新茶シーズンに先駆けて!初摘み新茶を販売します。

温室で栽培したお茶の新芽で一足早く新緑の息吹”新茶”をお楽しみください。

 

 

 

新茶初摘み行事風景新茶初摘み行事風景

株式会社福寿園(取締役社長:福井正興、本社:京都府木津川市)では、本格的な宇治茶の新茶シーズンの到来を前に、3月16日(金)の早朝より一足早い茶摘みを行いました。
ビニールハウス内を冬のうちから加温することで、お茶の生育を促し、弊社研究員による細やかな栽培管理のもと新芽を育ててきました。
一般の露地栽培での宇治茶の茶摘みは八十八夜頃(5月2日)からとなりますので、それと比べるとこの初摘みは約1ヶ月半ほど早い茶摘みとなります。
この日収穫した新茶を早速、製茶し「春一番新茶」として数量限定で販売いたします。
 春の柔らかな日差しで育まれた新緑の香りと、渋味が少なく
旨味のある味わいを是非お楽しみください。
縁起の良い「初物」「旬のもの」としてもおすすめです。

 

 

春一番新茶イメージ春一番新茶イメージ

1.  商品名 春一番新茶
2.  内容量 15g
3.  価格  (本体価格)2000円
      (税込価格 2160円)
4.  販売場所
   福寿園オンラインショップ
  ( http://shop.fukujuen.com )
  及び全国の福寿園店舗他

5. 発売日 2018年3月17日(土)から
      京阪神の店舗を中心に順次販売
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社福寿園 >
  3. 新茶シーズンに先駆けて!初摘み新茶を販売します。