みんなの自動翻訳@KIが従量課金で使えるMTポータル「Langzy」

~汎用・特許・金融 分野に特化した3つの翻訳サービスが利用可能~

株式会社川村インターナショナル(本社:東京都新宿区、代表取締役:川村みどり、以下川村インターナショナル)は、2020年4月6日より、機械翻訳活用ポータル「Langzy」(開発元:memoQ社)上で、「翻訳バンク®」を活用した国産ニューラル自動翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@KI(商用版)」を従量課金ベースで利用できるようになりました。
【URL】https://www.k-intl.co.jp/Langzy_kawamuraMT

 

【Langzyとは】

LangzyLangzy

「Langzy」は、memoQ社 (ハンガリー) が開発したオンライン機械翻訳サービスポータルです。Langzyにアクセスすることでメール、記事、レビュー、その他のコンテンツを簡単に翻訳できます。翻訳したいものによって最適な翻訳サービスを選択することが可能です。

Langzyポータル画面Langzyポータル画面

高速かつ機密性の高い翻訳

  • 100言語以上の翻訳が数秒でできあがります。Langzyは機密性とセキュリティを確保するためにプライベートAPIを使用します。
レイアウトされたドキュメントもサポート
  • Wordファイルなどのドキュメント全体を翻訳し、原文ファイルのレイアウトを保持した訳文ファイルを生成できます。個々の段落をコピー・ペーストして訳文ファイルを作成する必要はありません。
Zapierで自動化
  • 着信メールまたはカスタマーサポート宛メッセージを自動的に翻訳したい場合、Zapierを使用して、Langzyをお気に入りのWebアプリケーションと直接接続できます。
サブスクリプションプラン(いつでもアップグレード可、毎月の請求サイクルの終わりにはダウングレードも)
  • スターター €4.99/月(クリップボード、Office文書、翻訳結果を24時間保存)
  • スタンダード €9.99/月(クリップボード、30以上のファイル形式、翻訳結果を30日間保存)
  • プロフェッショナル €19.99/月(クリップボード、30以上のファイル形式、翻訳結果を30日間保存、Zapierインテグレーション)

+翻訳クレジット(翻訳サービスの単価に沿い翻訳ボリュームで料金請求。チャージして残高を補充可)

  • 500 クレジット €5.00
  • 2,000 クレジット €20.00
  • 5,000 クレジット €50.00


 

みんなの自動翻訳@KI(商用版)みんなの自動翻訳@KI(商用版)

【Langzy】で利用できるみんなの自動翻訳@KI(商用版)3つのエンジン

  • 分野を問わず活用できる「汎用NTエンジン」(利用可能言語:日⇔英、日⇔中(簡体字/繁体字))
  • 特許翻訳専用に構築され、業界特有の用語や言い回しにも対応の「特許NTエンジン」(利用可能言語:日⇔英、日⇔中(簡体字/繁体字))
  • 金融業界に特化した「金融NTエンジン」(利用可能言語:日→英)

みんなの自動翻訳@KI(商用版)概要みんなの自動翻訳@KI(商用版)概要

 

 

■使い方・導入方法
  • Langzyからご利用いただく場合はLangzyサインアップ(https://app.langzy.io/auth/registration?via=kwm)にお申込みいただきトライアル後、3つのサブスクリプションプラン+翻訳サービスの単価に沿った翻訳ボリューム料金のご請求となります。

みんなの自動翻訳@KI(商用版)サービス提供の枠組み
■背景
国立研究開発法人情報通信研究機構 (NICT) の自動翻訳エンジン「みんなの自動翻訳@TexTra®」は、特許・マニュアルなどの長文翻訳を得意とし、特許庁などと研究の連携も行ってきた高精度の自動翻訳エンジンです。「翻訳バンク」を活用した改善が定期的に行われているため、最新バージョンを公開して民間の企業でご活用いただけるようにしました。

みんなの自動翻訳@TexTra®みんなの自動翻訳@TexTra®


■翻訳バンクとは

「翻訳バンク」は、2017年9月に総務省およびNICTが開始した、オール・ジャパン体制で翻訳データを集積する枠組みです。自動翻訳技術の性能向上には、翻訳アルゴリズムの改良のみならず、翻訳データの質と量の確保が重要です。翻訳バンクでは翻訳データを集積して自動翻訳技術に活用することで、自動翻訳技術で対応できる分野を広げるとともに、さらなる高精度化を実現します。

翻訳バンク®翻訳バンク®



プロフィール
株式会社川村インターナショナル

株式会社川村インターナショナル株式会社川村インターナショナル

ホームページ: https://www.k-intl.co.jp/
川村インターナショナル本社所在地: 東京都新宿区神楽坂6-42 神楽坂喜多川ビル6階
設立年月日: 1986年1月
代表取締役: 川村 みどり (かわむら みどり)
事業内容: 翻訳・機械翻訳・ポストエディットなどの翻訳ソリューション、通訳、制作、人材派遣・紹介
資本金:50,000,000円


【memoQ Translation Technologies社について】

memoQmemoQ

ホームページ:https://www.memoq.com/
ハンガリーに拠点を置く翻訳支援(CAT)ツール開発会社です。memoQ と呼ばれるCATツールは、2006年に初版がリリースされ、その後数多くのアップデートを重ね、2020年3月の時点ではバージョン9.3が最新版となっています。


【国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)について】

国立研究開発法人情報通信研究機構国立研究開発法人情報通信研究機構

ホームページ:https://www.nict.go.jp
所在地:東京都小金井市貫井北町4-2-1
組織概要:ICT(情報通信技術)を専門とするわが国唯一の公的研究機関として研究開発を推進するとともに、産学官連携や事業振興等を総合的に行い、豊かで安心・安全な社会の実現に取り組む国立研究開発法人。

■本リリースに関するお問合せはこちら
株式会社川村インターナショナル
広報担当:森口 (もりぐち)
TEL:03-3267-0270(代表)   Email:sales@k-intl.co.jp
URL:https://www.k-intl.co.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社川村インターナショナル >
  3. みんなの自動翻訳@KIが従量課金で使えるMTポータル「Langzy」