる「みん食」の普及を目指す。